« ミヤマシキミ 2011.4.22 | トップページ | 今年のスミレ 2011.4.24 »

2011年4月23日 (土)

ムサシアブミ 2011.4.23

Musasiabumi1104     (ムサシアブミ 2011.4.21)
マムシグサの仲間(サトイモ科テンナンショウ属)は良く似たものが多く、名前を同定するのは難しいですが、ウラシマソウとムサシアブミだけは一目見て分かります。
しばらくぶりで見てきました。図鑑には関東地方以西に分布とありますが、県内ではこの場所だけのようです。
ちょっとグロテスクな植物ですが、テンナンショウ愛好家沢山もいます。
Musasiabumi11042

|
|

« ミヤマシキミ 2011.4.22 | トップページ | 今年のスミレ 2011.4.24 »

野の花」カテゴリの記事

コメント

yuukoさん

うつむきながら、こちらをにらんでいるような感じもします。
新鮮な葉は輝いてきれいです。

投稿: やまそだち | 2011年4月28日 (木) 21:41

ムサシアブミ うつむいて何ともいえない風情ですね
葉っぱの艶がいいですね~

投稿: yuuko | 2011年4月28日 (木) 21:08

みかんさん

茨城県植物誌には自生種としては載っていますが自生かどうかは確定できません。
近くのお年寄りに聞くと子供の頃からあるといいます。タブの木林に何カ所か群生していたようですが、私が見ているのは一カ所だけです。
地元の自然誌でも茨城大学の植物で有名な先生が危急種として書いています。

投稿: やまそだち | 2011年4月25日 (月) 08:52

Frank-Kenさん

自生のものがどうか確定できないのですげ。大分前からあるようです。
こちらはミミガタテンナイショウは何処にでもあります。

投稿: やまそだち | 2011年4月25日 (月) 08:42

茨城県でムサシアブミですか。

自生とはちと信じがたいですね。何しろこれらはマニアによく栽培されますし、植えると種子からもよく増えるのですよ。

千葉の友人からもブロック塀の間からいつの間にか出てきた、とムサシアブミの画像が送られてきました。

どの程度なのか自生地の様子がはっきりしませんが、分布としては多いに疑問です。

投稿: みかん | 2011年4月25日 (月) 08:18

 こちらでも、フサシアブミはみられません。それどころか、ミミガタテンナンシヨウなども。せいぜいが、カントウマムシグサとカルイサワテンナンショウくらいです。
 だからとてもうらやましいです。

投稿: Frank-Ken | 2011年4月24日 (日) 22:08

アライグマさん

マムシグサの仲間やカンアオイの仲間は一般的にはあまり見向きされませんね。

投稿: やまそだち | 2011年4月24日 (日) 08:10

ペンさん

群馬でも一度見ているのですが、其の後行った時は見つかりませんでした。
この時期にこちらに来る事があれば案内します。

投稿: やまそだち | 2011年4月24日 (日) 08:07

まささん

竹薮の中に群生しています。
暗いので日の入る場所のものを探して撮りました。
ウラシマソウも最盛期ですね。

投稿: やまそだち | 2011年4月24日 (日) 08:05

今晩は(^▽^*)
実に「不気味ちゃん」で良い雰囲気出してますねーーー
σ(^_^)も見たこと無いなーーーー
ウラシマソウなら花の径が500mlペットボトルくらいの奴があるんだけど。
((((((((^^; 本当に不気味

投稿: アライグマ | 2011年4月23日 (土) 23:50

 やまそだちさん
 ムサシアブミはこちらでは見たことがありません。特徴的な大きな葉、一度お目にかかってみたいですね。

投稿: ペン | 2011年4月23日 (土) 20:37

やまそだちさん こんにちわ!
綺麗なムサシアブミですね!此方では
観れません!こちらで観れるのはウラシマソウとマムシグサの仲間ですね。

投稿: まさ | 2011年4月23日 (土) 18:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156031/51472398

この記事へのトラックバック一覧です: ムサシアブミ 2011.4.23:

« ミヤマシキミ 2011.4.22 | トップページ | 今年のスミレ 2011.4.24 »