« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火)

ヤブムラサキの実 2010.11.30

先日、今年はムラサキシキブの実付きが良くないと紹介しましたが、良く似たヤブムラサキも同様に実の付きが良くありません。
色付いた黄色の葉に紫色の実のが映えていました。
Yabumurasaki1011
         (ヤブムラサキ 2010.11.30 県民の森)
ムラサキシキブの仲間(ムラサキシキブ属)は日本には11種あるそうですが、当地で良く見られるのはムラサキシキブとヤブムラサキです。
ヤブムラサキの方が実が少し大きいです。枝や葉、萼などに毛が多く、葉はさわるとビロードのようにふわっとした感覚です。
写真からも分かるように、実は毛むくじゃらの萼片に包まれています。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2010年11月29日 (月)

帰り花のオオジシバリ 2010.11.29

Ojisibari1128          (オオジシバリ 2010.11.28)
春に咲く花が小春日和の頃に花を咲かせるものは帰り花とか返り花などと呼ばれます。
田んぼ道ではオオジシバリ、オオイヌノフグリ、ホトケノザ、ハハコグサなどの帰り花が見られます。

オオジシバリはジシバリより葉も花も大きく良く目立ちます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年11月28日 (日)

晩秋の川辺 2010.11.28

我が家の南には福島県と茨城県の県境にある八溝山に源を発する久慈川が流れています。川辺には真白なオギの穂が揺れて、晩秋の雰囲気を漂わせています。
今年は秋がゆっくりと進んでいますが、ようやく秋が深まっていました。

Ogi11282         (風に揺れるオギ 2010.11.28)
Ogi11281_2         ススキと比べると穂がふさふさしています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年11月27日 (土)

ヤブコウジも豊作 2010.11.27

Yabukoji101124          (ヤブコウジ 2010.11.27)
先日(11月3日)色好き始めたヤブコウジを紹介しましたが、今日散歩中に林に入って見ると真っ赤になっていました。
マンリョウ、センリョウとの比較で十両とも呼ばれていますが、例年は実は多くても4個くらいなのですが、今年は実なりが良くここのものは7、8個の実を付けていました。20両にか格上げしても良いほどです。
実は葉に隠れており全部は写せない!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年11月26日 (金)

カラスウリ豊作 2010.11.26

Karasuuri1011242         (カラスウリの実 2010.11.24)
今年は夏の猛暑と雨無し天気で植物も色々影響を受けているようです。
そんな中でカラスウリは暑さが好きなのか、この夏はびっしりと花をつけました。秋になると実も例年になく沢山の実があちこちでぶら下がっています。知り合いのBlogでも「柿かと思うようになっている」との書き込みもありました。皆さんの所はどうでしょうか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2010年11月25日 (木)

コセンダングサ 2010.11.25

Kosendangusa1011           (コセンダングサ 2010.11.25)
道端を歩くとヒッツキムシのコセンダングサやアメリカセンダングサの実がズボンにくっつきます。
そんな中、白い舌状花をつけたコセンダングサの仲間が咲いていました。
コセンダングサは舌状花のない黄色の花をつけます。
白い舌状花をつけるものはコシロノセンダングサとかシロノセンダングサと呼ばれています。
写真のものは同じ株に舌状花のないものと白い舌状花のあるものが混じって咲いていました。両者の交雑種なのでしょう

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年11月24日 (水)

イヌザクラの紅葉 2010.11.24

Inuzakurakoyo          (イヌザクラ 2010.11.24)
紅葉が里まで降りてきました。黄色い紅葉が多いですが、それでもなかなかきれいです。イヌザクラが黄色に見事に紅葉していました。
サクラも真っ赤に紅葉するものもありますが、ピンク色や黄色など様々です。
これは日当りの良い梢の紅葉でケヤキのような黄葉ですが、同じ木の下の方の紅葉はまた違った色合いでした。
Inuzakurakoyo2
        (下の方の枝のイヌザクラの紅葉 2010.11.24)

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年11月23日 (火)

サルトリイバラの実 2010.11.23

Sarutoriibara1121          (サルトリイバラの実 2010.11.21)
サルトリイバラの実が真っ赤に熟していました。例年ですとこの時期には葉が黄色に紅葉していて黄色と赤の色のバランスとても良いのですが、今年は葉がまだ青々としています。いつもと違った雰囲気です。
サルトリイバラは従来はユリ科シオデ属ですが、新分類ではシオデ科シオデ属になっています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年11月22日 (月)

