« アリノトウグサ | トップページ | コバギボウシ »

2011年8月17日 (水)

ヒキヨモギ

昨年は8月26日に見に行ったらちょっと遅めで花が見られなかったヒキヨモギを見ようと昨日行って見ました。残念ながらまたちょっと遅めでした。
以前、別の場所では8月28日に見頃でしたが、花の時期は難しいです。
Hikiyomogi1108
     (ヒキヨモギ 2011.8.16)
日当たりのよい草地に生えるゴマノハグサ科の植物で、こちらでは時々見る事があります。
ヒキヨモギの名の由来を調べて見ると葉がヨモギの葉に似ているからというのとヨモギに寄生するからという二つの説があるようです。
ヒキヨモギは半寄生植物で、葉緑素を持ち自分で光合成を行いますが、他の植物の根からも栄養を吸収するというしたたかな植物です。

|
|

« アリノトウグサ | トップページ | コバギボウシ »

野の花」カテゴリの記事

コメント

hal-coさん

千葉県のヒキヨモギ情報有り難うございます。
そちらでは7月から咲いているんですね。
私もヨモギに半寄生しているには?を持っています。
別の場所を調べて見ます。
茨城県植物誌ではふつうに見られるとなっていますが、だんだん減って来ているように感じます。

昨年まで市内で見られた絶滅危惧種のマツバニンジンが今年は見られません。復活できるのを期待していますが心配です。

投稿: やまそだち | 2011年8月18日 (木) 22:17

千葉でもヒキヨモギは局所的に群生していて,ある場所にはたくさんあり,自生場所が限定されているので,やまそだちさんのおっしゃるように「気むずかしい」のでしょうね。
千葉では7月上旬から8月上旬が開花期のようです。

ただ,ヨモギの生えていない場所に多いので,やはり葉っぱがヨモギに似ているということが大きいのかもしれません。
とくに開花前の葉っぱはおいしそうなヨモギですものね。

千葉の観察場所では,ヒキヨモギはマメ科植物に頼っているように感じています。
クズやハギ類(マキエハギとか)がはびこる乾燥地に喜んで繁殖しています。
そんな場所で,ヒキヨモギとコシオガマが群生している千葉です。

投稿: hal-co | 2011年8月18日 (木) 17:01

アッキーマッキーさん

毎年、結構歩いている場所でも毎年新しい発見がありますね。
私もまだまだ見たt事の無い花が多いです。

投稿: やまそだち | 2011年8月18日 (木) 07:22

ほととぎさん

こちらでは林道で時々見かけます。
場所により花期が違うようですので、以前8月末に群落を見た場所も覗いて見ます。
そういえば、ママコナも半寄生植物ですね。

投稿: やまそだち | 2011年8月18日 (木) 07:20

Frtank-Ken

この林道は大分前にも見ている場所で昨年、花が終わっていたので今年は早めに行って見ました。
ヒキヨモギは群落で見られたと場所の翌年行ってみると消えている事があり、なかなか気難しい植物のようです。
こちらではオオヒキヨモギは見たとこがありません。愛知県でみています。

投稿: やまそだち | 2011年8月18日 (木) 07:17

こんばんは。
ヒキヨモギ、初めてのように思います。
世の中には知らない花もいっぱいありますね。

投稿: アッキーマッキー | 2011年8月17日 (水) 23:07

めったに見ない花です。
各地で、絶滅危惧種では?

ところで、新分類では、ヒキヨモギは、シオガマギクやママコナ、コゴメグサなどと一緒に、ハマウツボ科になるのですね。
なんとなく、納得できます。

投稿: ほととぎ | 2011年8月17日 (水) 22:42

 よく見つけましたね〜〜〜 私の方ではオオヒキヨモギがあったのですが、路肩の舗装工事で生育チが潰されてしまいました。そして代りに生えてきたのが中国由来の巨大コマツナギでした。とほほほほ。

投稿: Frtank-Ken | 2011年8月17日 (水) 20:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156031/52499551

この記事へのトラックバック一覧です: ヒキヨモギ:

« アリノトウグサ | トップページ | コバギボウシ »