« ノイバラ | トップページ | 咲き始めのタツナミソウ »

2011年5月31日 (火)

ミヤマナルコユリ

今日も風が強く、日が差しても寒いくらいでした。5月は地元の山をあまり歩けず、キンラン、ササバギンラン、ヒイラギソウ、ヒメイズイなど見ないうちに終わってしまいました。昨日とは別の山に行って見ました。タツナミソウが咲き始めていました。

ナルコユリと紹介しましたが、写真を見ているうちにミヤマナルコユリに見えてきました。今度行った時に確認してきます。

6月6日に確認してきましたらミヤマナルコユリでしたので修正いたしました。
Narukoyuri1105
    (ナルコユリ ミヤマナルコユリ 2011.5.31)
鳴子と言っても今では見られないので知らない人が多くなってきました。
縄を張りそこに竹筒をぶら下げたもので、縄を引っ張るとがちゃがちゃなります。これで田畑の鳥を追い払います。
風で揺れるナルコユリを見ていると鳴子の音が思い出されます。
良く似たアマドコロはもう終わっていますが、ナルコユリの方が1ヶ月ほど遅れて咲くのでまだしばらく見られます。

|
|

« ノイバラ | トップページ | 咲き始めのタツナミソウ »

野の花」カテゴリの記事

コメント

さとさん

おはようございます。
筑波山にはオナルコユリ(ヤマナルコユリ)しかないようですね。
こちらではあまり見かけません。この株は写真では大きく見えますが高さ50cmくらいです。
高さは一概では言えませんが、普通オオナルコユリは80cm以上あります。見た感じがアマドコロに似ています。
厳密には葉の裏の違い、花糸の違いを調べるしかないでしょうか。

投稿: やまそだち | 2011年6月 3日 (金) 08:00

この時期、ミヤマナルコユリ・ヤマナルコユリなどがあり、どれがナルコユリかわからない状態です。
こちらではアマドコロの次にミヤマナルコユリが咲いていますが、やまそだちさんの撮られているナルコユリが全部ヤマナルコユリに見えて困っています。メールでもいいので教えて頂きたいで〜す。

投稿: さと | 2011年6月 3日 (金) 07:14

Frank^Kenさん

こちらのフィールドにもヒイラギソウはあるのですが今年は見そびれてしまいました。
花がすぐ痛んでしまうので見頃が難しいです。
鳴神山でも見かけました。

投稿: やまそだち | 2011年6月 2日 (木) 07:56

 こちらは、ヒイラギソウが花盛りです。見つけたのはいいけど、群落の大きさと株数を数えるのに苦労しました。あるところにはあるものなんですね~~~。

投稿: Frank^Ken | 2011年6月 1日 (水) 21:21

アライグマさん

忍者映画でくせものが引っかかると鳴る仕掛けも鳴子でしょうね。
私が子供の頃見たのは田んぼにぶら下がった竹筒の鳴子です。

投稿: やまそだち | 2011年6月 1日 (水) 17:05

そうかーー鳴子って
まさか、侵入者よけに紐を張って神社の絵馬のような奴に細い板をブラブラさせて紐を引っ掛けるとカラカラ鳴って知らせるという奴ですか。
(・_・;)
こっちにもナルコユリはあるから見てみよう。

投稿: アライグマ | 2011年5月31日 (火) 21:32

アライグマさん

アマドコロは1〜2個ですが、ナルコユリは1個〜5個の花を付けます。
写真のまん中のは4個、其の上下のものは3個付けていますよ。
これくらい付けないと鳴子にならないからね^_^;

投稿: やまそだち | 2011年5月31日 (火) 20:15

ありゃりゃ
ナルコユリもアマドコロも花は2つで1セットだと思っていたら3つで1セットですか。
初めて見た。
(・_・;)ビックリー

投稿: アライグマ | 2011年5月31日 (火) 19:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156031/51818707

この記事へのトラックバック一覧です: ミヤマナルコユリ:

« ノイバラ | トップページ | 咲き始めのタツナミソウ »