« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

コウヤボウキ

Koyaboki11102     (コウヤボウキ 10.30 日立市)
当地(日立市)の山ではコウヤボウキは何処でも見られます。今年は花が昨年より一週間程早いようです。毎年、花の時期が微妙に違いますのでこまめに通わないとなかなか良い花に出会えません。
枝分かれが多く、枝先に咲きますの。花は多いのですが、あちこち向いていて撮りにくい花です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年10月30日 (日)

ヤクシソウ

Yakusiso1110     (ヤクシソウ 10.29 日立市)
この時期、山野で黄色い花が見えるとヤクシソウの事が多いです。
花付きが良いので遠くからでも黄色が目立ちます。
こちらでは今の時期が最盛期ですが、11月になっても結構咲いています。越年草なので冬から春先にロゼットが見られますが色も形も色々でヤクシソウとは思えない感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月29日 (土)

キッコウハグマ(亀甲白熊)

Kikohaguma11101     (キッコウハグマ 11.29 日立市)
キコウハグマはこちらの山には結構ありますが、閉鎖花(蕾のままで花は開かないで自家受粉し果実になる花)が多く開いた花は少なく、ここ2年程花は少なく不作でした。
今年はしばらくぶりで花が見られるのではと出かけました。予想通り今年は花が当たり年のようで、しばらくぶりで花が沢山開いていました。
Kikohaguma11102
葉の形が亀の甲羅に似ているとこ ろから亀甲白熊の名前が付けられたといいます。
花は直径1cmほどの小さい花ですが、ハグマの中では特に気に入っている花です。良く見ると一つの花は3個の小花からなっているのが分かります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2011年10月28日 (金)

イヌガラシ

Inugarasi1110     (イヌガラシ 10.26)
今の時期、田んぼの畦に沢山咲いています。アブラナの仲間でやや湿った草地や道端でも良く見られ、黄色い直径4、5mmの小さな花を春から秋まで次々と咲かせます。可愛い雑草です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月27日 (木)

アキノノゲシ

散歩中にはセイタカアワダチソウ、ヤクシソウ、イヌガラシ、オオジシバリ、ノゲシ、オニノゲシなど黄色い花が色々目にに入ります。そして淡い黄色のアキノノゲシもあちこちで咲いています、みんなキク科ですね。
Aikinonogesi1110
     (アキノノゲシ 10.26 日立市)i
花の色が淡くなっただけで同じ黄色でも優しい上品な感じになりますね。葉もノゲシと比べると緑が薄く感じます。
うさぎが好んで食べるのでウサギクとか、葉や茎から乳液がでるのでチチクサなととも呼ばれています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年10月26日 (水)

ミツバアケビの実

実りの秋です。散歩中ミツバアケビの実が割れているのを見つけました。
撮影後、6個ほど頂き、うっすら甘い果肉を楽しみ、皮は細切りにし油で肉と炒めて味噌をからめ夕食のおかずになりました。
Mitubaakebi1110
     (ミツバアケビの実 10.25 日立市)
葉が写っていませんがミツバアケビです。果実はふつう写真のように3個付きます。熟すと紫色になるのですが、まだ色がついていませんでした。
今まで見た中ではミツバアケビの方がアケビより実が大きいものが多いように感じます。食用に栽培されているのはミツバアケビのようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年10月25日 (火)

ハマギク

ハマギクというとやはり海を入れたものを紹介したいのですが、今年は海を入れて撮れる場所のものがあまり良くありません。
季節の便りとしては、やはりハマギクはかかせませんので、何時もとは違う雰囲気のものをお届けします。
Hamagiku11103
     (ハマギク 10.24 日立市北部海岸)
砂浜近くの草むらなどにも生えていますが、やはり岸壁に張り付く大きな株がいかにもハマギクという感じがします。しかし最近、崖が崩れ少なくなって来ています。
高い崖に寄り添うように小さな株が咲いていました。遠いので200mmレンズで撮りました。
Hamagiku11104
     (ハマギク 10.24 日立市中央部海岸)
砂浜の近くの草むら、テトラポットがあり三脚がたてられないのコンデジで撮りましたので雰囲気が少し違います。砂浜近くには植栽のものもありま。
(これは自生です)

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2011年10月24日 (月)

再びツワブキ

どうもお天気がはっきりしません。朝からどんより曇っています。一週間まえに咲き始めていたハマギクが気になります。我慢できず出かけました。
ハマギクはこの一週間で満開状態です。でも毎年撮っているポイントは花がまばらではずれでした。
先週、海をバックにツワブキが撮れなかったので別の場所で再挑戦しました。風が強く、大分粘りましたがピントはいまいちです。
Tuwabuki11102
     (ツワブキ 10.24 日立市海岸)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年10月23日 (日)

ツルリンドウの実

Tururindo1110     (ツルリンドウの実 10.21 大子町)
今日も小雨模様のお天気になりました。フィールド観察はお休みですので、一昨日撮ったツルリンドウの実です。絡み付くものが無いため落ち葉を這うように伸びていました。
紅紫色の実はちょっとどぎつい感じがしますが、濃い緑の葉の色合いと調和しているようです。実なりが良いので「花の時期は良かっただろうなあ」と想像しながら撮りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年10月22日 (土)

センブリ

Sennburi11102     (センブリ 10.21 大子町)
画像をクリックすると大きくなります。
こちら日立市近辺では10月中旬過ぎからあちこちでセンブリが咲き出します。しかし、毎年同じ場所に行っても良い花が見られるとは限りません。
草刈りで刈られてしまったり、逆にしばらく手入れがされなく薮になったりで見られないこともあります。それでも何カ所か廻ればそれなりの株は見られます。   
Sennburi11101
低地で咲くセンブリの仲間にはムラサキセンブリ、イヌセンブリがありますが、マイフィールドにはムラサキセンブリはありません。イヌセンブリは記録にはありますがまだ地元では見ていません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2011年10月21日 (金)

アキノキリンソウ

秋は足早に進んでいます。明日、明後日は雨の予報、今日は曇り空ですが貴重な一日ですので山にでかけました。
今日、写真を撮ったのはミヤマシキミの実、センブリ、ナギナタコウジュ、ツルリンドウの実、オヤマボクチ、アキノキリンソウ、ユウガギク、ノコンギク、センダイトウヒレンでした。
どれにしようかな〜
Akinokirinso1110
     (アキノキリンソウ 11.21 大子町)
セイタカアワダチソウと同じ仲間で、別名アワダチソウと言う名が付いています。
セイタカアワダチソウは好きになれない人が多いようですが、アキノキリンソウはどうでしょうか?
秋季の茶花には欠かせない草花のようですから日本人好みの花ではないでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年10月20日 (木)

野菊の季節

田んぼ脇ではユウガギクが、山道ではシラヤマギクが大分前から咲き出しています。当地で次ぎに咲き出すのはノコンギクとシロヨメナです。
家の近くの山を歩いて見ました。シロヨメナが大分咲いていました。ノコンギクもあちこちで咲き出し、いよいよ野菊のシーズンです。
Siroyomena1110
     (シロヨメナ 11.20 日立市)
この山のシロヨメナは花が小振りなものと大きな花弁のものがあります。
この写真は花が大きなタイプのものです。リュウノウギクにも負けない真っ白な見事な花でした。
ヨメナの名前がついていますが、ヨメナ属ではなくノコンギクと同じシオン属なのでそう果に長い冠毛があります。
Nokongiku1110
     (ノコンギク 11.20 日立市)
山の入り口に咲いていたものです。シロヨメナは山で見かける事が多いですが、ノコンギクは人里でも多く見られます。
シロヨメナと比べると葉がざらざらし硬い感じです。花の色の変異が多いので好きな野菊です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2011年10月19日 (水)

