« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

西穂高の花

当地(日立市)他と比べると涼しいので贅沢は言えませんが、2日間涼しい山で過ごし帰ってくると、暑さがこたえます。
Iwatumekusak76916
     (イワツメクサ 7.28 )
西穂高は夏の花は終盤で花数は少なかったです。そんな中一番目立っていたのがイワツメクサです。高山には色々な種類にツメクサが生育しますが、5枚の花弁が基部まで2裂し10個のように見えるのが特徴です。
Tisimagikyok76943
     (チシマギキョウ 7.28)
高山の砂礫地や岩場で良く見られます。独標下でようやく見られました。イワギキョウに似ていますが、良く観察すると葉の形、萼片の形、花弁のふちの毛の有無で見分けられます。良い色ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年7月30日 (月)

リンネソウ

27日の夜から観察会で西穂高、乗鞍方面に行ってきました。
28日は新穂高ロープウエイに乗り、西穂高口から西穂高山荘、独標下まで歩いてきました。お年寄りの女性が多いので独標下まで行ったのは私ともう一人の女性だけでした。
新平湯温泉に泊まり、29日は乗鞍畳平を散策ししてきました。
Rinnesok76885_2
     (リンネソウ 2012.7.28)
私の大好きな花ですが見る機会はあまりなく、4年ぶりで見られました。
亜高山から高山のハイマツに下に生える事が多く、花も小さい(長さ1cm以下)ので見逃す事も多いです。今回は沢山見られました。
Rinnesok76867
スウェーデンの植物学者のリンネが自らの名前を学名にし和名もそれにちなんでいます。花茎の先に花を2個づつつける事から日本では夫婦花と呼ばれていたそうでです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2012年7月27日 (金)

ミクリ

Mikurik76811     (ミクリ 7.27)
ミクリ科ミクリ属、一科一属の植物で、準絶滅危惧種です。
一昨日、知り合いのBlogで紹介されていたのを見て,そういえば家のすぐ下の湿地にあるのに私も花の写真を撮っていないと気がつき。今朝行って見ました。実になっているものが多かったのですが、2株ほどまだ花が残っていました。
上部についている黄色ぽいのが雄花、白い一寸大きい玉が雌花です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年7月26日 (木)

キカラスウリ

Kikarasuurik76797     (キカラスウリ 7.25)
夏の暑さが厳しくなる頃咲き出すキカラスウリが人家の生け垣に巻き付いて咲いていました。
8月になってから咲き出すカラスウリと同じように夕方から咲き出しますがカラスウリは夜明けにはしぼんでしまいますが、キカラスウリは午前中は開いてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年7月25日 (水)

ヤマユリ

Yamayurik76776     (ヤマユリ 7.25)
家の近くの林のヤマユリが沢山咲いています。だいぶ株が増え、今年は20本以上咲いています。写真を撮っていても強い香りがします。
この辺りは毎年この時期が見頃ですが、場所によっては1ヶ月も遅れて咲く場所のあります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2012年7月24日 (火)

ホザキイチヨウラン

Hozakiitiyoran_2     ( ホザキイチヨウラン 長野県 7.11)
ホザキイチヨウランも初めて見ました。コケの中からすっと花茎が伸び小さな花を沢山付けており、穂咲き一葉欄と名付けられた事に納得です。
このような地味なランは一人では見落とす事も多いのですが、何人か目で見ると結構見つかります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年7月23日 (月)

シナノショウキラン

Sinanosyoki1207_4      ( シナノショウキラン 7.16)
淡紅色のショウキランは何度か見ていますが、黄色のショウキランとは初めての出会いです。黄色のショウキランとしてはキバナノショウキランとシナノショウキランがあります。
キバナノショウキランもまだ見たことがありませんが、キバナノショウキランは花の色が黄褐色で側萼片は完全に平開しないそうです。
シナノショウキランは写真のように花の色は淡黄色で側萼片は平開します。
花期は少し過ぎていました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2012年7月22日 (日)

ケブカツルカコソウ

パソコンが壊れ、Blogを休んでいる間に見た花達を少し紹介します。16、17日と長野県に出かけました。
Kebukaturukakok76518
     ( ケブカツルカコソウ 7.16)
何度か見ていますが、淡い紫色でこんなに濃い色のものは見たことがありませんでいた。花びらが全く落ちていないので一番新鮮な状態のようです。スキー場の草むらに点々と生えておりました。キランソウやニシキゴロモと同じ仲間です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2012年7月21日 (土)

イワイチョウ

西吾妻山で見られた花は沢山あり、紹介しているときりがないのでこれが最後です。紹介したもの意外ではゴゼンタチバナ、ミツバオウレン、マイヅルシウ、コケモモ、ナナカマド、ワタスゲ、チングルマ、アオノツガザクラ、ウスバスミレ、キバナノコマノツメ、コミヤマカタバミ、ベニバナイチゴ、サンカヨウほかが見られました。
Iwaityo1207
     (イワイチョウ 岩銀杏 7.10)
亜高山から高山の雪田跡や湿地でよく見られます。ミツガシワ科ですので、花はミツガシワに良く似ています。真っ白な花は緑の葉の中ではよく目立ちます。
葉が腎臓形でイチョウの葉に似ているのでこの名が付けられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年7月20日 (金)

イワカガミ 

Iwakagamik76255_4      (イワカガミ 7.10 西吾妻山)
昨日の真っ白なヒナザクラと比べると、一段と色鮮やかに見えます。
夏の低山から高山で見られますが、生育環境により花の色や背の高さがかなり違うように感じます。青空にぴったりの色のイワカガミに見とれてしまいました。
西吾妻山は標高2000mありますが、ロープウエイとリフトが1800mまで運んでくれますので楽ちんです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2012年7月19日 (木)

ヒナザクラ

新しいパソコンがようやく立ち上がりました。バージョンアップされており今までのソフトが使えなくなったものがあり、しばらく戸惑うことが多いでしょう。写真ソフトも新しいものを入れましたがまだうまく使えません。
Hinazakura12071
     (ヒナザクラ 7.10 西吾妻山)
新鮮な花を見たくて、現地に開花状況を確認し出かけました。雨が続き、予定より2日ほど遅れて行きましたが、花は丁度見頃でした。高山の湿った草地に雪解け後見られる真白なサクラソウの仲間です。
白い花はピンクのサクラソウの仲間より清楚な感じがします。
Hinazkura12072
山の頂上に向かう人が何人かいましたが、私はお花畑で一人のんびりと花を見ながら過ごし下山しました。

| | コメント (14) | トラックバック (0)
|

2012年7月11日 (水)

パソコンがダウンしました

昨夜、Macがダウンしてしまいました。

 

しばらく、Blogもお休みです。

 

復帰したらまた見て下さい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2012年7月 9日 (月)

マタタビ

久しぶりで青空の良いお天気に誘われ、渓谷沿いの山道を歩いてきました。この時期花は少ないですがヤマアジサイ、クサアジサイが咲き始めていました。気持の良い風が吹き、川沿いは涼しいです。
Matatabi1206
     (マタタビ 7.9)
大分前からマタタビの葉が白く染まり,先週辺りが花の見頃でしたが、まだ咲いているのでは覗いて見ると、あちこちで花が咲いていました。
マタタビは雌雄別株です。この花は雄しべだけしかありませんので実が成らない雄株です。
山道を車を走らせると道路沿いに白い葉があちこちで見られます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年7月 7日 (土)

我が家の菜園の花

久しぶりの雨で家にこもっています。雨が小降りになったところで畑にキュウリを摘みに行きました。取りきれない春菊が花を咲かせていました。
Syungiku1206
     (シュンギク 7.7)
シュンギクは地中海沿岸地方原産のキク科の一年草です。日本では食用や切り花用に栽培されています。他の菜っ葉類に比べ成長が早く、ちょっと放っておくと花を咲かせます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年7月 5日 (木)

ゴゼンタチバナ(蔵王)

Gozentatibana21207      (ゴゼンタチバナ 7.1)
蔵王ではゴゼンタチバナが丁度見頃で沢山見られました。真白な花びらのようなものは総苞で、真ん中に集まっているのが花で花びらは小さくてルーペで見ないと良く分かりません。
Gozentatibana11207_2
角度を変えて撮ると感じが違った花に見えます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年7月 4日 (水)

オカトラノオ

今日は雨の予報でしたので、ちょっと寝坊したら良いお天気であわてて起き出し近くの山に出かけました。
Okatoranoo1207
     (オカトラノオ 7.4)
一週間ほど前、沢山蕾をつけた群落を見つけた場所に行ってみると見事に咲いていました。数本纏まって咲いているのは良く見かけますが、こんな群落はなかなか見かけません。
ここはいつも歩いているマイフィールドですが今までこんな群落は見た事がありませんでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2012年7月 3日 (火)

チングルマ

チングルマは雪解けと共に咲き出す本州中部地方以北に咲く高山でおなじみの花です。場所により咲く時期も6月から8月までかなり差があります。今年は尾瀬ケ原で6月11日に24日には平標山でも見ています。
Tinguruma6
     (チングルマ 7.1 蔵王芝草平)
ちょっと盛りを過ぎていますが群落は見事です。クリックすると大きくなります。東北の山にはチングルマの群生が多く見られます。
Tinguruma22
花、葉、茎を見ると、バラ科の低木であることに納得です。
Tinguruma31207
霧雨をかぶった花も良いものです。同行の山屋さん達はお天気が良かったようですが、写真を撮るにはピーカンよりは良いですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2012年7月 2日 (月)

ミヤマハンショウヅル

昨日は山歩きのサークルに便乗させて頂き,蔵王までいってきました。お天気は霧雨が降ったりやんだりで、久しぶりで雨カッパを着ての山歩きでした。
ミヤマハンショウヅル、チングルマ、ゴゼンタチバナ、ツマトリソウ、イワカガミ、ミヤマスミレ、ミツバオウレン、ミネザクラ、ハクサンチドリ、イワイチョウ、ヒナザクラ、ベニバナイチゴなどの花が見られました。
Miyamahansyo11207
    (ミヤマハンショウヅル 7.1)
花は下向きに咲き、平開しないのであまり目立ちません。花の形を半鐘にたとえ名が付いていますが、今は半鐘は見られませんのでピンとこない方も多いでしょう。見る機会が少ない花ですが,今回は沢山見られました。
Miyamahansyo31207

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »