« トウゴクミツバツツジ | トップページ | ミヤマナルコユリ »

2011年5月30日 (月)

ノイバラ

昼になり青空が見えてきたので午後から久しぶりで近くの山をあるいてきました。
しばらく行かないうちにコゴメウツギはもう終盤、ニガナ、ノアザミ、ハコネウツギ、コアジサイの咲き始めが見られましたが花は少なめでした。
モミジイチゴがオレンジ色に熟していました。
Noibara1105
     (ノイバラ 2011.5.30)
山道に入り口の薮の中に咲いていたノイバラです。咲き初めでほんのりピンクががかっています。近寄ると良い香りがしました。
日本には野生種のバラが13種あるそうですが、当地で見られるのはノイバラとテリハノイバラの2種です。

|
|

« トウゴクミツバツツジ | トップページ | ミヤマナルコユリ »

野の花」カテゴリの記事

コメント

信徳さん

ノイバラは次々と花が咲き、あっというまに終わった花ばかりになってしまいます。
茨城の由来は
「穴に住み人をおびやかす土賊の佐伯を滅ぼすために、イバラを穴に仕掛け、追い込んでイバラに身をかけさせた」と言うのがあります。

日光、お天気が良いといいですね。

投稿: やまそだち | 2011年5月31日 (火) 18:41

咲き出したばかりのノイバラ素敵です。茨城県だけにイバラは有名(?)。竜頭情報有難うございました。

投稿: 信徳 | 2011年5月31日 (火) 09:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156031/51810099

この記事へのトラックバック一覧です: ノイバラ:

« トウゴクミツバツツジ | トップページ | ミヤマナルコユリ »