ゲンノショウコ

Gennosyok1110     (ゲンノショウコ 10.17 日立市)
夏から咲き続けているゲンノショウコの花もそろそろ終盤です。フウロソウの仲間です。(フウロソウ科フウロソウ属)
この仲間はみな**フウロと言う名が付いていますが、ゲンノショウコだけが仲間はずれの名前です。
人里で見られるフウロソウの仲間としては帰化種を除くとゲンノショウコだけであとは山地や高山に生育しています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2011年10月18日 (火)

ツワブキ

Tuwabuki1110     (ツワブキ 10.17 日立市)
毎年、海をバックに撮るのですが、いつのも場所は地震で崩れて近寄れませんでした。
工事道路から近寄り、岸壁にはり付くように咲いている株を正面からアップで撮りました。他の場所は咲き始めでしたが、岩陰で風があまりあたら無いのかここだけは見頃になっていました。
艶蕗からツワブキに転訛したと云います。青々とした色鮮やかな、つややかな葉でした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2011年10月17日 (月)

ウンラン

Unran1110     (ウンラン 10.17 日立市)
市の北部の海岸に出かけてみました。今日は気温が24度近くあり、汗ばむ陽気で海からの風が心地良く感じました。
砂浜に咲くウンランは10月一杯は見られますが、もう終盤で花びらが落ちているものが多かったです。園芸種に負けない可愛い花です。
Unrann11102
座り込んで撮っていると「何というに花ですか?」と声をかけられました。

「海の蘭と書く「ウンラン(海欄)と云う花です」「蘭ですか?」「蘭では無いのですが、蘭の花に似ているので付けられた名前です」
よくあるやりとりです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2011年10月16日 (日)

ハチジョウナ

今年のハマギクの様子を見ようと久しぶりで海岸に行って見ました。ツワブキが咲き始め、ハマギクもちらほら咲き始めていました。
ハマギクは例年並のようですので北部では週末頃から見頃になりそうです。
Hatijyona1110
     (ハチジョウナ 10.14 日立市)
ハマギクは来週の楽しみにして砂浜脇の草むらに咲いていたハチジョウナを撮ってきました。花期は夏から秋ですが、何故かこの時期、この場所でしか見ていません。巡り会わせでしょうか。
ノゲシの仲間ですので花の大きな海岸のノゲシといった感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月15日 (土)

トキワハゼ(常磐はぜ)

Tokiwahaze1109     (トキワハゼ 10.14 日立市)
「常磐はぜ」の名前の通り、一年中咲いていますが、稲刈りが終わると田んぼの畦に沢山咲き出します。イヌガラシとトキワハゼが競争するように咲いていました。
田んぼの畦には良く似たムラサキサギゴケも咲きますが、春に咲きますのでこの時期にほとんど見られません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年10月14日 (金)

タコノアシ紅葉

Takonoasi1110     (タコノアシ 10.13 日立市)
タコノアシは花が咲いている様子が、吸盤の付いた蛸の足のように見えることから付いた名前です。8月末から9月に花を咲かせ、秋になると全体が赤く紅葉します。
散歩コースの休耕田にあるタコノアシが紅葉していました。茹で蛸と云ったところでしょうか。
2007年8月の環境省のレッドリストでは,準絶滅危惧(NT)に指定されている稀少植物です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年10月13日 (木)

コメナモミ

Komenamoni11101     (コメナモミ 10.10 日立市)
黄色い地味な小さい花が山道で沢山咲いています。メナモミとコメナモミです。メナモミとコメナモミ花はそっくりですが、コメナモミはメナモミに比べ全体に小さく、葉もほっそりしています。またメナモミは花柄に腺毛がありますが、コメナモミの花柄には腺毛がありませんので見分けられます。
咲き始めなので黄色が鮮やかです。花びらを包む総苞に腺毛が密生しておりネバネバします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2011年10月12日 (水)

ヤマハッカ

Yamahakka11     (ヤマハッカ 10.9 日立市)
北海道から九州までの山野の草地や林縁でよく見られる秋を代表する野の花の一つです。シソ科ヤマハッカ属ですのでアキチョウジなどと同じ仲間です。
シソ科の花は似たものが多く、同じ時期に咲くアキノタムラソウも良く似ています。
良く観察すると花の付き方、葉が違いますし、花も良く見ると違います。
ハッカの名前が付いていますが、香りはありません。
Yamahakka112

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年10月11日 (火)

クサボタン

Kusabotan1110     (クサボタン 10.9 日立市)
当地で例年クサボタンを見るのは9月初旬です。虫が付いたものが多くなかなか良い花が見られません。山道で1ヶ月遅れで奇麗な株が見られました。
キンポウゲなので花弁はなく、花弁のように見えるのは淡紫色の顎です。4片の顎は開花時には反り返ってカールします。
花は淡紫色ですが白っぽいものが多い中、色の濃いものに久しぶりで出会いました。
和名は,葉の形がボタン(牡丹)に似ていることによります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年10月10日 (月)

セイタカアワダチソウ

空き地などに繁茂して大群落を作るためか、嫌われ者の部類に入るセイタカワダチソウが咲き出しました。一時、花粉症の元凶などと言われたことも嫌われる原因かもしれません。
Seitakaawadatiso1110
     (セイタカアワダチソウ 10.9 日立市)
アサギマダラが蜜を吸いにきていました。
この写真を見ればセイタカアワダチソウは虫媒花で風媒花ではないので、花粉は飛ばさないことを理解して頂けると思います。
同じキク科で花粉症の原因となる風媒花のブタクサと混同されてきたようです。
セイタカワダチソウは養蜂業者にとっては貴重な蜜源植物です。

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

2011年10月 9日 (日)

群馬県まで

昨日は地元サークルの観察会で群馬県草津の芳ケ原に行ってきました。
の高原は花は終わり紅葉です。早朝は気温2度、霜柱が立っていました。昼の気温も9度C、標高1800mから2100mの高原散策を楽しんできました。
Nanakamado1110
     (ナナカマド 11.8 群馬県)
ナナカマドがいたるところで真っ赤に紅葉し、たわわに実を付けていました。どれも実付きが良く久しぶりで見事なナナカマドの実を見ることができました。
Kuromame1110
     (クロマメノキ 11.8 群馬県)
マット状に広がったクロマメノキも葉は赤く紅葉し、おいしそうな黒紫色の実が、実りの秋です。「ミヤマモンキチョウの食草です」という看板が沢山見られました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2011年10月 7日 (金)

ザクロソウ


Zakuroso1110
     (ザクロソウ 10.6 日立市)
大分前に帰化植物のクルマバザクロソウを紹介しましたが、こちらは在来種のザクロソウです。
畑に良く出てくる草ですので菜園などやっている方は良く見かけると思います。花は小さく直径3mmでまばらにつきます。
図鑑では花の色は黄緑色となっていますが、透き通った白っぽい花で
す。花の色は言葉で表現するのは難しいですね。
Zakuroso11102
こんな花ですので草取りの時に観察して見て下さい。
happy01
明日は観察会で群馬県に出かけますのでお休みです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年10月 6日 (木)

ワレモコウ

いつも9月に咲くワレモコウが今になり見頃になってきました。実の熟すのは早いのに秋の花は少し遅い感じがします。
Waremoko1110
     (ワレモコウ 10.6 日立市)
花があっても咲いているのか良く分からない地味な植物ですが、風に揺れるワレモコウはやはり秋の野原の咲いていると風情があります。
Waremoko11102
上から咲き始めたところです。花弁は無く花弁のように見えるのは萼ですが、こうして見ると立派な花です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2011年10月 5日 (水)

ミヤマガマズミの実

木の実が少しずつ色付いてきました。今年は木の実の熟すのが早いような気がしますが気のせいでしょうか。Miyamagamazumi1110     (ミヤマガマズミの実 10.4)
里山などで良く見られるガマズミは葉も大きく、実も沢山付けるので良く目立ちますが、ミヤマガマズミは実も少なくこちらの方が風情があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月 4日 (火)

サクラタデ

先日は目立たない地味なダデを紹介しましたが、今日はイヌタデ属の中で一番大きな奇麗な花を咲かせるサクラタデです。
Sakuratade1110
(サクラタデ 2011.10.4)
毎年、散歩道の田んぼ脇で見られるサクラタデが全く見られません。家からちょっと離れた田んぼ脇の湿地に行って見ました。ここは毎年一面ピンクになるほど群生する場所です。
残念ながらこちらも今年は不作のようで、咲いてはいますが、ミゾソバの中にぽつりぽつりです。ちょっと離れた休耕田を覗いて見ました。こちらはかなりの数が咲いており、なんとは数枚撮れました。
Sakratade11102
アップはやはりきれいです。まさに桜の花のようです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2011年10月 3日 (月)

オオニガナ

田んぼも山道の花が多くなってきました。
以前は観察から帰るとその日見た花を記録していましたが数年前から止めてしまいました。先日久しぶりで家に帰ってから書き出してみましたがなかなか思い出せません。歳ですね、でも30種以上になりましたので実際には40種くらいは見ているはずです。
Onigana11101
     (オオニガナ 9.30)
ニガナを大型にしたような感じということで大苦名と名前をつけたのでしょうが、小花の数がニガナより多いので、どちらかというと、アキノノゲシの色を濃くした感じです。湿った所に生育し、当地ではまれに見られます。山沿いの湿地にオタカラコウと一緒に咲いていました

Onigana11102

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月 2日 (日)

目立たない地味なダデ

モズの高鳴き、鰯雲、新米、キンモクセイ、朝の冷え込み、五感で秋を感じます。野山ではダデの花が目立ちます。何処でも見られるイヌタデの仲間のタデ科イヌタデ属は30種以上があります。
そんな中でも小さく目立たないタデの紹介です。
Hanatade1110
     (ハナタデ 2011.9.30)
山道の脇の湿った所に生え、ヤブタデとも呼ばれます。花がまばらに付くものが多く、葉の先が急に細くなります。何処の山道でも見られますが、何度撮っても上手く撮れません。
Nukabotade1110
     (ヌカボタデ 2011.10.1)
写真では分かりませんが、背丈はハナタデよりちょっと低く20〜40cm
ほどです。花序の軸がとても細いです。花付きはまばらのものから密に付くものなど色々です。
湿地に生える絶滅危惧種でなかなか見ることができません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年10月 1日 (土)

白花品2種

先日、知り合いのBlogで真っ白なミゾソバが、別の知り合いのBlogでは白花のツユクサが紹介されていました。
見てみたいな〜と思いながら、昨日は田んぼから山道と欲張って歩いてみました。最初の田んぼで白花のツユクサ、山道では白花のミゾソバを見られました。見たいと思っていると見られるものですね。
Mizosobasiro
     (白花のミゾソバ 2011.9.29)
真白なミゾソバは初めて見ました。今まで気がつかなかっただけなのかもしれません。渓流沿いの山道で良く見ると何株か咲いていました。ピンク色も良いですが、真っ白は清楚でこちらもなかなか良い感じです。
Tuyuksasiro11
     (白花のツユクサ 2011.9.29)
以前に家の近くで見た、白のツユクサは消えてしまいました。
田んぼの畦の3カ所で見られました。
普通見られるツユクサは苞に毛がありませんが、田んぼや湿地で見るツユクサの苞には毛が在ります。この白花のツユクサの苞にも毛が見えます。
田んぼの畦の3カ所で見られました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »