« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

イチヤクソウ

Itiyakuso1206     (イチヤクソウ 6.30)
今日は午前中、湿地整備で汗を流した後、近くの山を歩きました。
心地よい風が吹き、気分壮快でした。関東各地は暑かったようですが、日立あまり暑くありませんでした。
暗がりにちょっと盛りを過ぎていましたが花付きが良い立派なイチヤクソウが咲いていました。コンデジで撮りました。一眼カメラで撮ったのはボツでした。

明日は蔵王に行ってきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年6月29日 (金)

ヒメヤブラン

今日の天気予報は雨だったので、たまった写真の整理でも、と思っていましたが、朝起きると良いお天気。海岸散策に出かけました。
Himeyaburan1206
     (ヒメヤブラン 6.29)
砂浜の草むらにヒメラブランが一面に咲いていました。咲き始めのせいか色が濃く感じました。蘭の名がついていますが、ユリ科です。
周りにはテリハノイバラ、ナミキソウ、メマツヨイグサの花が咲いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年6月28日 (木)

イヌツゲ

Inutuge1206     (イヌツゲ 6.28 日立市)
近くの山道でイヌツゲの小さい花(長さ2mm)が咲いていました。雌雄別株でこれは雄花です。
ツゲの名前が付いていますがツゲはツゲ科ですが、イヌツゲはモチノキ科です。ツゲは櫛、将棋の駒、印鑑などに使われるますがイヌツゲは葉はツゲに似ていますが,材が役に立たないのでこんな名前がつけられました。ツゲは関東以西に生育しますが、茨城県には自生していません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年6月27日 (水)

平標山のお目当ての花

頂上まで、ヨツバシオガマ、イワカガミ、ナエバキスミレ、エチゴキジムシロ、ミヤマキンバイ、マイヅルソウ、ハクサンチドリなどの花が見られました。
4時間かかり11時に平標山頂上に到着で、いよいよお目当ての花との出会いです。
Hakusankozakura11206
     (ハクサンコザクラ)
最盛期は少し過ぎていますが、まだまだ奇麗です。
地元の人が「一週間前はちょっと早すぎたと」と言っていましたので、花期ぴったりというのは難しそうです。
Hakusankozakura3
     ちょっと横から
Hakusankozakura5
  チングルマ、ミヤマキンバイとの競演です。
Hakusankozakura6
痛んだ花もありますが,これだけ纏まると見事です。
1時間ほどお花畑を堪能し、後ろ髪を引かれる思いで下山道に向かいました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2012年6月26日 (火)

平標山の花2

Hakusanitige1206     (ハクサンイチゲ)
松手山からは眺めも良くなります。雪が残る苗場山をバックに一面に広がるハクサンイチゲ、真白い花が目にしみます。花が目に入るたびに休憩がてら止まります。平標山頂上はまだまだ先です。
Akamono2
     (アカモノ)
アカモノが最盛期で道の両側に可愛い花を沢山付けています。
紅色の筋がうっすらと入った淡い紅色の鐘状の花に真っ赤な萼片に見とれなかなか前に進みません。
Akamono1206
こんなに纏まって咲いているのはなかなか見られません。
Tumatoriso1206
     (ツマトリソウ)
草むらにひっそり咲くツマトリソウ。花の縁がほんのり薄赤くつまどられることから褄取草のの名前が付けられたと言います。良く見ると真ん中の花はわずかにピンクの縁取りがあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年6月25日 (月)

平標山の花

24日、梅雨の合間を狙い新潟と群馬県にまたがる平標山に行ってきました。お出かけは平日行く事が多いのですが、梅雨時はお天気優先です。素晴らしい天気で、休日のため駐車場は満杯、隅っこの草むらにようやくとめられました。
Taniutugi1206
     (タニウツギ)
松手山コースを登り始めるとまず目に入ったのは本州の日本海側で見られるタニウツギです。ピンクの花は新緑の緑をバックに良く映えます。
登り初めから急登です。目的の花は頂上の先なのでばてないようゆっくり登ります。
Sarasadodan1206
     (サラサドウダン)
サラサドウダンが咲いています。更紗模様がきれいです。道が狭く、登山者が続くので手持ちで素早く撮って進みます。
Benisarasa1206
     (ベニサラサドウダン)
ベニサラサドウダンの咲き始めです。花の色が濃紅色のサラサドウダンの変種です。鉄塔を過ぎると眺めも良くなり苗場山が良く見えます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年6月23日 (土)

ノアザミ

Noazami1206     (ノアザミ 6.23)
今日は自然公園のパトロールで近くの山を廻りました。オカトラノオやウツボグサが咲き出していました。
草むらでノアザミが咲き乱れていました。あまりにきれいなので、カメラをむけましたが、撮って見たら花がバラバラでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2012年6月21日 (木)

