« 本格的な霜 | トップページ | お供え餅用にユズリハ »

2011年12月28日 (水)

ツボクサ

Tubokusa1112     (ツボクサ 12.28 常陸太田市)
セリ科の草で、花が咲いていても(春から夏)小さくて目立たず、葉の陰にかくれて咲くので花はほとんど見る機会がありません。
こういう植物はどこのBlogでもあまり登場しません。ここでも初登場です。この時期は葉が少し色付きなかなかきれいです。霜が降りているともっと奇麗なのですが、木の陰なので霜が降りていませんでした。
コップにでも差して机の上にでも置くと良いかも^_^;

|
|

« 本格的な霜 | トップページ | お供え餅用にユズリハ »

植物」カテゴリの記事

コメント

サクラスミレさん

コメント有り難うございます。
チドメグサも近い仲間ですね。
チドメグサも花は目立ちませんが、オオチドメは花柄が立ち上がるので目に入りますね。

投稿: やまそだち | 2011年12月29日 (木) 07:04

ペンさん

こちらでは良く見られます。花は見てはいるのですが写真は撮っていません。
調べて見ると、関東以西分布ですね。茨城県南部では普通に見られるようですが、北部は海岸沿いだけで見られるようです。
やはり太平洋側は暖かいのでしょうか。

投稿: やまそだち | 2011年12月29日 (木) 07:02

目立たない植物ですが
コップや小さな鉢に植えると、いいですね
よく似た、チドメグサを小さな鉢に植えて
楽しんでいたことがありました

投稿: サクラスミレ | 2011年12月29日 (木) 05:49

 ツボクサという植物は知りませんでした。群馬県植物誌にも記録はないようですし、栃木でも近年の観察例はないようです。南方系らしいので、茨城あたりが北限なのかもしれませんね。目立たない花のようですが、一度見てみたいです。

投稿: ペン | 2011年12月28日 (水) 20:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156031/53590546

この記事へのトラックバック一覧です: ツボクサ:

« 本格的な霜 | トップページ | お供え餅用にユズリハ »