« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

ようやくヒガンバナ

ヒガンバナは大抵はお彼岸には咲いてくれるのですが、今年は昨年よりさらに遅れようやく見頃になりました。
こちらのヒガンバナは田んぼの畦に咲いているものが多いです。今日は市内の北の方の田んぼを廻って見ました。ほぼ稲刈りは終わっていました。
(昨日、農家に頼んでおいた新米が届き、早速コイン精米機で精米して食べました。やはりおいしい^_^;)
Higanbana1102
↑車を運転しているとこんな風景が続きます。
Higanbana1101
↑今年は天日乾燥が目立ちます。こちらでは「おだがけ」と言います。
Soba1109
     ↑(ソバの花)
そば畑の脇にも咲いています。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2011年9月29日 (木)

赤、白、黒の実

那須では花は少なかったので実の紹介です。
Turutuge1109
     ↑(ツルツゲ 9.27 那須)
イヌツゲに似ていて、つる状で地面を這うので付いた名前です。葉はイヌツゲに似ていますがイヌツゲの実は黒色です。真っ赤な実が輝いていました。
Siratama1109
     ↑(シラタマノキ 9.27 那須)
真白な実は良く目立ちます。さわやかな良い名前を付けてもらいましたね。
花は形はドウダンツツジ似ており、薄緑色で6、7月に咲きます。
葉っぱはサロメチールの香りがします。
Gankoran1109
     ↑(ガンコウラン 9.27 那須)
あちこちにマット状に広がっていますが、実を付けたものは少ないです。図鑑では「あまりおいしくない」と書いてありますが、熟すと甘くておいしいです。今回も鳥さんにお裾分けしてもらい3個ほど頂きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年9月28日 (水)

イワインチン

那須の山はこの時期になるとエゾリンドウも終盤です、お目当てのイワインチンもほぼ終盤、マツムシソウ、オヤマボクチの花がかろうじて残っていました。
Iwaintin1109
     (イワインチン 9.27)
キク科は陸上植物の最大の科で日本のは370種以上在るそうです。イワインチンはリュウノウギクやアワコガネギクと同じキク科キク属です。
日本固有種で本州の中部地方以北の高山の岩場や砂礫地に生えています。我が家から一番近くで見られるのが那須山です。
Iwaintin11092
8月末から9月中旬までが見頃ですが、数株ほどまだ奇麗な花が待っていてくれました。
葉は繊細に切れ込み、葉の表は緑、裏は白できれいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年9月27日 (火)

那須の山も秋晴れ

先週予定していた那須は雨で行けなかったので急遽、今日行ってきました。一週間遅れたので、お目当てのイワインチンはあきらめていましたが、数株だけなんとか残っていました。花の紹介は明日、今日はコンテジで撮った秋空です。
Nasutyausu_4    ↑(ガスが吹き出す茶臼岳)
昨年までは朝6時に登山口にいっても駐車できませんでしたが今年は駐車場はガラガラです。
南月山頂で出会った群馬の方の話によると友人を那須に行こうと誘ったら放射能が高い福島の山には行かないと言われたそうです。原因はこれです。
Nasuasahi
     ↑(那須最高峰朝日岳)
素晴らしい秋晴れですが、こちらも登山者は少ないです。
Kariyasumodoki
     ↑(カリヤスモドキでしょうか?)
下山道ですが、出会ったのは7、8人でした。
あと10日もすると奇麗な紅葉が始まります、是非那須にお出かけ下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年9月26日 (月)

ヒヨドリジョウゴ

Hiyodorijyogo1109     (ヒヨドリジョウゴ 2011.9.25)
9月7日に紹介したヤマホロシとそっくりの花ですが、ヤマホロシは花の色が紫色でしたがこちらは白い花を咲かせます。
林の縁などで他の植物に絡まっているのが良く見られます。田んぼ脇の薮に生えていました。
全体に軟毛が生えているのもヤマホロシとの違いの一つです。花びらは思いっきり反り返っています。ヒヨドリがこの実を好んで食べると言われていますが??です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年9月25日 (日)

シモツケコウホネ

Kohone1109_2      (シモツケコウホネ 2011.9.25)
昨年見そこなったシモツケコウホネを見に下野の国まで行ってきました。
台風の大雨で花は駄目かと半分はあきらめていたのですが、奇麗な花が見られました。
栃木県で発見された新種とし話題になり訪れる人も多いようですが、この時期は誰もいませんでした。
他のコウホネは水上葉をつけますが、シモツケコウホネは水中葉しか付けません。ワカメのように見えるのが葉です。
Kohone11092_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2011年9月24日 (土)

チカラシバ

Tikarsiba1109     (チカラシバ 2011.9.24)
毎年この時期、この草に試験管ブラシのような穂が出て来ると子供の頃を思い出します。
「力芝」の名の通り、丈夫で両手で引っ張っても抜けません。野道のちょっと離れたの株2つを上の方でしばります。人が通るとこれにひっかり転びます。こんないたづらも遊びの一つでした。
今は野道で遊ぶ子供は見かけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年9月23日 (金)

クコ(ナス科)

Kuko1109     (クコ 2011.9.23)
クコはこちらの海岸に沢山生えていますが、何故か花の写真は11月に撮っています。、図鑑を見ると花期は7月から11月となっています。
9月から10月上旬はあまり海岸を歩いていないせいかもしれません。
そういえばいつも花と実と一緒に撮っていました。
クコは中国原産でクコの名前は漢名の「枸杞」を音読みしたものだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年9月22日 (木)

ヒナタイノコズチ

今日は台風一過の青空とはいきませんでしたが3日ぶりで散歩に出ました。近くの久慈川の水が増水していて何時も渡る橋は水没していました。
Hinatainoko1109_2
     (ヒナタイノコズチ 2011.9.22)
種がズボンなどに付くのでどちらかと言うと嫌われものの草で、花もめだちません。でも根を乾燥したものは利尿、強精に用いるそうですので昔から知られている草だったのでしょう。
Hinatainoko11092
花が咲いているようには見えませんが良く見るとこんな花が咲いています。花被片が5個でおしべが5本です。
萼と花弁をまとめて花被と言い、がくと花弁の区別がつかないときなど花被と呼ぶそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2011年9月21日 (水)

コウヤワラビ

台風15号が関東地方にも直撃のようで、雨風が強くなってきました。地震で痛んだままの家も多いので被害がない事を祈っています。
関東に上陸することは滅多にないので学校も午前中で下校になりました。
Koyawarabi1109
     (コウヤワラビ 2011.9.18)
湿った所がすきなシダで田んぼの脇に群生していますので身近なシダです。
葉の色が緑というより黄緑色なのでやさしい感じがします。
シダは暖かい地方の方が多いのですが、コウヤワラビは南では少ないようです。
シダは葉の裏に胞子がつくものが多いのですが、コウヤワラビは栄養葉と胞子葉(穂のように立っているもの)が別にでます。

happy01
本日HPを更新しました。(花ルバム59をアップ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年9月20日 (火)

5回通って見られた花

こんなタイトルにすると、どんな立派な花かと思うでしょう。最初に見かけたのは9月7日、田んぼ脇の散歩道です。葉がカラスノゴマに似ていますが、花の付き方が違います。蕾は沢山ありますが、花は咲いていません。
Kingojikayubomi
     ↑(9月7日 午後)
家に帰り、帰化植物図鑑を調べて見るとアメリカキンゴジカのようです。以前、屋久島で見ています。
9月9日、朝の散歩の帰り7時過ぎに覗いて見ましたが咲いていません。
インターネットである方のBlogに11時頃満開になるとありましたので、9月9日、11時前にまた行って見ました。やはり咲いていません。
Kingosika9120910
     ↑(9月12日 9時10分)
4回目は12日の9時過ぎ、咲いていません。
こうなったら根気比べです。
Kingojika902
     ↑(9月13日 8時39分)
5回目、翌日8時過ぎようやく見られました。
花は咲き始めるのが8時過ぎ9時には閉じてしまいました
その日の天気の状況、日当り具合により開花時間が微妙にずれるようです。

| | コメント (11) | トラックバック (0)
|

2011年9月19日 (月)

アゼナ

田んぼや休耕田の花がにぎやかになってきました。チョウジタデ、イボクサ、コナギ、ミゾカクシ、コケオトギリ、タカサブロウ、ヒメジソなどなど・・・
Azena1109
     (アゼナ 2011.9.18)
田んぼや休耕田などで見られるのは北アメリカ原産のアメリカアゼナが多いのですが、この休耕田では在来種のアゼナガが沢山咲いていました。
花は淡紫色や白色ですが色の濃いものがぽつりぽつりと見られました。
花は6、7mmと小さいので撮りにくい花です。
Azena11092

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年9月18日 (日)

ツリバナ(吊花)

昨日の観察会は日光の半月山でしたが、ガスと小雨が降り、生憎の観察会でした。花も少なく撮影はツリバナの実一枚だけでした。
Turibnami1109
     (ツリバナ 9.17)
あちこちで見ていますが、Blog初登場です。風に揺られピントがいまいちですが吊花の雰囲気を味わって下さい。5、6月に淡紅色の花を咲かせます。
果実は熟すと真っ赤になり5裂し、5個の橙色の実が顔を出します。
良く似たオオツリバナの実には稜があり、ヒロハツリバナの実には大きく張り出した4個の翼があります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年9月16日 (金)

シラヤマギク

今日の散歩は近くの山道です。先日数個だったタチフウロの花が沢山さいていました。シヤヤマギクが大分咲き出していました。真っ白な花びらは数はすくないですが、清楚で園芸種にはないおもむきがあります。
Sirayamagiku11091
     (シラヤマギク 2011.9.16)
下の方の葉には翼のある長い柄があり、大きな心形で特徴があります。
でも、背丈が1m以上になりますので下の葉は一緒に撮れませんね。
Sirayamagiku11092
野菊の季節到来です。
happy01
明日は観察会で出かけますのでお休みです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2011年9月15日 (木)

アズキとヤブツルアズキ

私達が食べている野菜や穀類は殆どが野生のものを改良したものではないでしようか。
ヤブツルアズキがあちこちで奇麗な花を咲かせています。ヤブツルアズキを改良したものがアズキだそうです。
散歩中に畑に咲いていた小豆と薮に咲いていたヤブツルアズキを並べて見ます。こうして見るとそっくりです。
Yabuturuazuki1109
     (ヤブツルアズキ 9.13)
Azuki
     (アズキ 9.13)
やはり実のつきはアズキのほうが良いようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年9月14日 (水)

メハジキの大群落

先日、友人から「メハジキが沢山咲いている場所を見つけた」とメールが入りました。メハジキは見られそうでなかなか見られないので昨日出かけました。
残念ながら花期は過ぎていましたが、山間道路の斜面一面がメハジキでした。以前,この道路の一角で数株を見たことがあります。
Mehajiki11091_2     (斜面一面のメハジキ 9.13)
見にくいですが、うっすらピンク色に見えるのが全部メハジキです。
Mehajiki1109_2こんな株が道端にずらっと並んでしました。
Mehajiki11092 良さそうな花をアップで撮りました。メハジキハは結構色が濃いですね。
メハジキは翌年消えてしまうことがあるので来年はどうでしょうか?

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2011年9月13日 (火)

苔むす林床

標高2100mのモミ・コメツガの林は林床がコケに覆われとても気持が良いです。色々なキノコも目につきます。皆に遅れない程度に時々カメラを向けました。
Gozentatibana11092
     (ゴゼンタチバナ 9.11)
コケの間から真っ赤な実ゴゼンタチバナの実が木漏れ日を浴び光っていました。
Mannensugi1109
     (マンネンスギ 9.11)
マンネンスギはシダですが、こうしてみると杉の小苗に良く似ていますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年9月12日 (月)

久しぶりの登山

10日朝自宅を出発、その日は稲子湯〜ミドリ池〜本沢温泉(泊)、11日は本沢温泉〜東天狗岳〜西天狗岳〜東天狗岳〜中山峠〜ミドリ池〜稲子湯
と久しぶりの本格登山^_^;をしてきました。
私の山歩きは大抵コースタイムの倍以上かけて、花を見ながらのものですので山のベテラン3人との登山はついていくのが大変でした。
Nisitengudake
    (東天狗岳から阿弥陀岳、赤岳を望む 9.11)
Kokemomomi1109
     (コケモモの実 9.11)
花はもうすっかり終わり、コケモモ、シラタマノキなどの実が見られました。
Urasimatutuji1109
     (ウラシマツツジ 9011)
この時期高山にはいっていませんのでウラシマツツジの紅葉を見るのは初めてです。右後ろの実はガンコウランです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年9月 9日 (金)

ウリカワ

Urikawa1109     (ウリカワ 2011.9.8)
オモダカと同じ仲間で田んぼや沼などに生えます。散歩途中の休耕田に咲いていました。続いた雨で水が溜まっており長靴を履いていかなかったので中に入れず、手を伸ばして撮りました。
こちらではあまり見かけません。Blogも初登場です。
花がもう終盤のようです。今度は長靴を履いて行って見ます。

happy01
明日、明後日はお休みします。
友人の登山グループに参加させてもらい北八ヶ岳の天狗岳に行ってきます。花はもうないでしょうが。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2011年9月 8日 (木)

ヤマホロシ

Yamahorosi1109     (ヤマホロシ 2011.9.5)
花を見ただけでナスの仲間であるのが分かります。花は小さく目立ちませんが実は球形で真っ赤でとても奇麗です。
植物には良く似たものがありますが、ヤマホロシに良く似たものにヒヨドリジョウゴがあります。ヤマホロシの花の色は淡紫色ですが、ヒヨドリジョウゴは白色です。実はそっくりですが、ヒヨドリジョウゴは茎に軟毛が密生しています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2011年9月 7日 (水)

スズメウリ

Suzumeuri1108     (スズメウリ 2011.9.4)
鳥の名前のついた植物も沢山ありますが、スズメの名のついたものはイネ科に多くみられます。
直径6mmほどの真っ白な花は近くに行かないと目に入りません。実も直径1cmくらいですが、葉が枯れてしまうと、球形の灰色の実は良く目につきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年9月 6日 (火)

キツネノマゴ

Kitunenomago1109     (キツネノマゴ 2011.9.5)
面白い名前の植物ですが、これから10月頃まで道端で良く見られます、花がポツリポツリと咲き上がってくるので見逃している人も多いようです。
本州なら何処でも普通に見られると思っていましたが、宮城県の方から地元では見られませんとコメントを頂きました。宮城県では絶滅危惧種のようです。
琉球にはキツネノヒマゴというのがあります。西表で見たのがそれだったようです。

| | コメント (12) | トラックバック (0)
|

2011年9月 5日 (月)

タチフウロ

フウロソウというと亜高山から高山に咲くハクサンフウロが浮かびますが、当県ではフウロソウの仲間(フウロソウゾク属)はゲンノショウコ、アメリカフウロ、コフウロ、タチフウロしか見られません。
Tatihuuro1109
     (タチフウロ 2011.9.4)
タチフウロは当地では珍しくはありませんがそう多くは見られません。
家から歩いても4、50分の山の草むらに毎年咲かせます。
ひょろっと伸びて草に寄りかかるように咲いています。今年は道路脇の草刈りがされなかったので5、6株ほど花をつけていました。
Tatihuuro11092
緑の草むらがバックなので淡紅紫色の花はひときわ奇麗に浮き立ちます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2011年9月 4日 (日)

白い花のツルマメ

ヤブツルアズキ、クサネム、ヤブマメなどマメ科の花が賑やかになってきました。
Turumamesiro
     ↑(ツルマメの白花 2011.9.4)
マメ科の中では花が小さくあまり目立たない淡い紅紫色の可愛い花を咲かせます。畑の脇の草むらで真っ白なツルマメを見つけました。
白花に出会ったのは初めです。紅紫色を見慣れていますのでちょと感じが違います。
Turumame1108
紅紫色の株と白花の株が仲良くから見合っていました。
大豆の原種と云われていますが、大豆の白い花も見てみたいです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2011年9月 3日 (土)

ハグロソウ(葉黒草)

今日は台風12号の影響で急にスコールのような雨が度々降る一日でした。四国・中国・近畿地方の皆様に被害がでませんように。
昨日は曇ったり晴れたりのお天気でしたのでハクロソウを見に行ってきました。
当地のハグロソウは7月から咲き始めますので、見頃は8月中旬です。もう遅いのを覚悟で出かけました。
Haguroso1109
     (ハグロソウ 2011.9.2)
この場所はあちこちに群生しています。ほとんど実になりかけでしたが、個体数がおおいのでまだ花がポツリポツリと残っていました。
薄暗い草むらですので蚊取り線香を下げての観察ですが、それでも虫が寄ってきます。
鮮やかな紅紫色で花びらは2唇形であかんべーをしている変わった花です。
緑の中ですの小さい花ですが良く目立ちます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2011年9月 2日 (金)

白馬八方尾根

白馬の二日目(29日)は八方池まで登ってきました。花の最盛期は過ぎていましたが八方は花が多いです。ウメバチソウ、タカネマツムシソウ、タムラソウ、イワショウブ、ミヤマダイモンジソウは奇麗に咲いています。
シモツケソウ、ハクサンシャジン、クモマミミナグサ、ミヤマウイキョウ、オニアザミ、カライトソウ、クルマユリ、キンコウカ、ハッポウタカネセンブリ等もまだ咲いていました。
Miyamakogomegusa1108
     (ミヤマコゴメグサ 2011.8.29)
Sinanootogiri1109
     (シナノオトギリ 2011.8.29)
Kumomamiminagusa1109
     (クモマミミナグサ 2011.8.29)

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2011年9月 1日 (木)

白馬尻の花

Kurotohiren     (クロトウヒレン 2011.8.29 白馬尻)
アザミに良く似ていますが、この仲間(トウヒレン属)には茎や葉に刺がありません。アザミ属と同じく似たものが多く名前の同定は難しいです。
クロトウヒレンは亜高山帯から高山帯に生育し、総苞が暗紫色で葉の基と茎に翼が目立ちます。
Mitubabenkei11082
     (ミツバベンケイソウ 2011.8.29 白馬尻)
山地の岩礫地などで良く見かけます、淡黄緑色の目立たない花ですのでアップで撮らないと花の様子は良く見えません。
葉が3枚輪生するので三葉の名前が付いていますが、4枚のもの在りました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »