« アワコガネギク(キクタニギク) | トップページ | ホソバリンドウ »

2011年11月 2日 (水)

フユザンショウの実

Huyuzansyo11111     (フユザンショウ 11.2 常陸太田市)
サンショウやイヌザンショウは良く見かけますが、フユザンショウは関東地方ではまれなようです。岩場に生えていました。
葉が厚く、巾が広く小葉の数が少ないので、パッと見てサンショウやイヌザンショウとは違うのが分かります。
Huyuzansyo11112
サンショウやイヌザンショウは落葉ですがフユザンショウは常緑です。冬でも葉を落とさないので冬山椒という名前をつけられました。
近寄ってみると、果実の表面(果皮)は赤くでこぼこしています。裂開すると黒い種子が一個でてきます。

|
|

« アワコガネギク(キクタニギク) | トップページ | ホソバリンドウ »

野の花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156031/53146539

この記事へのトラックバック一覧です: フユザンショウの実:

« アワコガネギク(キクタニギク) | トップページ | ホソバリンドウ »