« シロバナサクラタデ | トップページ | ケサランパサランかと思ったら? »

2010年9月17日 (金)

マルバルコウ

Marubaruko         (マルバルコウ 2010.9.15 近くの草むら)
熱帯アメリカ原産の帰化植物です。最初は鑑賞用として持ち込まれましたが、いつのころからか草むらなどで見かけるようになりました。
なかなか可愛い花ですので野原に咲いている分には良いのですが,飼料用のトウモロコシ畑に入り込み、蔓に絡まれたトウモロコシは葉を展開できず,減収になっているそうです。
これを聞くと、もともと人間が持ち込んだものとは言え複雑な気持になります。

|
|

« シロバナサクラタデ | トップページ | ケサランパサランかと思ったら? »

野の花」カテゴリの記事

コメント

さなえさん

やはり、ヒルガオの仲間は根が少しでも残っていると増えていきますので,畑にはいると大変ですね。

私に畑はヒルガオが取っても取っても出てきます。

投稿: やまそだち | 2010年9月19日 (日) 07:59

こんばんは。

我が家の畑もはびこり、往生しております。
私が可愛い花だと見過ごしたばっかりに(笑)

投稿: さな・花の庵 | 2010年9月17日 (金) 20:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156031/49477013

この記事へのトラックバック一覧です: マルバルコウ:

« シロバナサクラタデ | トップページ | ケサランパサランかと思ったら? »