« ホトケノザの顔 | トップページ | アオキの実 »

2012年2月13日 (月)

ハナイカダの冬芽

Hanaikada1202     (ハナイカダの冬芽 2.13 日立市)
今日の散歩は我が家から一番近い風神山(221m)です。
寒波で樹々の芽のふくらみも遅れているようです。
ハナイカダは葉の真ん中に花がつく変わった樹木です。
冬芽は赤褐色で他に似たようなものはないので、覚え易い冬芽です。
4月の若葉の開き始めもとてもかわいいです。

|
|

« ホトケノザの顔 | トップページ | アオキの実 »

植物」カテゴリの記事

コメント

さむさん

花の時期になってから急に見たくなっても場所がなかなか出てこないものですから、気がついた時に場所を記録しています。

新分類は時々眺めていますが、なかなか頭に残りません。

投稿: やまそだち | 2012年2月14日 (火) 16:42

◆やまそだちさん
>私は草や葉が枯れ見通しの良い冬のうちに冬芽や花殻を観察し、場所を記録しています。

なるほど。花の季節を想像しながら冬歩くのも、いいものですね。

◆ほととぎさん
>ハナイカダは、新分類では、ミズキ科から離れ(目までも変更)、独立したハナイカダ科になったので

そうですか!
勉強になりました。

投稿: さむ | 2012年2月14日 (火) 09:46

ほととぎ さん

そう珍しくないのに。いざ見たいと思う時、何処にあったか??のものは結構ありますね。
私は草や葉が枯れ見通しの良い冬のうちに冬芽や花殻を観察し、場所を記録しています。
花時には薮で見つからない、アケボノソウやイチヤクソウなどもこれで結構見つけています。

投稿: やまそだち | 2012年2月14日 (火) 07:23

私は、冬芽の知識はとんとありませんので、これを見てもさっぱりわかりません(^^ゞ
ところで、なぜか、ここ何年もハナイカダを見ていません。特に珍しいものではないので、なぜ、合えないのか不思議です。
ハナイカダは、新分類では、ミズキ科から離れ(目までも変更)、独立したハナイカダ科になったので、しっかり写真を撮っておきたいのですけど。

投稿: ほととぎ | 2012年2月13日 (月) 22:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156031/53973995

この記事へのトラックバック一覧です: ハナイカダの冬芽:

« ホトケノザの顔 | トップページ | アオキの実 »