« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

アキカラマツ

Akikaramatun0530     ( アキカラマツ 9.29)
今日はお月見です。この時期になるとアキカラマツが咲き出し「秋が来たなあ」と感じます。散歩道のススキの草むらで咲いていました。
糸のような雄しべの様子ををカラマツの葉に見立ててついた名前です。
低山から高山まで咲くカラマツソウは花が白ですがアキカラマツは淡い黄色です。
Akikaramatun0534
カラマツの葉が思い浮かびますか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年9月29日 (土)

イタドリ

Itadorin0529     ( イタドリ 9.29)
最近は散歩には手軽なCOOLPIX510を持って出かけています。
散歩道ではイタドリが花盛りです。花は白いものが多いですが、赤っぽい花のものもあります。
イタドリというと子供の頃、芽出しの酸っぱい若い茎をしゃぶった思い出の植物ですが花の印象はあまりありません。
Itadorin0528
イタドリは雌雄別株で,この写真は雄花です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月28日 (金)

ヒメシロアサザ

Himesiroasazan0475     ( ヒメシロアサザ 9.24)
アサザの仲間(アサザ属)は花は午前中に咲き、午後には閉じてしまいます。午後2時でしたのでもう花は見られないだろうと長靴を履き休耕田に入って見るとぽつぽつと花が残っていました。花の時期も過ぎていましたが,初めての花なのでカメラを向けました。
花はガガブタに似ていますが、ガガブタより少し小さく花びらの縁の毛の生え方が違います。
花の良い時期にまた見たいと思いますが、それまで残っていて欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月27日 (木)

クサノオウバノギク

Kusanon0450     ( クサノオウバノギク 9.24)
先日、知りあいの方に案内して頂き見られた珍しい花です。
クサノオウ(ケシ科)の葉に似ているキク科の花で、この名がつけられたそうです。渓谷の苔むす岩の上に咲いていました。日が出ないと花が開かないので花が見られるか心配しました日が射すにつれ開いてきました。花は直径1cmほどの小さい花です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2012年9月26日 (水)

ヒガンバナ

Higanbanan0503      (ヒガンバナ 9.26)
毎年今頃が見頃なヒガンバナ、今年はまだ咲き始めたばかりでした。猛暑の影響でしょうか。
田んぼの様子も例年と様子が違います。稲刈り後、しばらくすると「ひつじ」(刈り取った稲の株から生えたひこばえ)が沢山出てきますが、今年は稲刈り後、数日で青々と「ひつじ」が出ています。
稲刈り直後に田んぼに入っていますが、こんなに早く「ひつじ」が伸びるのは初めてです。やはり植物にとっても異常気象だったようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年9月25日 (火)

コキクモ

今日はヒガンバナでも見に行こうと思っていたのにまた雨になりました。
昨日はお誘いをうけ、栃木方面に花観察に行ってきました。久しぶりの気持ち良い天気のもと色々な花を見てきました。
Kokikumok78673
      (コキクモ 9.24)
キクモはあちこちで見られるのですが、コキクモは絶滅危惧種でなかなか見られません。
休耕田で沢山見られましたが、ガマが近くまで迫っており、このままでは消えてしまいそうです。
花も葉もキクモとそっくりです。キクモの茎には軟毛が沢山生えていますが、コキモには腺毛がまばらの生えています。
Kokimumon0453
コナギと仲良く咲いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月23日 (日)

ママコノシリヌグイ

Mamakonon0401     ( ママコノシリヌグイ 2012.9.22)
ここにきて朝晩急に涼しくなってきました。ノギクやタデの仲間が咲き出しています。タデの仲間ではオオイヌタデ、ママコノシリヌグイがいち早く咲き出します。
花が咲いていても小さいので赤っぽいのが見えるだけですが、近寄ってみると金平糖のような可愛い花が開いています。葉や茎に刺があるのでこんな名前がつけられています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月22日 (土)

実りの秋

Omodakan0406     ( 稲刈り間近のたんぼ 2012.9.22)
今週に入ってから雨の日が多く、稲刈りも晴れ間待ちのようで,あまり進んでいません。稲穂の間に咲いていたオモダカをズームで撮っていると、農家の人が「何撮ってるの?」と話しかけてきました。
「良い趣味だな、でもこれ困った雑草なんだよな」と笑っていました。「今年は台風がこないから助かるよ、明日は刈れるかな?」言っていました。

happy01 ホームページに「花アルバム65」をアップしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月21日 (金)

