« キタミソウ 2010.12.26 | トップページ | ハマエノコロの枯穂 2010.12.28 »

2010年12月27日 (月)

ヤマジノホトトギスの実 2010.12.27

Yamajinohototogisu1012         (ヤマジノホトトギスの実 2010.12.23)
ユリの仲間の実は冬になってもこうして残っているものが多いです。
ユリの仲間は同じような形の実を付けます。
一杯詰まったヤマジノホトトギスの種が少し透けて見えます。かなりの数の種です。枯れた葉もまだ残っていました。
Yanaji104467
         今年撮った花です。(2010.9.7)

|
|

« キタミソウ 2010.12.26 | トップページ | ハマエノコロの枯穂 2010.12.28 »

野の花」カテゴリの記事

コメント

信徳さん

我が家の庭にもタイワンホトトギスがあるのですが、同じような実を沢山付け、其れが鉢に飛び、芽が出て花を咲かせます。
山のものは周りの環境がよほど良くないと発芽率は少ないでしょうね。
この種の5分の1でも芽が出たら一面に広がりますね。

投稿: やまそだち | 2010年12月28日 (火) 11:48

今晩は!庭にタイワンホトトギスの花が咲いたのですがこれも同じように種が出来るのでしょうか?タカサゴユリと同じように最後は種が毀れて地に落ちて行くのですね。落ちる前に植木鉢に蒔いてあげれば発芽するのですね。でも山のものはどうでしょうかね?

投稿: 信徳 | 2010年12月27日 (月) 20:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156031/50415258

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマジノホトトギスの実 2010.12.27:

« キタミソウ 2010.12.26 | トップページ | ハマエノコロの枯穂 2010.12.28 »