« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月30日 (木)

ヤノネグサ

Yanonegusa1          (ヤノネグサ 2010.9.29)
昨日紹介したアキノウナギツカミに良く似たタデの仲間です。昨日、水辺にアキノウナギツカミの直ぐ近くに咲いていました。
ヤノネグサ(矢の根草)は葉の形が矢の根(矢じり)に似ていることから付けられた名前です。
Yanonegusa2
花のアップです。花のつき方も良く見るとアキノウナギツカミと少し違います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年9月29日 (水)

アキノウナギツカミ

Akinounagi101         (アキノウナギツカミ 2010.9.29)
タデの仲間が色々咲いています。みんな似たような小さな花で、金平糖のような蕾を付けます。
今日もママコノシリヌグイ、アキノウナギツカミ、ヤノネグサと良く似た3種が咲いていました。それぞれ葉の形が違うので区別がつきます。

アキノウナギツカミはママコノシリヌグイと同じように茎に下向きの刺があり水辺の生えています。葉は茎を抱くように基部がやじり形にはり出します。
Akinounagi102
         アキノウナギツカミの花のアップ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年9月27日 (月)

オオバコ(大葉子)

Obako1009          (オオバコ 2010.9.21)
オオバコは何処の道ばたにも生えていますので,一番身近な草でしょう。
私にとっては子供の頃ウサギの餌にした思い出の草でもあります。
葉が大きいので大葉子と名付けられていますが、「蛙っ葉」などと呼ばれることも多いようです。
花期は長く4月から9月まで咲いていますが見てもらえない花の一つです。
果実が靴などに付き運ばれるので,高い山などにまで広がっています。

happy01
明日はお休みします

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年9月26日 (日)

ヒガンバナ

Higanbana101           (ヒガンバナ 2010.9.26)
今年は全国的にヒガンバナの開花が一週間ほど遅れているそうですが、こちらも遅れており、ようやく咲き出しました。
なんとかお彼岸中に見る事ができました。
何時も見ているこの場所はまだ蕾のものが多く、咲いているのは2割くらいでした。
ようやく秋の空,秋の気温になってきました。
Higanbana102

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年9月25日 (土)

アケボノソウ(曙草)

Akebonoso101            (アケボノソウ 2010.9.21)
9月7日に見かけた蕾を沢山付けたアケボノソウを先日見てきました。
丁度咲き始めたところでした。雄しべがきれいな新鮮な花を見る事が出来ました。
株を数えてみたら80本ほどありました。みんな咲いたら見事でしょう。
Akebonoso102
アケボノ(曙)の付く花にはアケボノスミレ、アケボノシュスランがあります。どちらもも花の色が空が開ける時の色から付けられた名前ですが、アケボノソウは白い花びらの先端の黒紫色の斑点を夜明けの空に見立てたといいます。
イメージできますか。
写真をクリックして大きくして見て下さい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2010年9月24日 (金)

アメリカタカサブロウ

田んぼにも似たような在来種と外来種があります。アゼナとアメリカアゼナ、タネツケバとミチタネツケバナ、ヒメミソハギとホソバヒメミソハギなど(前に書いたものが在来種です)。
Amerikatakasabu
         (アメリカタカサブロウ 2010.9.16)

田んぼの縁に生えていたものです。タカサブロウは在来種ですがアメリカタカサブロウは外来種です。どちらもキク科です。良く似ていてぱっと見ではわかりにくいです。慣れてくると葉の形や花で何となくわかりますが、最終的には実をルーペ、小型顕微鏡などで確認しています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2010年9月23日 (木)

クワクサ

今朝は急に涼しくなり,朝から冷たい雨が降っています。昨日までの暑さが嘘のようです。暑さもようやく終わりのようです。
暑い時期は畑や道ばたに雑草と呼ばれている草達が元気です。
Kuwakusa
           (クワクサ 2010.9.21)
畑や道ばたで良く見られる草ですが、誰にも振り向いてもらえない雑草と呼ばれているものの一つです。
クワクサは葉が桑に似ているので付いた名前ですが、クワと同じクワ科クワ属の草です。クワ科は木が多いですがカナムグラ、カラハナソウなどはクワ科の草です。
Kuwakusa2
良く見るとこんな花です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年9月22日 (水)

コナギ・イボクサ

例年ですとヒガンバナが見頃になっている時期ですので、昨日、いつもの田んぼを覗いて見ました。
あちこちで稲刈りをしていました。稲刈りは例年よりは少し早いようですが,ヒガンバナの方は咲き始めで4、5日遅れているようです。
稲刈りの終わっただんぼの縁に大好きなイボクサが咲いていました。隣の休耕田ではコナギが広がっていました。
Konagi1009
          (コナギ 2010.9.21)
水田にも良く生えていますが,休耕田に広がっている事が多いです。花が開いても直ぐ閉じてしまうようで、きれいに開いたのものはなかなか見られません。
また葉の陰に隠れるように咲いていますので覗いて見ないと見られません。
イネと一緒に入ってきた古い時代の帰化l植物です。
Ibokusa1009
          (イボクサ 2010.9.21)
ツユクサの仲間で8〜10月に淡い紅色のかわいい花を咲かせます。
可愛いきれいな花ですが一日でしぼんでしまいます。
この葉の汁をイボ(疣)につけると取れるということから名前がついたそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年9月21日 (火)

ボントクタデ

Bontokutade1           (ボントクタデ 2010.9.21)
タデの仲間が次々と咲き出してきました。タデの中では花が小さく花もまばらに付きます。
湿った場所に花序の先が写真のように垂れ下がって咲いていればボントクタデかヤナギタデのどちらかです。
二つの見分け方は葉を噛んでみると、辛ければヤナギタデ、辛くなければボントクタデです。
ボントクとは、愚か者のことで辛みのないこの蓼を間が抜けていることにたとえたそうです。
Bontokutade2

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年9月20日 (月)

フシグロ

Husiguro            (フシグロ 2010.9.18)
地味なマンテマといった感じがしませんか?
マンテマと同じナデシコ科マンテマ属です。
野生化しているヨーロッパ原産のマンテマの花は良く目立ちますが、フシグロは地味な花ですので咲いていても見すごされてしまいます。
どうも日本の在来種はおしとやかなものが多いようです。
珍しいものではありませんが,何処でも見られるものでもありません。登山口に咲いていました。
茎の節が暗紫色を帯びる事からフシグロ(節黒)の名前がついています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2010年9月19日 (日)

タチアザミ(立薊)

Tatiazami2          (タチアザミ 2010.9.18 裏磐梯)
昨日の観察会で見られたアザミです。タチアザミは湿地に生えるアザミで背丈が1m以上になりまっすぐに伸びています。
花は枝先に直立して上向きに咲きます。葉は長楕円形であまり切れ込みがありません。
総苞片は反り返らず直立ら斜上しています。
やや逆光だったので少しプラス補正(明るく)撮りました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

ケサランパサランかと思ったら?

昨日は出かけた為,お休みしました。
地元サークルの観察会で裏磐梯に行ってきました。
Kemusi
          (毛虫???? 2010.9.18)
林の中で白いふわっとした小さなものを見つけました。もしかしたらケサランパサラン?と思いながらケースにいれ持ち帰りました。
家に帰り開けてみると、白かったものが黄色いになっており、よくよく見ると毛虫?のように見えます。
残念ながらケサランパサランでは無かったようです。

ケサランパサラン;
白い毛玉のような物体で、空中をフラフラと飛んでおり、一つ一つが小さな妖力を持つ妖怪とも言われ、謎の生物として伝えられているものです。正体は明らかではなく、「動物の毛玉」「植物の花の冠毛」などいくつかの説があります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年9月17日 (金)

マルバルコウ

Marubaruko         (マルバルコウ 2010.9.15 近くの草むら)
熱帯アメリカ原産の帰化植物です。最初は鑑賞用として持ち込まれましたが、いつのころからか草むらなどで見かけるようになりました。
なかなか可愛い花ですので野原に咲いている分には良いのですが,飼料用のトウモロコシ畑に入り込み、蔓に絡まれたトウモロコシは葉を展開できず,減収になっているそうです。
これを聞くと、もともと人間が持ち込んだものとは言え複雑な気持になります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年9月16日 (木)

シロバナサクラタデ

タデの仲間が咲き出しました。イヌタデ、オオイヌタデ、ヤナギタデ・・散歩道で一番目立つのがシロバナサクラタデです。
Sirobanasakura101
         (シロバナサクラタデ 2010.9.15)
花が大きく桜色の可愛いサクラタデにはかないませんが、垂れ下がった真っ白な清楚な花はなかなかきれいです。草むらにかたまって咲いています。
湿った場所が好きで流れの脇で良く見られます。
Sirobanasakura102
雌雄異株でこの写真は雄株です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年9月15日 (水)

ウスゲチョウジタデ

田んぼ散策の季節になってきました。朝から曇り空,暑さも和らいだので午前中田んぼにでかけました。アゼナ、タカサブロウ、イボクサ、コナギ、ウリカワ、コケオトギリ、チョウジタデ、シロバナサクラタデ等など、稲刈り後の田んぼではキクモも咲き出していました。
Usugetyoujitade
         (ウスゲチョウジタデ 2010.9.15)
休耕田に一面に咲いていました。チョウジタデかと近寄ってみると良く似たウスゲチョウジタデの方でした。チョウジタデより見る機会が少ないです。
タデという名前がついていますがタデの仲間ではありません。マツヨイグサと同じアカバナ科です。
名前の由来は花の形が丁字形で葉がタデの仲間に似ているためと言われます。
Tyoujihikaku
         (チョウジタデとウスゲチョウジタテ)
左がチョウジタデ右がウスゲチョウジタデです。
チョウジタデが赤みを帯びた茎であるのに対して、ウスゲチョウジタデは緑色です。
チョウジタデは花弁は小さく(直径は4、6mmほど)、ウスゲチョウジタデは花弁は大きく(直径は8mmほど)花びらの間にすきまがありません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年9月14日 (火)

トキンソウ(吐金草)

Tokinso1_3

Tokinso2_2 (トキンソウ 吐金草 2010.9.13)
畑、道ばた、庭などにはびこるキク科の雑草です。休耕田に広がっていました。畑や庭の草むしりをする時に良く目につくと思います。
茎が枝分かれし,地面を這い、ところどころから根を出しますのでどんどん増えます。
名前の由来は,実を潰すと黄色い種子が出てくることから「金を吐き出す草」ということのようです。雑草にしては良い名前をもらいましたね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年9月13日 (月)

マツムシソウ

Matumusiso1009       (ススキの原のマツムシソウ 2010.9.11野反湖)
高原のススキとマツムシソウと青い空、こんな中で昼寝でもしたら気持よいでしょうね。
花の名前の由来は色々な説がありますが、マツムシソウも二つの説があります。
一つはマツムシの鳴く頃咲くからという説、もう一つは花の後の形が巡礼者の持つ松虫鉦(叩鉦)に似ているからというものです。
どちらもなるほどと思わされます。
Matumusi
           (松虫鉦に似ている花後の頭花)

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2010年9月12日 (日)

野反湖散策

昨日は群馬県北部の野反湖に行ってきました。例年ですと秋風が吹き涼しい高原です。今年はまだ真夏の暑さと言っていましたが標高1500mですから平地から比べたら涼しい涼しい!
Nozoriko
        (初秋の野反湖 2010.9.11)
マツムシソウ、ウメバチソウ、エゾリンドウ、アキノキリンソウ等が咲いていました。
Yanagitanpopo
         (ヤナギタンポポ 2010.9.11 野反湖)
山地の草地などに生え、背丈は1.2メートルほどあります。タンポポの名前が付いていますが、タンポポとは属が違います。ミヤマコウゾリナ属です。
タンポポのような花で葉が細くヤナギに似ているという事でこの名前が付けられています。花は午後になるとしぼんでしまいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年9月10日 (金)

キツリフネ

Kiturihune1009              (キツリフネ 2010.9.7)
ツリフネソウ属(インパチェンス)の野生種は日本ではキツリフネ、ツリフネソウ、ハガクレツリフネソウと種類が少ないですが同じ仲間のホウセンカは多数栽培され花壇などで見かけますのでおなじみの花です。
花びらは下の方の2個が合着していて2枚のように見えますが、3枚です。
ツリフネソウとキツリフネは花の色が違うだけのように見えますが,良く観察すると葉の形や花の作りが違うことに気がつきます。
ツリフネソウの写真も載せて見ますので比較してみて下さい。
Turihune1009
           (ツリフネソウ 2009.9.29)
happy01
明日は出かけますのでお休みです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年9月 9日 (木)

ツルマメ

Turumame1009           (ツルマメ ダイズ属 2010.9.6)
散歩道の道ばたの草むらでヤブマメ、ヤブツルアズキ、ツルマメが草に絡まって咲いています。
そんな中で一番花が小さい(長さ5ミリから8ミリ)のがツルマメです。
ヤブツルアズキはアズキの原種と言われていますが、ツルマメは大豆の原種と言われています。
ツルマメの学名はGlycine sojaで「soja」は「しょうゆ」の意味だそうです。

学名:世界共通の植物名でラテン語が使われています。Glycineが属名、sojaは種小名です。学名は属名と種小名を列記することになっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年9月 8日 (水)

人参の花が咲きました

この前雨が降ったのは6月30日ですから2ヶ月以上ぶりの雨です。今の所お湿り程度ですが,今夜もう少し降ればようやく大根の種まきが出来そうです。
Ninjin Ninjin1_2













(人参の花 2010.9.7)
家の近くに60平米ほどの畑を借りて野菜を作っています。その畑の人参が花を咲かせました。収穫しそこなった白菜や大根が春先に花を咲かせる事は時々ありますが,人参の花が咲いたのは初めてです。
この暑さと、雨不足の影響と思われます。
サトイモも植えてありますのでこちらも咲かないかと変な期待をしています。(サトイモの花も見た事がありません。)

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

2010年9月 7日 (火)

フジカンゾウ

隣町の常陸太田市に標高529mほどの山があり、毎年何度か登っています。しばらく行っていないので暑いのを覚悟で登ってきました。
花はヤマジノホトトギス、キバナアキギリ、シラヤマギクくらいしか咲いていませんでしたが、下山口で蕾を沢山つけたアケボノソウの群落を見つけたのが大収穫でした。花の時期が楽しみです。
Hujikanzo2

Hujikanzo1
           (フジカンゾウ 2010.9.7)
沢の脇で一休みした場所に咲いていました。ヌスビトハギを大型にしたような花です。山の木陰に生えます。
ヌスビトハギの花は長さ4mmほどですが、フジカンゾウは長さ1cmほどあります。
また葉の数もヌスビトハギは3枚ですが、フジカンゾウは5枚か7枚です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年9月 6日 (月)

イヌキクイモ

Inukikuimo1009            (イヌキクイモ 2010.9.6)
暑さの続く中、あちこちで元気な花を咲かせ,散歩中一番目立つのがイヌキクイモです。青空をバックに黄色が良く目立つのですが、この所きれいな青い空が見られません。
こちらでは今年はイヌキクイモの開花が遅いように感じます。
セイタカワダチソウと同じ北アメリカの帰化植物ですがセイタカワダチソウほどはびこらないので嫌われものではないようです。
良く似たキクイモはもう少し遅れて咲き出します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年9月 5日 (日)

ヒメナエ

先月アイナエという小さな花を紹介しました。アイナエ(藍苗)の語源は分かりませんが、ヒメナエはアイナエより小さいとうことで付けら名前ではないかと思っています。
図鑑により科の違っている植物がいくつかありますが、ヒメナエもマチン科とするものとフジウツギ科とするものがあります。
Himenae
          (ヒメナエ 2010.9.4)
日当りの良いちょっと湿った草むらに生えています。直径2ミリほどの小さな白い花ですので生えていてもなかなか見つかりません。また絶滅危惧種ですので出会える機会はとても少ないです。今回は4株ほど見つけました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2010年9月 4日 (土)

ゴマクサ

この暑い中、葦原を歩いてきました。湿地の植物を見てきましたが、とにかく暑かったです。
Gomakusa
          (ゴマクサ 2010.9.4)
何回か見に行っているのですが、なかなか良い花が撮れません。今回もほとんどが実になっていましたが紹介します。花や実がゴマに似ているので胡麻草と言う名が付けられたゴマノグサ科の草です。
湿地の草むらの生えますが,花の時期が8月から9月ですが花の良い時期は真夏のようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年9月 3日 (金)

キセワタ

9月になっても暑さが続いておりますが、それ以上にもう2ヶ月ほど雨が降っておらず、畑はカラカラ大根の種も蒔けずに毎日空を見上げています。
Kisewata1009            (キセワタ 2010.9.3)
昨年は見損なったキセワタを汗びっしょりになりながら見てきました。株数は結構ありましたが、雨不足のせいかあまり元気がありませんでした。
先日紹介したメハジキと同じシソ科メハジキ属ですので花はそっくりです。
キセワタ(着せ綿)は花の上に真っ白な毛が生えており綿を着せたように見える事から和名が付けられました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年9月 2日 (木)

ヒメミカンソウ

Himemikanso          (ヒメミカンソウ 2010.9.2)
トウダイグサの仲間です。この仲間はみな花は地味で実もあまり目立たないものが多いです。
果実を小さなミカンに見立てたられたコミカンソウは赤褐色な実をつけますが、ヒメミカンソウは淡い黄色の地味な実です。
山道の縁で見つけました。花が少ないのでこんなものも目に入ります。

happy01
本日HPに「今月の花9月」「花ルバム50」をアップしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年9月 1日 (水)

イヌザクラの実

Inuzakurami          (イヌザクラの実 2010.9.1)
秋風が心地良い日はまだ咲きになりそうですが、季節は着実に進んでいます。
5月に白い穂状の花をつけたイヌザクラの実が色付き始めていました。黄色から赤、黒紫色に変わっていきます。良く似たウワミズザクラの実は果実酒にしますが,イヌザクラはどうなのでしょうか。
風がありちょっとぶれていてはっきりしませんが、萼が実になっても落ちないのが特徴です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »