« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

クロバナヒキオコシ

Kurobanahikiokosi     (クロバナヒキオコシ 2011.8.29)
猿倉から白馬尻間でこの時期、良く目についたのはクロバナヒキオコシです。
5、6mmの小さな地味な花ですので注意しないと見落としてしまいますが、ここは株数が多いのでどれかは目に入ります。
花が小さく、色も暗紫色でまばらに咲いていますので何度撮っても上手く撮れません。
Kurobanahikiokosi2
アップで撮ってもこんな感じです。

この仲間(ヤマハッカ属)は、紫色の花が多く、これから秋にかけて咲いてきます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2011年8月30日 (火)

白馬に行ってきました

遅ればせながら白馬に行ってきました。一昨年は7月5日、昨年は8月1日でしたので今回は夏の花は終盤でしたがそれでも花は結構見られました。
Fさんお世話になりました。
Sekkei1108
     (白馬尻・ウラジロタデ 2011.8.29)
29日は早朝に自宅を出発、午後から大雪渓の入り口まで散策しました。涼しくてとても気持良く、しばらくぶりで山の空気を味わってきました。雪渓を背景にウラジロタデを撮るのは初めてです。雌雄異株でこれは雄花のようです。
Misogawaso1108
     (ミソガワソウ 2011.8.29)
近くにミソガワソウが沢山咲いていましたが、花は盛りを過ぎていましたのできれいなものをアップで撮った見ました。
花は同じシソ科のラショウモンカズラに良く似ていますが、ラショウモンカズラは下唇の中央の先に長い白毛があります。
ミソガワソウの和名は木曽川の支流の味噌川から付いた名前のようです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2011年8月27日 (土)

タマアジサイ(玉紫陽花)

Tamaajisai11082     (タマアジサイ 2011.8.27)
当地の山で見られるアジサイの仲間で、この時期見られるのはタマアジサイです。今が盛りであちこちの山の沢沿いで見られます。
花だけ見るとヤマアジサイに似ていますが、蕾を見るとタマアジサイは蕾が球状なので見分けられます。
Tamaajisai1108
タマジサイの葉には毛が沢山生えており、触ってみると毛がふわふわとしてビロードのような感じです。これでもタマアジサイと区別できます。
happy01
明日、明後日はお休みします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2011年8月25日 (木)

ツルフジバカマ

Turuhujibakama1108     (ツルフジバカマ 2011.8.25)
夏の終わりになると咲き出すマメ科の紅紫色のツルフジバカマが咲いています。茎がつる性になり、巻きひげをつかってたのものに巻き付きます。
この花の色が好きで見かけるとカメラを向けてしまします。
藤袴の名前が付いているので名前の由来が気になり調べました。
「フジバカマの花の色に似ているから」とする説、「花がフジに似てつる状である事から蔓藤、托葉が袴に似ているというので、袴の名がついた」という説がありました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年8月24日 (水)

ヤブラン

Yaburan1108    (ヤブラン 2011.8.24)
ヤブランは公園や庭にも植えられていますが、自生のものは山の木陰等で見られます。
雨上がりでヤブ蚊がぶんぶん飛んでいる里山の薮の中に咲いていました。まさにこれぞ「薮蘭」です。葉がランに似ているのでランの名がついていますが、ユリ科(新分類ではキジカクシ科)です。
蚊取り線香を腰にぶら下げ、防虫剤を付けていましたので蚊に好かれる私も刺されませんでした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2011年8月23日 (火)

コマツナギ

降り続いた雨がようやく上がりました。昨日までは涼しいく4日間でしたが、今日はまたむしむしする日になりました。
夕方散歩に出ました。シロバナサクラタデが咲き出しツルフジバカマ、センニンソウ、ツルボが見頃でした。
Komatunagi1108
     (コマツナギ 2011.8.23)
例年7月が見頃のコマツナギが奇麗に咲いていました。最近林道の法面などて大きなコマツナギを見かけますが、それは外来種のコマツナギです。
こちらは昔から見られる在来種のコマツナギで草本状の小低木です。
色の濃いコマツナギでした。

happy01
本日HPに「花ルバム58」をアップしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年8月22日 (月)

フシグロセンノウ

雨不足で早く一雨が降らないかと待っていましたが、降り始めたらよく降ります。今日も朝からしっかり降りました。
昨日、今日は散歩にも出られず写真も撮れません。
Husigurosenno1108
     (フシグロセンノウ 2011.8.16)
先週、ヒキヨモギを見に行った時に林の中に咲いていました。
センノウ属の学名リクノス (Lychnis)はギリシャ語のLychnos(炎)で、この仲間は朱赤色の花が多い事からつけられたそうです。
本州から九州に分布するする日本特産種ですが、この色の花はあまりありません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2011年8月20日 (土)

レンゲショウマ(蓮華升麻)

今日は観察会で「栃木県県民の森」に行ってきました。面積は973haもあり、標高600mから1200mの山でした。
一日中曇り空で歩くには気持の良い日でしたが花の端境期で目立った花はヤマジノホトトギス、コバギボウシ、キキョウくらいでした。
最後に沢沿いにレンゲショウマが沢山咲いていました。
Rengesyoma1108
     (レンゲショウマ 2011.8.20)
レンゲショウマは毎年、福島県との県境あたりでお盆残ろ見ていますが、今年は出かけませんでした。
思いかけず今年も見る事が出来ました。今日撮ったのはレンゲショウマだけでした。
レンゲショウマは花が蓮華(ハス)の花に似ていて葉がサラシナショウマに似ている事から付けられた名前です。
日本特産種で花言葉は「伝統美」だそうです。神聖な感じのする花です、

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2011年8月19日 (金)

ボタンヅル

Botannzuru1108     (ボタンヅル 2011.8.17)
散歩中、センニンソウの白い花が目につくようになりました。白い花が目に入ったので近づいてみるとセンニンソウではなくボタンヅルでした。
センニンソウとボタンヅルは花は良く似ていますので遠くから判別するのは難しそうです。目が悪くなった訳ではなさそうです。
キンポウゲ科ですので白い花びらのようなのは萼片です。
早朝散歩で見る花は生き生きしています。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2011年8月18日 (木)

コバギボウシ

Kobagibosi1108     (コバギボウシ 2011.8.16)
林道の脇の草むらにコバギボウシが涼しそうに咲いていました。湿地に生える事が多いですが、ここは林道脇でそう湿ってはいません。オオバギボウシも一緒に咲いていますが、オオバギボウシは花期が少し早いようでもう盛りを過ぎていました。
花は下から咲いていきますが、ふつう朝開き午後にはしぼむ一日花ですので一番下は終わっています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2011年8月17日 (水)

ヒキヨモギ

昨年は8月26日に見に行ったらちょっと遅めで花が見られなかったヒキヨモギを見ようと昨日行って見ました。残念ながらまたちょっと遅めでした。
以前、別の場所では8月28日に見頃でしたが、花の時期は難しいです。
Hikiyomogi1108
     (ヒキヨモギ 2011.8.16)
日当たりのよい草地に生えるゴマノハグサ科の植物で、こちらでは時々見る事があります。
ヒキヨモギの名の由来を調べて見ると葉がヨモギの葉に似ているからというのとヨモギに寄生するからという二つの説があるようです。
ヒキヨモギは半寄生植物で、葉緑素を持ち自分で光合成を行いますが、他の植物の根からも栄養を吸収するというしたたかな植物です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2011年8月16日 (火)

アリノトウグサ

Arinotogusa11081     (アリノトウグサ 2011.8.16)
和名は「蟻の塔草」でゴマ粒のような小さな花を蟻に、草全体を蟻塚に例えたと云います。日当りの良い草地で良く見かけますが、目立たず誰も花が咲いているとは思わず通り過ぎてしまう草です。秋に葉が奇麗に紅葉します。
赤い小さな粒が花です。ルーペで覗くと咲いているのが確認できます。
Arinotogusa11083
     (アリノトウグサの花 2011.8.16)
直径1、2mmの花ですが、アップで撮ると咲いているのが分かります。
花弁が反り返り雄しべが出ています。雄しべが先に成熟し、雄しべと花弁が落ちると雌しべが伸びてきます。写真は咲き始めの雄性期です。
アリノトウグサ科アリノトウグザ属です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2011年8月15日 (月)

オモダカ(面高)

Omodaka11081  (田んぼの中までオモダカが 2011.8.15)
散歩道の田んぼの稲も穂を出し始めました。休耕田では良く見られるオモダカですが、田んぼの縁でも見られます。
この田んぼは除草剤をあまり使わないのか田の真ん中まで沢山入り込んでいました。
Omodaka11082
   (田んぼの縁のオモダカ 2011.8.15)
オモダカは田んぼの代表的な雑草です。以前は「田の草取り」は夏の大事な農作業で、米作りで一番つらい作業でした。今は除草剤を使うので「田の草取り」を見かける事はありません。俳句の夏の季語ですが、死語になりつつあります。
おせち料理に使うクワイはオモダカの変種です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2011年8月14日 (日)