ヤマホタルブクロ

Yamahotaru11206_2
     (ヤマホタルブクロ 6.18 長野県)
長野県の山道で豪華なホタルブクロが咲いていました。近寄って見るとヤマホタルブクロでした。地元で見るのはほとんどがホタルブクロでヤマホタルブクロは滅多に見られません。
家に帰り「長野県植物誌」を開いて見ると「ホタルブクロより普通に見られる」とありました。地域により色々ですね。
Yamahotaru21206

ヤマホタルブクロはホタルブクロの変種です。ホタルブクロには萼片の間に反り返った付属体がありますが、ヤマホタルブクロは付属体がなくふくらんでいます。近寄って確認しないと分かりません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年6月20日 (水)

サツキ

Satuki1206     (サツキ 6.18 長野県)
サツキというと色とりどりの花が咲く盆栽や植木が頭に浮かびますが、自生のサツキは朱赤色の花です。
神奈川県西部、中部地方から近畿地方、山口県、九州の川岸の岩上に生えています。
ツツジの仲間で別名サツキツツジと呼ばれ,他のツツジの仲間より花期が遅く陰暦の5月(皐月 6月中旬から7月)に咲くことから付いた名前だそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2012年6月19日 (火)

ササユリ

17日、18日と長野、群馬に出かけてきました。
17日は朝のうちは雨が降っていましたが、昼前にはすっかり良いお天気になりました。18日も良いお天気で梅雨の晴れ間を楽しんできました。
Sasayuri11206
     (ササユリ 6.18 長野県)
中部地方以西で見られるユリですので,滅多に見る機会はありません。5年ぶりで見られました。
6月初めに紹介したヒメサユリと比べると花の色が薄く、花弁の先が細く、すらっとした美人さんです。自生のユリの中では一番優しい感じのユリではないでしょうか。崖の上のものを200mmレンズで撮りました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2012年6月16日 (土)

ドクウツギ

Dokuutugi1206     (ドクウツギ 6.15)
海岸の松林でドクウツギの真っ赤な実が鈴なりになっていました。
真っ赤なおいしそうな実なんですが、トリカブト、ドクゼリと並び日本三大有毒植物の一つです。熟すと黒くなります。

happy01
本日、HPに「花アルバム63」をアップしました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2012年6月15日 (金)

尾瀬ケ原で見た花

今回も見た花は沢山あり,紹介しきれませんので心に残ったいくつかを紹介します。
Minezakura1206oze
     (ミネザクラ)
今年は雪が多かった割には花が早く、終盤のものが多かったですが、場所によりまだ奇麗に咲いていました。花柄に毛があるとチシマザクラですがこれは毛がありませんでした。
Tateyamarindooze
     (タテヤマリンドウ)
初日は午前中晴天でしたので湿原のあちこちで沢山咲いていました。
2日目は曇り空で花は開いてくれませんでした。花の写真は撮れる時に撮っておかないと後で後悔しますね。
Mitubaorenoze
     (ミツバオウレン)
尾瀬では7月頃まで見られる花ですが、花が終わったものも多かったのでやはり今年は花が早かったようです。
花が小さく、枯れ草の中に咲いていますので良く見ないと見落としてしまいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年6月14日 (木)

尾瀬ケ原で見たスミレ

低山のスミレは大分前に終わりましたが、標高の高いところではまだスミレが見られます。今回見られたスミレはスミレサイシン、オオタチツボスミレ、ツボスミレ、オオバキスミレ、ミヤマスミレ、オオバタチツボスミレでした。
Obakisumire1206oze
     (オオバキスミレ)
最盛期は過ぎていましたがまだ奇麗な花も残っていました。尾瀬にはオオバキスミレの品種で葉が輪生状になるミヤマキスミレが多いようですが、これもそのタイプのようです。
Miyamasumire1206oze
     (ミヤマスミレ)
林の道沿いで多く見られ色が濃いものが多かったです。これは少し色のうすいものです。
Obatatitubo21206oze
     (オオバタチツボスミレ)
湿原の木道わきで咲き出していました。花が大きく色が濃いので良く目立ちます。北海道では多いそうですが,本州では少ないようです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2012年6月13日 (水)

2年ぶりの尾瀬ケ原

11、12日と尾瀬ケ原に行ってきました。2年ぶりです。この時期はミズバショウが終盤で人手が少なくなりますのでゆっくり歩けます。
初日は晴天、午後から雲が出て2日目は曇り空でしたが,雨に降られることもなくのんびり散策してきました。
Mitugasiwa1206oze
     (ミツガシワ 6.12)
以前は一面に広がっていましたが,鹿の食害で群落は見られなくなってしまいました。
Ryukinka1206oze
     (リュウキンカ 6.12)
ミズバショウは盛りを過ぎ、リュウキンカが満開です。早朝4時半に撮ったものです。尾瀬ケ原に来ると必ず日の出前に起き散策します。今回は霧のかかった幻想的な風景は見られませんでした。
Ozegahara1206
     (赤田代 6.11 午後2時)
竜宮小屋から先は、ほとんど人がおりません。木道脇は枯れ草に見えますが、ミツバオウレン、サンリンソウ、ヒメイチゲ、チングルマ、タテヤマリンドウ、ヒメシャクナゲ、オオバタチツボスミレなどが咲いていました。
Ryugu
     (竜宮小屋 6.11)
今日の宿です。宿泊者8名、8畳に一人でちょっと淋しい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2012年6月10日 (日)

コンデジ散歩

東地方も梅雨入りしましたが、今日は昨日の雨が上がり良いお天気になりました。
普段は散歩する時はデジカメ(一眼レフ)、三脚を持って出かけますが時々億劫になり、そんな時はコンデジをポケット入れで出かけます。
今日はそんな日でした。コンデジで撮った花です。
Sirotumekusa1206
     (シロツメクサ 6.10)
シロツメクサ、ムラサキツメクサがあちこちで沢山咲いています。シロツメクサ、アップで見るとこんな感じです。
happy01 
明日,明後日は尾瀬に出かけます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2012年6月 9日 (土)

コモチマンネングサ

Komotimannenn1206     (コモチマンネングサ 6.8)
マンネングサの仲間は花がみな同じですので名前の同定は難しいですが、このコモチマンネングサは葉の基部に2,3対の珠芽(むかご)を付けますので区別がつきます。道端でよくみかけますが、庭に入るとむかごでどんどん増えていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年6月 8日 (金)

コウボウムギ

Kobomugi1206     (コウボウムギ 6.7 阿字ケ浦)
日差しもそう強くはなく、海風が頬に心地よく感じます。砂浜にじっと座り太平洋を眺めていると、何もかも忘れ心が洗われます。
無心で足下のコウボウムギにカメラを向けました。
この時期のおなじみの砂浜の風景です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年6月 7日 (木)

ハマヒルガオ

海岸もしばらく行っていないので、買い物の帰りに寄ってみました。
今の時期の砂浜にはハマヒルガオくらいしか咲いていません。
Hamahirugai1206
     (ハマヒルガオ 6.7 阿字ケ浦)
日が傾きかけ優しい光線を受けたハマヒルガオが輝いていました。
私はフィールド観察は大抵午前中に出かけますので、午後の日差しで見ると花達もまた違った雰囲気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年6月 6日 (水)

モミジイチゴの実

季節が進み、ウツギ、ノアザミ、スイカズラ、イボタノキ、コアジサイ、ドクダミ、タツナミソウなどが咲き始めています。
Momijiitigo1206
     (モミジイチゴ 6.4)
モミジイチゴは子供の頃からのおなじみのキイチゴです。口に入れるとほどよい甘さです。数個もいで自然の恵みを頂きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年6月 5日 (火)

ミゾカクシ

家の周りの田んぼもほとんどが田植えが終わり、水をたたえた田んぼの風景が見られるようになりました。
Tannbo1206
     (私の散歩道の田んぼ風景)
後ろの山も私も散歩道の一つです。
Mizokakusi1206
     (ミゾカクシ 6.5)
早くも田んぼ脇にミゾカクシ(アゼムシロ)が咲き始めていました。例年8月になってから撮っていますので大分早い咲き出しです。
咲き出したばかりのせいか、花の色も濃く新鮮で見とれてしまいました。
田んぼをバックに入れるため、カメラを地面に置いて撮りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年6月 4日 (月)

ニワゼキショウ

Niwazekisyo1206     (ニワゼキショウ 2012.6.4)
公園の芝生に一面にニワゼキショウが広がっていました。赤紫色のものが多いですが、所々に白い花の中央が赤紫色のものが混じっています。
アヤメ科の帰化植物ですが、すっかり初夏の花として落ち着いているようです。
Nieazekisyo12062

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年6月 3日 (日)

ヒメサユリ

関東地方のユリというとヤマユリですが、山形県、福島県、新潟県の山ではヒメサユリが見られます。今までは福島県に見に行っていましたが初めて新潟まで出かけました。蕾もまだ残っていましたが、見頃でした。
淡い紅色の花は何度見ても可憐で美しい花です。
遠くに残雪の残る山を見ながら久しぶりで気持の良い汗をかいてきました。
Himesayuri12061
木陰にヤマツツジと一緒に咲いていました。
Himesayuri12062
蕾も良い色です。
Himesayuri12063
白い花もぽつりぽつりと見られます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »