« ツボクサ | トップページ | 霜のヒメジョオン »

2011年12月29日 (木)

お供え餅用にユズリハ

昨日は餅つきでした。と言っても餅つき機です。切り餅とお供え餅を作りました。今日の散歩は、お供え餅に使うウラジロ、ユズリハを採りをかねで近くの山に出かけました。ユズリハはぽつぽつあるのですが、ウラジロは暖地性のシダなので当地ではまれにしか見られません。
Yuzuriha1112
     (ユズリハ 12.29 日立市)
若葉が伸びると古い葉が落ちることから譲葉と名付けらました。5月頃には伸び出した若葉と垂れ下がった古い葉が見られます。葉柄が紅色になるものが多く遠くからも目立ちます。
世代交代、一家繁栄に通ずる目出たい木とされており、ウラジロ、ダイダイと共にお供え餅に飾られます。今日は9の日なので、明日飾りつけます。

|
|

« ツボクサ | トップページ | 霜のヒメジョオン »

植物」カテゴリの記事

コメント

morning-walkerさん

ウラジロは日立の山にはほとんどありませんが、ユズリハならあちこちにあります。
今日、明日は大掃除です。

投稿: やまそだち | 2011年12月30日 (金) 08:37

Frtank-Kenさん

狭い日本ですが、場所により風習が違いますね。
ウラジロ、ユズリハに昆布(喜ぶ)が加わります。
群馬にいた時は神棚の前に干し柿、ミカン、栗などを糸でぶら下げていました。

投稿: やまそだち | 2011年12月30日 (金) 08:34

関西では、ウラジロは鏡餅や供え餅の下に敷いていましたね。ユズリハは知りませんでした。

投稿: morning-walker | 2011年12月30日 (金) 06:49

 正月のお供え物も、地方によっていろいろあるのですね。こちらは、ユズリハやウラジロをお備えする習慣はありません。餅は餅だけで供えられます。

投稿: Frtank-Ken | 2011年12月29日 (木) 20:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156031/53599093

この記事へのトラックバック一覧です: お供え餅用にユズリハ:

« ツボクサ | トップページ | 霜のヒメジョオン »