キキョウとダイコンソウ

Kikyo1108今日は朝からく蒸し暑い日になりました。片付けはお休みし、近くの山道を散策してきました。キキョウが一個だけぽつんと咲いていました。端境期で他には花はあまりありませんでしたが、気持良い風が吹いていました。
Daikonso1108
     (ダイコンソウ 2011.8.14)
タイコンソウが道の真ん中に沢山咲いていました。花が次々と咲くので長い期間咲いていますが、ぱらぱら咲いているので、纏まった花は撮れません。
2、3個の花を入れるの精一杯です。
近くの薮ではキツネノカミソリがひっそりと咲いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年8月13日 (土)

ヘクソカズラ

Hekusokazura11081     (ヘクソカズラ 2011.8.13)
2、3日前から早朝散歩でヘクソカズラの花が目立つようになりました。白色で縁取られた紅紫色の花はいつ見ても可愛い花です。花冠の内側も紅紫色です。北海道から九州まで分布してる何処でも見られる夏から秋にかけて咲く花です。
Hekusokazura11082
こうして見ると園芸種の花に負けませんね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2011年8月12日 (金)

夏はハマゴウを見ないと

家の修理などで海岸にも一ヶ月近く行っていませんでした。近くの海岸に咲いているハマゴウが気になり、家の片付けの合間を見て近くの海岸を覗いて見ました。
Hamago1108
     (ハマゴウ 2011.8.12)
やはり夏はこの花を見ないと落ち着きません。今年は花付きも良いようで一面に広がっていました。こちらもこの2、3日暑い日が続き、今日も暑い日になりましたが、ハマゴウは暑さを楽しんでいるようでした。

家の修復が9日に終わり、あちこちに移動してあった荷物の整理に汗を流しています。あと数日はかかりそうです。
その後は壊れた農機具入れ作りやブロック補修作業が待っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2011年8月11日 (木)

セリの花

Seri1108     (セリの花 2011.8.10)
休耕田で目立ったもう一つはセリの花でした。休耕田も水が在る場所ではこの時期、セリの小さな白い花が良く目につきます。
セリの仲間は花が皆同じで高山などでは名前を同定するのが難しいですが、田んぼのセリだけは直ぐ見分けがつきます。
セリ摘みをする人は多いですが、花は暑い時期なので見る人は少ないでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年8月10日 (水)

休耕田にオグルマ群生

昨日で家の修復工事が終わりました。秋までに出来れば良いと思っていましたので、思ったより早く終わりました。
Oguruma1108
     (オグルマ群落の一部 2011.8.10)
早朝散歩で休耕田に群生しているオグルマを見つけました。長靴を履いて行かなかったので靴もズボンも朝露でびっしょりになりましたが、良い花が見られたので仕方がありません。オグルマの群生を見たのは初めてです。
放射状に奇麗に並んだ舌状花が見事です。この舌状花を小さな車に見立て「小車」の和名が付いたそうです。
こちらでは良く似たカセンソウより1ヶ月近く遅く咲き始めます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年8月 9日 (火)

エノキグサ

Blogで植物紹介を始め5年半近くなりますので、再登場のものが多くなっています。
一方まだまだ紹介していない植物は沢山ありますが、タイミングが合わず未登場になっています。エノキグサもその一つです。
Enokigusa1108
     ↑(エノキグサ 2011.8.9)
8月になると道端で良く見られるトウダイグサ科の植物です。トウダイグサの仲間は地味な花が多いですが、その中でも目立たず誰に見てもらえない花です。そんな植物にも昔の人はちゃんと立派な名前を付けてくれました。
葉がエノキ(榎)の葉に似ているということでエノキグサと名付けました。
同じような所に生え、葉がエノキグサと良く似たクワクサは桑の葉にそっくりです。
Enokigusa11082
      ↑(雄花と若い実)
上部に穂状の雄花を付け、その基に編み笠状の総苞の抱かれ雌花が付きます。別名アミガサソウと言う名がありますが、編み笠状の総苞から付いた別名だそうです。雄花が編み笠に中に転げ落ち受粉するそうで、写真はもう緑色の実になっています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2011年8月 8日 (月)

オニドコロ(鬼野老)

午前中は電気屋さんが入り、今日の散歩は暑い午後からになりました。近くの山道を歩きましたが、ヤマユリが終わり花はあまりありません。見られた花はヒヨドリバナ、ヤマニガナ、イヌザンショウ、ハエドクソウ、キンミズヒキ、それにミヤマウズラ、シラヤマギクが咲き始めていました。
Onidokoro1108
     (オニドコロ 鬼野老 2011.8.8)
山野で良く見られるヤマノイモの仲間ですが、ヤマイモや長芋のように根が太りません。ヤマノイモに似ていますが、葉の付き方がヤマノイモは対生ですが、オニドコロは互生です。ヤマノイモの仲間はみな雌雄別株でこれは雄株です。
良く似たものにヒメドコロ、タチドコロがありますが、葉の形などで見分けられます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2011年8月 7日 (日)

オオイヌタデ

Ooinutade11082     (オオイヌタデ 2011.8.7)
タデの仲間は夏から秋にかけて花を咲かせるものが多いです。そんな中でこちらでは比較的早くから見られます。
早朝散歩のとき川辺に咲いていたものです。
イヌタデ同様、何処でも普通に見られるタデです。
Oointade11081
背が高く、花序は長くて先は垂れ下がります。花の色は淡紅色と白色があります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2011年8月 6日 (土)

クサネム

昨日で大工さんの作業と外壁塗装がが終わりました。後は内装だけになり先が見えてきました。
今日は職人もこないので、久しぶりでだんぽに出かけゆっくり花観察してきました。
Kusanemu1107
     (クサネム 草合歓 2011.8.6)
草いきれでむっとする休耕田にクサネムが茂っていました。花は淡い黄色なので目立ちませんが良く見ると結構咲いています。
小さい花ですので近寄ってアップで撮るしかありません。この色合いは日本人好みではないでしょうか。ネムの葉に似た葉も赤っぽく縁取られでおりなかなか奇麗です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年8月 5日 (金)

クサギ

Kusagi1108     (クサギ 臭木 2011.8.5)
葉が何とも言えないいやな臭いがするので臭木という名がついたそうですが、花は甘い強い香りがします。
家の近くを散歩中見たものですが、山道や荒れ地など日当りの良い場所ではあちこちで良く見られます。真夏の貴重な花です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年8月 4日 (木)

鳥海山の花5

Benibanaitigo11071     (ベニバナイチゴ 2011.7.29)
キイチゴの花といえば白い花ですが、名前の通り濃い紅色の花のキイチゴです。北海道、本州中部地方以北の日本海側の亜高山から高山に分布します。
雪渓の脇に群生していました。昨年は雨が強く撮影できませんした。
実は真っ赤でおいしそうですが渋みが強いそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年8月 3日 (水)

鳥海山の花4

Togebuki1107     (トウゲブキ 2011.7.29)
Blog初登場です。良く似たマルバダケブキは良く見るのですが、トウゲブキはあまり見ていません。東北の高山で見られますのでしばらく東北の高い山に行っていないということですね。
メタカラコウの仲間でマルバダケブキと比べると背丈も低く、花も葉も半分くらいの大きさで優しい感じがします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年8月 2日 (火)

鳥海山の花3

Yotubasiogama11072     (ヨツバシオガマ 2011.6.29)
これも夏の中部地方から東北地方の亜高山から高山帯で見られるおなじみの花です。その年の雪解けの時期により花期がかなりずれるようです。標高の高い所では盛りを過ぎていました。
色が薄めで優しい感じの株を撮りました。
Yotubasiogama11071
4個の輪生した葉も奇麗で、花とのバランスが気に入っています。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2011年8月 1日 (月)

鳥海山の花2

石川県の白山は日本有数の花の山としても知られ「ハクサン」の名が付く植物は多く、各地の高山でハクサンの名のついた花が良く見られます。
鳥海山でもハクサンイチゲ、ハクサンシャジン、ハクサンオミナエシ、ハクサンフウロ、ハクサンシャクナゲが見られました。
Hausanitige1107
     (ハクサンイチゲ 2011.7.29)
夏の高山の代表的な花で、真白な花(顎片)は何度見ても感激する花です。
少し遅いので見られないかもしれないと思っていたのですがなんとかとまだ奇麗な花が残っていてくれました。周りにはチングルマ、イワカガミ、アオノツガザクラなどが咲いていました。
Hakusansyasjin1107
     (ハクサンシャジン 2011.7.29)
中部地方以北の亜高山から高山帯に生育する日本固有種で、ツリガネニンジンの高山型です。
ちょうど見頃で草地に色の濃いものや薄いものなど数多く見られました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »