« 久しぶりの登山 | トップページ | メハジキの大群落 »

2011年9月13日 (火)

苔むす林床

標高2100mのモミ・コメツガの林は林床がコケに覆われとても気持が良いです。色々なキノコも目につきます。皆に遅れない程度に時々カメラを向けました。
Gozentatibana11092
     (ゴゼンタチバナ 9.11)
コケの間から真っ赤な実ゴゼンタチバナの実が木漏れ日を浴び光っていました。
Mannensugi1109
     (マンネンスギ 9.11)
マンネンスギはシダですが、こうしてみると杉の小苗に良く似ていますね。

|
|

« 久しぶりの登山 | トップページ | メハジキの大群落 »

野の花」カテゴリの記事

コメント

yuukoさん

シダ和名辞典を見てみると、古くは常緑であることからマンネングサと名つけられているようです。
杉ににていて常緑であることからマンネンスギになったようです。

投稿: やまそだち | 2011年9月16日 (金) 20:14

マンネンスギは どうしてマンネンなのでしょうね
いつも変わらず緑色だから?
ほんとうにスギの苗のようですね

投稿: yuuko | 2011年9月16日 (金) 19:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156031/52721004

この記事へのトラックバック一覧です: 苔むす林床:

« 久しぶりの登山 | トップページ | メハジキの大群落 »