« 西表島の植物観察(2) | トップページ | 西表島の植物観察(4) »

2011年7月 6日 (水)

西表島の植物観察(3)

今回の観察会の目玉の一つサガリバナです。
サガリバナはサガリバナ科の常緑高木で日本では奄美大島以南に自生しています。マングローブの後背地や川沿いの湿地に生育し、夜間に開花し翌朝には落花する一日花です。
早朝と夕方の2回見に行きました。今日は早朝に観察したものを紹介します。
舟の上からの手持ち撮影なのでちょとぼけていますが、お許しください。
Sagaribanamizu
     (サガリバナ 2011.7.1 午前6:53)
朝6時前に宿を出発し舟での観察です。昨夜咲いた花が散り水面に浮かび、漂っています。辺り一面を白やピンクで敷き詰めたような光景は、幻想的です。
Sagaribana1572
     (サガリバナ 2011.7.1 午前7:46)
Sagaribana6071
     (サガリバナ 2011.7.1 午前6:51)
総状花序が垂れ下がり、花は下向きにつきます。花は夏から秋にかけて夜間に開き、芳香を放ちます。花弁は白または淡紅色で4枚あり、おしべは多数あります。
Sagaribana6074

Sagaribana1474
     (サガリバナ 2011.7.1 午前6:57)
こちらはピンクの花です。

|
|

« 西表島の植物観察(2) | トップページ | 西表島の植物観察(4) »

野の花」カテゴリの記事

コメント

yuukoさん

そういわれてみるとクスサンの幼虫に似ていますね。

これは早朝に見た花ですが、夕方の観察では蕾が少しずつ開く様子が、また神秘的でした。

投稿: やまそだち | 2011年7月14日 (木) 15:28

美しいですね~☆
ちょっと見にはクスサンの幼虫みたいに見えますね
よく見ると南国の美しい鳥のようです

投稿: yuuko | 2011年7月14日 (木) 08:56

aoikesiさん

春先の方が花は沢山見られるでしょうね。
でも、そう何回もは行けませんね。

投稿: やまそだち | 2011年7月 7日 (木) 17:48

ホトトギさん

花もバックも良いのですが、舟からなので上手く撮れず残念です。
夜咲く花はみな香りが強いですね。

投稿: やまそだち | 2011年7月 7日 (木) 17:46

今の時期だといろんな花が見られますね。
サガリバナは是非見たい花の一つ。
でも、一度3月に行っているのでもう行かないでしょう。
続きを楽しみにしています。

投稿: aoikesi | 2011年7月 7日 (木) 09:28

サガリバナ、いいですね。
亜熱帯の花、って感じですね。
画面を通して、香りが伝わって来そうです。

投稿: ほととぎ | 2011年7月 6日 (水) 23:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156031/52137412

この記事へのトラックバック一覧です: 西表島の植物観察(3):

« 西表島の植物観察(2) | トップページ | 西表島の植物観察(4) »