« 海岸の崖のコモチシダ 2011.2.6 | トップページ | ラセイタソウ 2011.2.8 »

2011年2月 7日 (月)

ツクシンボが 2011.2.7

2月4日に東海地方の知り合いのBlogに、出たばかりのツクシが紹介されていました。
こちらも立春以降暖かくなり、夕べは今年初めての雨が降りました。もしかしたらと思い、今日の散歩は隣村の毎年ツクシがでるコースにしました。
Tukusi1102
     (ツクシの芽だし 2011.2.7)
日当りの良い田んぼ脇の土手に筆の先のようなツクシンボが沢山出ていました。
オオイヌノフグリの花にはミツバチがきていました。今年初めてのヒバリのさえずりも聞けました。春まじかです。
Tukusi21102

|
|

« 海岸の崖のコモチシダ 2011.2.6 | トップページ | ラセイタソウ 2011.2.8 »

植物」カテゴリの記事

コメント

yuukoさん

ツクシは胞子茎ですが、タケノコの皮のようなものは袴と呼ばれる部分で葉が退化したもので輪生します。

投稿: やまそだち | 2011年2月 8日 (火) 22:13

あまりよくツクシを見たことがないのでしょう・・・
出始めはこんな風に皮をかぶっているのですね
あの皮はなんという名称ですか?

投稿: yuuko | 2011年2月 8日 (火) 20:34

さなえさん

昨夜の雨で、前に降った雪の残りもすっかり融けました。
ちょっとした雪も日陰は、予想外にいつまでも残りますね。

今年は豪雪で花も遅れるでしょうね。
こちらも寒かったので昨年よりは遅れそうです。

ツクシは醤油とみりんで油炒めが私のお気に入りです。

投稿: やまそだち | 2011年2月 7日 (月) 21:11

こんばんは。

茨城も土筆ですか。
うらやましいです。

畑のお隣の土手に、いつもたくさん出て、少し摘んで卵とじにしたりするのですが、今年はまだ積雪が、太ももの真ん中まであります。

畑の花壇を作るようになって以来始めての豪雪です。
すぐ側の里はもう雪は少なくなっているのですが、地形の関係だと思われます。

投稿: さな・花の庵 | 2011年2月 7日 (月) 18:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156031/50802940

この記事へのトラックバック一覧です: ツクシンボが 2011.2.7:

« 海岸の崖のコモチシダ 2011.2.6 | トップページ | ラセイタソウ 2011.2.8 »