« クワクサ | トップページ | アケボノソウ(曙草) »

2010年9月24日 (金)

アメリカタカサブロウ

田んぼにも似たような在来種と外来種があります。アゼナとアメリカアゼナ、タネツケバとミチタネツケバナ、ヒメミソハギとホソバヒメミソハギなど(前に書いたものが在来種です)。
Amerikatakasabu
         (アメリカタカサブロウ 2010.9.16)

田んぼの縁に生えていたものです。タカサブロウは在来種ですがアメリカタカサブロウは外来種です。どちらもキク科です。良く似ていてぱっと見ではわかりにくいです。慣れてくると葉の形や花で何となくわかりますが、最終的には実をルーペ、小型顕微鏡などで確認しています。

|
|

« クワクサ | トップページ | アケボノソウ(曙草) »

野の花」カテゴリの記事

コメント

 アメリカタカサブロウはまだきちんと確認していないのですが、気づかないうちにかなり増えていると聞いています。一説では在来種よりずっと多いとか?。今度はきちんと確認してみようと思います。

投稿: ペン | 2010年9月25日 (土) 20:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156031/49548835

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカタカサブロウ:

« クワクサ | トップページ | アケボノソウ(曙草) »