« ボントクタデ | トップページ | クワクサ »

2010年9月22日 (水)

コナギ・イボクサ

例年ですとヒガンバナが見頃になっている時期ですので、昨日、いつもの田んぼを覗いて見ました。
あちこちで稲刈りをしていました。稲刈りは例年よりは少し早いようですが,ヒガンバナの方は咲き始めで4、5日遅れているようです。
稲刈りの終わっただんぼの縁に大好きなイボクサが咲いていました。隣の休耕田ではコナギが広がっていました。
Konagi1009
          (コナギ 2010.9.21)
水田にも良く生えていますが,休耕田に広がっている事が多いです。花が開いても直ぐ閉じてしまうようで、きれいに開いたのものはなかなか見られません。
また葉の陰に隠れるように咲いていますので覗いて見ないと見られません。
イネと一緒に入ってきた古い時代の帰化l植物です。
Ibokusa1009
          (イボクサ 2010.9.21)
ツユクサの仲間で8〜10月に淡い紅色のかわいい花を咲かせます。
可愛いきれいな花ですが一日でしぼんでしまいます。
この葉の汁をイボ(疣)につけると取れるということから名前がついたそうです。

|
|

« ボントクタデ | トップページ | クワクサ »

野の花」カテゴリの記事

コメント

ほととぎさん

稲刈り後の田んぼはしばらく農作業も行われないので,植物観察の良い場所になります。
今日も雨が降って生ますが、これでお天気になればまた花達の元気になりそうです。

投稿: やまそだち | 2010年9月25日 (土) 09:09

こんばんは。

コナギ、イボクサ、どちらも、かわいらしくてきれいな花ですね。
でも、言われるように、イネや他の雑草の陰になったりして、なかなか撮りづらい花です。

こちらも、昨日から、急に涼しくなりました。
きょう、ちょっと出かけた折、ヒガンバナを見ました。
やっと、咲き出したようです。

投稿: ほととぎ | 2010年9月24日 (金) 20:50

信徳さん

イボクサもコナギも古い時代に渡来したもので文献上の記録がなく、史前帰化植物といわれるものです。
ふつう帰化植物という場合は自然帰化植物は含みません。
ですからどちらも帰化植物の仲間からは外れています。

南に行くほどヒガンバナの開花は遅れているようですね。

投稿: やまそだち | 2010年9月23日 (木) 12:18

イボクサはツユクサのピンク版と言ったところですね。帰化植物なんですね。コナギは見たことが無いような?朝から雨が降って気温が下がっています。ヒガンバナは一週間遅れています。

投稿: 信徳 | 2010年9月23日 (木) 09:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156031/49529011

この記事へのトラックバック一覧です: コナギ・イボクサ:

« ボントクタデ | トップページ | クワクサ »