ムラサキシキブの実 2010.11.22

Murasakisikibu1011         (ムラサキシキブの実 2010.11.21)
こちらの山に自生するムラサキシキブはあまり実付きは良くないのですが、今年は例年以上に実の付きが悪いようです。色もうすいようです。
3年前は豊作で鈴なりの実が付きアメシストのブローチのようだったのですが。
実は目立ちますが淡紫色の花は葉に隠れて咲きますので目立ちません。
こんな俳句がありました。
  その花は知らねど紫式部の実

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年11月21日 (日)

ノササゲの実 2010.11.21

Nosasage10112           (ノササゲの実 2010.11.21)
昨日に続き、今日も暖かい日になりました。家の近くの山に行ってみました。子供ずれや老夫婦のハイキングを楽しむ人が沢山来ていました。

青系統の色の花や実は人を引きつけ魅力がありますが、そのなかでも紫色は格別です。
ノササゲの実をみていると神秘的な感じさえします。
実が熟すと鞘が紫色になり、中から黒紫色の種子が顔を出します。鞘も実も光を浴びて輝いていました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2010年11月20日 (土)

イヌホオズキ 2010.11.20

Inuhozuki1011          (イヌホオズキ 2010.11.19)
花と実が同時に見られる植物は色々あります。
今の時期になるとイヌホオズキも花と実が一緒に見られます。実は熟すと黒くなるのですがまだ青い実です。
イヌホオズキは在来種ですが良く似た帰化種のアメリカイヌホオズキの方が多くなってきています。
アメリカイヌホオズキは花(実)が一点から出ていますが、イヌホオズキは写真のように少しずれて付きます。
クコ、シロダモなどもこの時期、花と実が一緒に見られます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年11月19日 (金)

センニンソウの実 2010.11.19

Senninso1011           (センニンソウの実 2010.11.18)
近くの薮でセンニンソウの実が色付き始めました、12月になると実の色ももう少し濃く赤くなり、先端に付いている羽毛状の毛も伸び広がります。
この実を見るといつも自然が作り出す芸術品に感心します。
センニンソウ属(属名クレマチスClematis)はみな同じよう果実の先に羽毛状の毛が残ります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2010年11月18日 (木)

もう少し頑張るよ! 2010.11.18

朝晩大分冷え込むようになりました。午後日差しが出てきたのでコンデジを持って散歩に出ました。
Himejyon1118 Oguruma1118_2













(左 オグルマ 右 ヒメジョオン 2010.11.18)
田んぼ脇で頑張って咲いている、オグルマとヒメジョオンです。
どちらもキク科です。キク科の花は小さな花が沢山集まっており頭状花と呼ばれます。一つ一つの花は筒状で、外側には舌状花が並び、中心には管状花が集まっています。
今月末には霜が降りるでしょう。そうするとこれらの花達も姿を消します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年11月17日 (水)

イワレンゲ 2010.11.17

Iwarenge3        (イワレンゲ 2010.11.16)
イワレンゲが当県でも人家の屋根や石垣に生育しているのは写真等を見て知っていましたが、見た事はありませんでした。
友人からの情報で探して見ました。人家の屋根のものは見つかりませんでしたが岩の上にあるものをなんとか見つける事が出来ました。
今年は夏の暑さで花付きは悪かったようですが、来年が楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年11月16日 (火)

晩秋の林 2010.11.16

Kinoko101115           (晩秋の林 2010.11.15)
山を歩いても花は少なくなってきました。
夏は薮になっている林に入って見ました。
じっと立っていると近くの枝に小鳥が群れが寄ってきます。
今年はキノコが豊作のようで色々なキノコが目につきます。残念ながら名前は分かりません。
色付いた落ち葉の中、倒木のコナラにこんなキノコが出ていました。

ヒラタケだそうです。キノコに詳しいyuukoさんに教えてもらいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年11月15日 (月)

ミヤマシキミの実 2010.11.15

Miyamasikimi101115          (ミヤマシキミの実 2010.11.15)
春先に香りのある白い花を咲かせるミヤマシキミが、ちょっと薄暗い林で真っ赤な実を付けていました。濃緑の葉に真っ赤か実はいっそう鮮やかに見えます。
シキミはシキミ科で全体が有毒で特に果実は猛毒な為「悪しき実」がなまりシキミになったと言われています。
ミヤマシキミはシキミ科では無くミカン科ですがやはり有毒です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2010年11月14日 (日)

アワコガネギクと交雑種? 2010.11.14

Awakogane1011          (アワコガネギク 2010.11.7)
こちらで自生している唯一の黄色い野菊です。一番遅く咲きこの菊が咲くともう秋も足早に過ぎ、冬に向かいます。
最近、国内分布域から離れた所で見つかっており、土留めとして山道の法面に吹き付けらる輸入種子に混じった外来種ではと言われています。
外見では見分けがつかないようですので国内帰化か国外からの帰化かの区別は難しいようです。
写真のものはずっと以前からこちらの山のがけに自生しているものです。
Sirobanaabura
         (シロバナアブラギク? 2010.11.13)
昨日、山道で見かけた怪しげなキクです。リュウノウギクとアワコガネギクが咲く場所ですので。リュウノウギクとアワコガネギクの交雑種のシロバナアブラギクでは?と思いますが、自信はありません。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2010年11月13日 (土)

