« 子連れジャノヒゲの種子 2010.12.14 | トップページ | ハハコグサ 2010.12.16 »

2010年12月15日 (水)

ノボロギク 2010.12.15

2日間雨が降り、近くの林のコナラ、クヌギの葉がきれいに落ちました。
早速落ち葉拾いをしてきました。たき火でもしたいところですが、残念ながら数年前から市の条例でたき火が出来なくなりました。
Noborogiku1012
          (ノボロギク 2010.12.15)
ヨーロッパ原産の帰化植物で、一年中咲いている花の代表格でしょうか。
管状花だけの地味な花ですが、花が終わったあと、真っ白な細い冠毛が広がります。冠毛の先に残った黄色い管状花がきれいです。
道端に一面に広がっていました。今日の散歩中撮ったのはこの一枚だけでした。
来年は家の近くで一年中咲いている花を観察して見ようと思っています。

|
|

« 子連れジャノヒゲの種子 2010.12.14 | トップページ | ハハコグサ 2010.12.16 »

野の花」カテゴリの記事

コメント

ペンさん

この時期は花が少なくなるので普段あまり観察しない花も目に入るようになります。
ノボロギクは春に咲くものと今頃咲くものは少しタイプが違うように感じます。

投稿: やまそだち | 2010年12月16日 (木) 08:44

 やまそだちさん
 ノボロギクの冠毛の先にはこんな管状花が残っているんですね。今まで気づきませんでした。身近な花もきちんと観察すると色々な発見があるものなんですね。

投稿: ペン | 2010年12月15日 (水) 22:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156031/50308967

この記事へのトラックバック一覧です: ノボロギク 2010.12.15:

« 子連れジャノヒゲの種子 2010.12.14 | トップページ | ハハコグサ 2010.12.16 »