« 白花品2種 | トップページ | オオニガナ »

2011年10月 2日 (日)

目立たない地味なダデ

モズの高鳴き、鰯雲、新米、キンモクセイ、朝の冷え込み、五感で秋を感じます。野山ではダデの花が目立ちます。何処でも見られるイヌタデの仲間のタデ科イヌタデ属は30種以上があります。
そんな中でも小さく目立たないタデの紹介です。
Hanatade1110
     (ハナタデ 2011.9.30)
山道の脇の湿った所に生え、ヤブタデとも呼ばれます。花がまばらに付くものが多く、葉の先が急に細くなります。何処の山道でも見られますが、何度撮っても上手く撮れません。
Nukabotade1110
     (ヌカボタデ 2011.10.1)
写真では分かりませんが、背丈はハナタデよりちょっと低く20〜40cm
ほどです。花序の軸がとても細いです。花付きはまばらのものから密に付くものなど色々です。
湿地に生える絶滅危惧種でなかなか見ることができません。

|
|

« 白花品2種 | トップページ | オオニガナ »

野の花」カテゴリの記事

コメント

yuukoさん

ハナタデは時々花付きの良いものを見かけますが、大抵はまばらな花が多いですね。
ヌカボタデもこの株は花付きが良かったようです。もう少しまばらなものも多いです。

投稿: やまそだち | 2011年10月 3日 (月) 17:30

ハナタデは大好きで 見るたびに挑戦します
でもいつも没
綺麗に撮れましたね
ヌカボタデの方が花つきがいいようですね

投稿: yuuko | 2011年10月 3日 (月) 14:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156031/52888490

この記事へのトラックバック一覧です: 目立たない地味なダデ:

« 白花品2種 | トップページ | オオニガナ »