« ルリソウ | トップページ | 奥日光散策 »

2011年5月18日 (水)

ウスバサイシン(薄葉細辛)

Usubasaisin1105     (ウスバサイシン 2011.5.16)
山の湿った林などに自生しています。
春にこの葉を見かけたら根元を覗いて見て下さい。3月から5月が花の時期ですので、暗紫色の花が見られます。
花弁のように見える部分は萼です。根を漢方で細辛とよび鎮痛,鎮咳,去痰に用いるそうです。
同種のアオイ類などと比べ、葉が薄いことが名前の由来となっているようです。
happy01
明日、明後日は所用がありお休みします。

|
|

« ルリソウ | トップページ | 奥日光散策 »

野の花」カテゴリの記事

コメント

Frank-Kenさん

そちらにはオクエゾサイシンがあるんですか。
ウスバシシンとは萼裂片の形が違いますね。

投稿: やまそだち | 2011年5月18日 (水) 20:47

 私も先日撮影しました。そのうちにブログに載せますね。細かく見ると、私のは葉の表面に毛のある「オクエゾサイシン」というタイプのようです。

投稿: Frank-Ken | 2011年5月18日 (水) 20:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156031/51705615

この記事へのトラックバック一覧です: ウスバサイシン(薄葉細辛):

« ルリソウ | トップページ | 奥日光散策 »