« 春モードに 2011.2.5 | トップページ | ツクシンボが 2011.2.7 »

2011年2月 6日 (日)

海岸の崖のコモチシダ 2011.2.6

Komotisida1102     (コモチシダ 2011.2.6)
今日も暖かいので海岸を散歩しました。
近くの海岸の崖で見られた大型のシダです。常緑性のシダですので今の時期でも青々としてなかなかきれいです。
子持ちシダの名前の由来は葉の表面にたくさんの芽が出来ることから来ています。
Komoti1102
     (葉の表面に付いた無性芽)

|
|

« 春モードに 2011.2.5 | トップページ | ツクシンボが 2011.2.7 »

植物」カテゴリの記事

コメント

ペンさん

こちらでもあまり見られないかもしれません。
近くの海岸の崖に纏まって何カ所かあります。入り組んでいて風もあまり当たらず、南東向きなので暖かいのかもしれません。
無性芽がついているのもは数個しかありませんでした。

投稿: やまそだち | 2011年2月 7日 (月) 07:52

 立派なコモチシダですね。群馬にもあるのですが、なかなか立派な株は見つけられないでいます。関東南部では見かける機会の多い暖地性のシダですが、茨城は結構暖かいのでしょうか。
 無性芽がたくさんついた株はまだ見ていないので、今度はぜひ見てみたいです。

投稿: ペン | 2011年2月 6日 (日) 20:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156031/50793431

この記事へのトラックバック一覧です: 海岸の崖のコモチシダ 2011.2.6:

« 春モードに 2011.2.5 | トップページ | ツクシンボが 2011.2.7 »