晩秋の田んぼ道 2010.11.13

昨日、穏やかな暖かい日差しに誘われ家の近くのたんぼ道を散策しました。
カントウヨメナ、ユウガギクがまだ咲いており、ホトケノザやオオジシバリが咲き出した道端では色付いたカヤツリグサやチカラシバなどイネ科の草達が晩秋の光を受けて輝いています。
Bannsyuu1011
     (キンエノコロとアメリカセンダングサの実 2010.11.12)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年11月12日 (金)

オオオナモミの実 2010.11.12

Oonamomi1011          (オオオナモミの実 2010.11.12)
ひっつき虫のオオオナモミがきれいに色づいてきました。道端に群生しておりズボンにくっつくので避けて通るのですが、光が当たりきれいだったのでカメラを向けてみました。
昔からあるオナモミはほとんど見られなくなり、見られるのは新しく入り込んだオオオナモミばかりです。今日は小春日和の暖かい日になり気持のよい散歩でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年11月11日 (木)

ブナとイヌブナ 2010.11.11

ブナ科ブナ属は日本にはブナとイヌブナの2種があります。イヌブナの方がブナより標高の低い所に生えます。
分布はブナは北海道、本州、四国、九州、イヌブナは岩手、石川県以西、四国、九州となっています。
BunamikiInubunamiki














(幹の違い  左 ブナ   右 イヌブナ)
ブナの樹皮は灰白色でなめらかで割れ目がありません。イヌブナの樹皮は黒っぽくいぼ状の皮目があります。
そんなとこからブナはシロブナ、イヌブナはクロブナと呼ばれます。またイヌブナは写真のように根元からひこばえを沢山出します。
Bunaha
       (葉の違い  左 イヌブナ  右 ブナ)
イヌブナは葉裏の脈状に長い毛が生えています。葉の厚さはブナの方が厚いです。側脈の数はイヌブナの方が多いです。
この他、実の付き方もブナは上向き、イヌブナは下向きにぶら下がる等の違いがあります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年11月10日 (水)

八溝山の紅葉・黄葉 2010.11.10

八溝山は茨城県北部にあり栃木県、福島県、茨城県の三県の境界にある1022mの茨城県の最高峰の山です。かつては全山、落葉広葉樹林におおわれていたようですが、今はスギ、ヒノキが植林され、自然林は頂上付近と中腹にわずかに残っています。
Yamizo1011
         (中腹の紅葉 2010.11.10)
紅葉が見頃と聞き、出かけました。頂上まで車で行けますが、途中に車をとめ山道を一周してきました。頂上には車が結構ありましたが、山道では誰にも会いませんでした。
Yamizobuna
         (ブナ、イヌブナの黄葉 2010.11.10)
銀杏やブナなど黄色に染まるものは黄葉と書くようです。真っ赤な紅葉も良いですがブナの黄葉もお気に入りです。
八溝山にはブナとイヌブナ両方が見られます。手前の黄色はイヌブナ、右上の茶色の葉はブナのようです。
ブナとイヌブナの違いは明日紹介します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年11月 9日 (火)

コウヤボウキ 2010.11.9

Koyaboki10111           (コウヤボウキ 2010.11.9)
コウヤボウキはカシワバハグマやオヤリハグマと同じ仲間ですので花は良く似ています。
カシワバハグマやオヤリハグマは草ですがコウヤボウキは木です。良く枝分かれし、一年目の枝の先に花をつけます。
花はあちこち向いて咲き、細い枝なので少しの風でも揺れるので撮りにくい花です。今年は今が丁度見頃でした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2010年11月 8日 (月)

ユウガギク 2010.11.8

今日はぽかぽか陽気に誘われ、田んぼ道をのんびり散策しました。
この時期になるとホトケノザ、オオイヌノフグリ、オオジシバリなど春の花が咲き出し、春になったような錯覚におちいります。
Yuga101172
         (ユウガギク 白い花 2010.11.8)
今の時期、田んぼ道で一番良く見られるのがユウガギクです。花は白っぽいものが多いですが、少し紫色を帯びたものもなど花の色は様々です。
花が柚子香りがするので「柚香菊」の名前が付いているそうですが、何度試しても私には柚子の香りがしません。
Yuga10241
淡い青紫色の個体です。カントウヨマメナと紛らわしいタイプです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年11月 7日 (日)

稲のひこばえ(ひつじ田) 2010.11.7

Hitujita2        (ひつじ田 2010.11.7)
近くの田んぼでは刈り取った稲の株から生えたひこばえが青々としています、良く見ると実が付け穂が垂れ下がっています。
この穂のことを「ひつじ」(漢字では禾偏の右に魚、日と書きます)と呼ぶそうです。田んぼは「ひつじ田」と言い俳句の秋の季語になっているそうです。
今年はこういう光景があちこちの田んぼで見られます。
Hitujita1
前に見えるのはカントヨメナですが今日の主役は「ひつじ」なので主役にピントを合わせました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2010年11月 6日 (土)

フクオウソウ 2010.11.6

Fukuouso1011            (フクオウソウ 2010.11.6)
フクオウソウは山道の日陰に生え、葉は良く見かけます。
花びらの色が変わっており紫白色で裏面に黒い条があります。きれいな状態の花を撮ろうと毎年狙っていますが、なかなか良い状態のものに出会えません。今年もかたまって生えている場所に行って見ましたがこんな状態でした。花びらの色が地味なので葯の黄色が良く目立ちます。
Fukuousoha
葉はこんな形です。円心形で3〜5裂します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年11月 5日 (金)

ヤクシソウ 薬師草 2010.11.4

Yakusiso1011         (ヤクシソウ 2010.11.3)
11月に入ると山の花もだんだん少なくなってきます。こんな時期、10月初めから咲いているヤクシソウがまだまだ元気で咲いていました。
横に撮ったらちょと違う感じの雰囲気になりました。
上部の葉脇に花を沢山付けますので黄色のはが遠くからも目立ちます。薬師草の由来は諸説あるようで、はっきりしないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年11月 4日 (木)

リンドウとツルリンドウ 2010.11.4

昨日は久しぶりで晴れたのでリンドウ、センブリの山に行ってきました。 リンドウは花つきの良い株が草むらに沢山咲いていました。センブリも道端に沢山、人の通らない小道には道の真ん中にどっさり。画像をクリックすると大きく見えます。
Rindo101134

Rindo101133
           (リンドウ 竜胆 2010.11.3)
リンドウが咲き出すと当地は紅葉も始まり山は晩秋の雰囲気になります。
花は光に反応して開きますので晴れないと開きません。2時過ぎには閉じていました。花屋さんで見る豪華なエゾリンドウとは一味違った清楚な花です。
Turuirn10113
          (ツルリンドウ 2010.11.3)
リンドウとツルリンドウが仲良く咲いていました。
つる性なので他の植物に絡み付いていますが、絡むものがないと写真のように地面を這っています。リンドウに比べると花は小さく、目立ちませんが真っ赤な実は良く目立ちます。
リンドウはリンドウ属ですが、ツルリンドウはツルリンドウ属で属が違います。実を見ると違う仲間だという事に納得します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年11月 3日 (水)

色付き初めのヤブコウジ 2010.11.3

Yabukoji101122       (ヤブコウジの実 2010.11.2)
海岸の松林で色付き初めたヤブコウジの実が目に入りました。
リンゴの色付きはじめののような淡い、何とも言えない良い色合いで思わず立ち止まりました。
ヤブコウジの実は何時も12月に真っ赤になったものを撮影していましたのでこの時期はあまり観察していませんでした。なにか徳した感じです。

happy01

昨日HPを更新し、「今月の花(11月)」「花アルバム(52)」をアップしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年11月 2日 (火)

ホソバイヌタデ  2010.11.2

Hosobainutade2          (ホソバイヌタデ 2010.10.30)
イヌタデ の仲間はどれもよく似ており、名前の同定はやっかいです。
ホソバイヌタデは絶滅危惧種でなかなかお目にかかれません。何回か見ていますが、いずれも栃木県の渡良瀬遊水地です。
イヌタデに似ていますが,葉が細く花は淡紅色です。前日の大雨で群生していた場所は水没しており、水際のものを撮りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年11月 1日 (月)

センブリ 2010.11.1

このBlogでは、その日に出会った植物の紹介を通じ季節の移り変わりや自然の姿を感じて頂ければと思っています。
しかし,所用があったりお天気が悪かったりすると数日前のものになります。
Senburi101029
           (センブリ 千振 2010.10.29)
最近はセンブリも減ってきていますが,当地では探せばまだまだあちこちで見られます。昨年は全く見られなかった草原で今年は沢山のセンブリが待っていてくれました。
Senburi1010291
全草が苦く、熱湯で千回降り出してもまだ苦いので「千振」の名前がつき、昔から健胃薬として利用されました。
花は白ですが花びらの裏側は薄く紫色を帯び,蕾は薄紫に見えるのが普通です。花びらに紫の筋が入ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »