« 夕日を浴びたイタドリ 2010.12.17 | トップページ | 冬のコアジサイ 2010.12.20 »

2010年12月19日 (日)

カラスのゴマの実 2010.12.19

Karasunogomami         (カラスノゴマの実 2010.12.18)
近くの山を散策中、カラスノゴマの実が沢山見られました。今年はこの場所のカラスノゴマの花の写真は撮りそこねてしまいました。良い花が咲いたようです。
実の撮影は初めてです。
この実をカラスの食べるゴマに例えたようです。鞘は3枚に開きます。
実を見てなんの花か分かるようなると、メモしておき翌年花の時期に訪れる事が出来ますので花との出会いのチャンスが多くなります。

今年は花を紹介できませんでしたので、今年別の場所で撮った花も載せます。
Karasunogoma1009
          (カラスノゴマ 2010.9.14)

|
|

« 夕日を浴びたイタドリ 2010.12.17 | トップページ | 冬のコアジサイ 2010.12.20 »

植物」カテゴリの記事

コメント

そうそう、シナノキ科でした。
新分類では、アオイ科の範囲が広がって、シナノキ科を取り込んでしまったようですね。

投稿: ほととぎ | 2010年12月20日 (月) 23:41

aoikesiさん

カラスノゴマは珍しい花では無いのですが、何処にでもある花でもありません。
どちらかというと少ない方の部類でしょうか。
実は写真のように鞘の中にビッシリと小さいゴマのような実が入っています。

投稿: やまそだち | 2010年12月20日 (月) 17:25

カラスノゴマという花、はじめてみました。
実もゴマみたいに細かいでしょうね。

投稿: aoikesi | 2010年12月20日 (月) 09:54

ほととぎさん

カラスノゴマはシナノキ科ですが、新分類ではアオイ科になりましたね。

投稿: やまそだち | 2010年12月19日 (日) 21:55

さなえさん

山はもう雪ですが、寒い地方では実もすっかり落ちてしまっているでしょうね。

実も初めて出会ったときはちょと分からないものもありますが、歩いた事のあるフィールドならなんとか分かります。

投稿: やまそだち | 2010年12月19日 (日) 21:52

なるほど、こんな実が生るんですね。
カラスのゴマとは、先人は、うまい名をつけたものですね。
でも、ゴマとは全然ちがう仲間でしたよね。

投稿: ほととぎ | 2010年12月19日 (日) 20:31

こんばんは。

この花の実は、私には見ることができません。
もう山に今年は入れないからです。
こんな形をしているのですね。

投稿: さな・花の庵 | 2010年12月19日 (日) 17:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156031/50342860

この記事へのトラックバック一覧です: カラスのゴマの実 2010.12.19:

« 夕日を浴びたイタドリ 2010.12.17 | トップページ | 冬のコアジサイ 2010.12.20 »