« 群馬の花達と遊ぶ(2) | トップページ | 群馬の花達と遊ぶ(4) »

2011年5月 5日 (木)

群馬の花達と遊ぶ(3)2011.5.5

スミレの花の色は紫色、薄紅色、白色など多彩で同じ種類でも個体により微妙に色が違います。今回見られたもので白色と淡紅色のものを並べて見ました。
Hikagesumire1105
     (ヒカゲスミレ 2011.4.29)
Otomesumire1105
     (オトメスミレ 2011.4.29)
タチツボスミレの品種で花弁が白く距が紫色のものです。
Higosumire11052
     (ヒゴスミレ 2011.4.30)
Huirihina1105
     (フイリヒナスミレ 2011.4.30)
ヒナスミレの葉の表面に斑が入ったものです。
Hiratuka1105
     (ヒラツカスミレ 2011.4.30)
ヒゴスミレとエイザンスミレの交雑種でエイザンスミレの系統が強いものだそうですが、私にはエイザンスミレとの区別に自信がありません。

|
|

« 群馬の花達と遊ぶ(2) | トップページ | 群馬の花達と遊ぶ(4) »

野の花」カテゴリの記事

コメント

アライグマさん

私も茨城県内では見た事がありません。
タチツボスミレは変異が多く、色々なタイプのものが見られますね。

投稿: やまそだち | 2011年5月 6日 (金) 09:59

σ(^^;)は野生のヒゴスミレ見たことありません。
オトメスミレは千葉で一度だけ見たことあるな。というか見せてもらった。
こちらには距も真っ白な奴が毎年一株だけ同じ場所に出ます。
▼-ω-▼

投稿: アライグマ | 2011年5月 5日 (木) 21:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156031/51587155

この記事へのトラックバック一覧です: 群馬の花達と遊ぶ(3)2011.5.5:

« 群馬の花達と遊ぶ(2) | トップページ | 群馬の花達と遊ぶ(4) »