« タガラシ | トップページ | トウゴクサバノオ »

2012年4月18日 (水)

アブクマトラノオ

今までハルトラノオと思って見ていたもの、先日ある方からアブクマトラノとお聞きしました。気になり今まで撮った写真を調べて見ました。
また、今日出かけた場所(常陸大宮市)のものも確認してきました。
アブクマトラノオは以前福島県で見ているのですが、身近にあるのに気がつきませんでした。
Abukuma5465
     (アブクマトラノオ 4.18 常陸大宮市)
アブクマトラノオの特徴は、1つ1つの花の柄が長いことで、約5ミリほどあります。葉の形も異なり、ハルトラノオはさじ形ですが、本種は丸みを帯びた大きな葉がつきます。
Harutora080830
     (ハルトラノオ 2008.4 常陸太田市)
花の柄が3ミリ以下です。葉はさじ形です。
Harutorano11767
     (ハルトラノオ 2011.5 群馬県)

|
|

« タガラシ | トップページ | トウゴクサバノオ »

野の花」カテゴリの記事

コメント

さとさん

本場宮城県のものとは少し違うという話も聞いております。
一度、宮城県のものも見てみたいです。

投稿: やまそだち | 2012年4月23日 (月) 07:55

初めて聞く名前です。
こちらにもあるかもしれないですね。
注意して見ないと同定も難しいですね。
とても見やすい写真でわかりやすい説明もどうもありがとうございますね。

投稿: さと | 2012年4月23日 (月) 07:02

aoikesi さん

そちらも春の花が咲き出したようですね。
アブクマトラノオは地域限定ですから貴重種かもしれませんよ。
そちらでにハルトラノオは少ないのでしょうか?

投稿: やまそだち | 2012年4月19日 (木) 16:25

こちらにあるのもほとんどがアブクマトラノオです。
以前丸森、阿武隈川の畔で見つけたときは、貴重種かと思いました。
しかし、花の時期に訪れると、いろんな場所で咲いているのを見つけます。

投稿: aoikesi | 2012年4月19日 (木) 14:42

さむさん

アブクマトラノオ(Bistorta abukumensis)は東北大理学部生物学科の米倉・池津.大橋の三氏による調査研究により確認され、1995年、阿武隈山系の標本をもとに米倉浩司氏が新種発表したそうです。

投稿: やまそだち | 2012年4月19日 (木) 07:33

fu-coさん

花が咲き出し忙しくなりますね。

アブクマトラノオは以前見ており、写真を撮りたいと思っていたものです。良く見ないで思い込みでハリトラノオとしていたんですね。
葉はクリンユキフデに似ています。

投稿: やまそだち | 2012年4月19日 (木) 07:31

アブクマトラノオ!
うーむ知りませんでした。
花柄が確かに長いですね。
勉強になりました。
ありがとうございます。

投稿: さむ | 2012年4月18日 (水) 22:33

やまそだちさん、こんばんは!

アブクマトラノオ、興味深く拝見いたしました。
私もハルトラノオで分類していたものの中にアブクマトラノオが含まれているかもしれないと考え、改め見直しました。
もしかしかすると、もしかしますが、いかんせん、画像がイマイチなのでハッキリわかりません。
もう一つ、細長い葉のトラノオも?マークのままハルトラノオのフォルダに入ったままです^^;

投稿: fu-co | 2012年4月18日 (水) 21:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156031/54502941

この記事へのトラックバック一覧です: アブクマトラノオ:

« タガラシ | トップページ | トウゴクサバノオ »