« タカトウダイ | トップページ | ヒメガマ »

2011年7月25日 (月)

オオバギボウシ

日曜日は大工さんもお休み、昨日、久しぶりで山道を散策してきました。
花はあまり在りませんが、日差しもそれほどでもなく、あっつい!という感じでなく気持のよい散策でした。
オオバギボウシが沢山咲いていましたが、あとはオオバノトンボソウ、リョウブ、キキョウ一株、ヒメヤブランくらいでした。
Obagibosi11071
     (オオバギボウシ 2011.7.24)
ギボウシの仲間は日本に10種以上が自生しています。山菜として良く知られているのはオオバギボウシ、コバギボウシです。
コバギボウシの花は淡紫色で紫色の筋があり紫色に見えますが、オオバギボウシは淡紫色か白色で紫色の筋がないので白っぽく見えます。
Obagibosi11072
ギボウシは蕾の集まりが橋の欄干の上に帽子のようについている擬宝珠(ぎぼし)に似ているからついた名前です。上の方はまだ蕾でこんな感じです。

|
|

« タカトウダイ | トップページ | ヒメガマ »

野の花」カテゴリの記事

コメント

fu-coさん

fu-coさんのように高山に出かけられないので、近場を散歩しながらもっぱら身近な植物観察です。
名前の由来には興味がありますので調べるようにしています。

投稿: やまそだち | 2011年7月25日 (月) 21:32

やまそだちさん、こんばんは。

ギボウシの由来が擬宝珠から来ているとは初めて知りました。
そう言われたら似てますね~蕾ちゃん
勉強になりました^^

投稿: fu-co | 2011年7月25日 (月) 19:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156031/52304639

この記事へのトラックバック一覧です: オオバギボウシ:

« タカトウダイ | トップページ | ヒメガマ »