« 春の田んぼ 2011.4.20 | トップページ | ミヤマシキミ 2011.4.22 »

2011年4月21日 (木)

コクサギ 2011.4.21

Kokusagi1104     (コクサギ 2011.4.21)
流れのふちでコクサギが咲いていました。
そばを通っただけで分かる強い匂いがします。漢字では小臭木と書きます。
図鑑では枝や葉に臭気があると記載されていますが、私には嫌なにおいには感じません。ミカン科特有の柑橘系の匂いがします。
クマツヅラ科のクサギ(臭木)は嫌な臭いです。
Kokusagi11042
コクサギは雌雄別株で近寄ってみると雄花(雄株)でした。

|
|

« 春の田んぼ 2011.4.20 | トップページ | ミヤマシキミ 2011.4.22 »

野の花」カテゴリの記事

コメント

こちらにはコクサギは沢山あります。

「臭う」は嫌なにおいのことなので、やはり嫌なにおいに感じる人が多いのかもしれません。

臭いとといえばいま盛りにさいているヒサカキの花は嫌なにおいです。

投稿: やまそだち | 2011年4月23日 (土) 07:51

名古屋にいた学生のころは、鈴鹿の山に何回も登りましたが、コクサギがたくさんあって、春には、あの、独特のにおいをかぎながら登ったことを思い出します。

けっして、いやなにおいではないですよね。クサイのではなくて、匂う木という意味で、小臭木となったんじゃ?

投稿: ほととぎ | 2011年4月22日 (金) 23:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156031/51452315

この記事へのトラックバック一覧です: コクサギ 2011.4.21:

« 春の田んぼ 2011.4.20 | トップページ | ミヤマシキミ 2011.4.22 »