アマチャヅル

Amatyazuruk78633     ( アマチャヅル 2012.9.19)
葉や茎に朝鮮人参と同じ成分が含むとかで一時ブームになったアマチャヅルですが,花は黄緑色で小さいのでまったく目立ちません。散歩道の薮に咲いていました。11月頃になると黒い小さな実が見られます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年9月19日 (水)

アメリカキンゴジカ

Kingojikan0344     ( アメリカキンゴジカ 2012.9.19)
昨年、散歩道で初めて見つけた熱帯アメリカ原産の帰化植物です。開花時間が限られ、しかも短く、昨年苦労して花を見たので今年は時間を見計らって見に行きました。(8時40分)
昨年見た場所は草刈りがされてしまっていましたが、別の場所で沢山咲いていました。
Kingojikan0352
左側はスベリヒユです。花の大きさが丁度同じくらいです。
今年は株数も多かったです温暖化により、暖かい場所の植物が北上しているのでしょうか。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2012年9月18日 (火)

メドハギ

Medohagin0124     ( メドハギ 2012.9.18)
山道ではハギの花が咲きだしています。
散歩中の道端でメドハギが咲いていました。白っぽい旗弁に紫色の斑があります。小さな花ですがアップで撮ると可愛い花です。
Medohagin0390
     (赤花のメドハギ? 日立市)
これは散歩の帰り道,田んぼ近くの道路脇で赤紫色の花をつけたメドハギそっくりのものです。メドハギの色変わりか?それとも帰化種でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月17日 (月)

ヤブタバコの仲間

ヤブタバコの仲間は花も名前も似たものが多く,どっちだったか迷う事も多いです。よく見ると花の形が違います。今日は近くの山で下記3種の他サジガンクビソウも見られました。
Yabutabakok78584

Yabutabakon0308
        (ヤブタバコ 2012.9.17)
下の方の葉がタバコの葉に似ているので付けられました。四方に枝を伸ばすのが特徴です。黄色の花を葉の脇に付けます。
Koyabutabakok78578
     (コヤブタバコ 2012.9.17)
枝先に緑白色の花をつけます。花の形も広鐘形でヤブタバコとは違います。
Gankubisok78536
     (ガンクビソウ 2012.9.17)
枝を沢山出し、黄色の卵球形の花を沢山付けます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年9月16日 (日)

ツリフネソウ

Turihuneson0270      ( ツリフネソウ 2012.9.14)
この時期、ちょっと湿った場所ではツリフネソウが良く見られます。山道の脇に一面に咲いていました、少し盛りを過ぎているようでしたが見事な群落でした。紅紫色は濃いものが多いですが,時たま色の薄いものや白色のものも見かけます。
Turihuneson0265
     (ツリフネソウとキツリフネ)
ツリフネソウは人里から山地まで広範囲で見られますが、キツリフネは山地で見られます。花の時期がキツリフネの方が少し早いので一緒に見られる事はそう多くありません。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2012年9月15日 (土)

カメバヒキオコシ

Kamebahikiokosik78501     ( カメバヒキオコシ 2012.9.14)
山に入ると木陰は涼しくなりました。シソ科のヤマハッカの仲間でこちらの山で良く見かけるのはヤマハッカとカメバヒキオコシです。
花付きが良いものにはなかなかお目にかかりません。この株は咲き始めのようです。写真ではちょっと分かりにくいですが葉の形をしっぽを出した亀に見立て名付けられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月14日 (金)

ヤハズソウ

Yahazuson0243     ( ヤハズソウ 2012.9.14)
マメ科の花は形が独特でみな可愛いです。ヤハズソウは道端でいくらでも見られますが花は咲いていても、近寄って見ないと気がつきません。大きさは5ミリほどです。葉は斜めに並んだ葉脈がくっきりと見えとても奇麗です。
葉をちぎると葉脈のところでちぎれ矢筈の形になります。名前の由来はここからきています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月13日 (木)

アレチヌスビトハギ

Aretinusubitok78496     ( アレチヌスビトハギ 2012.9.12)
在来種のヌスビトハギは花が長さ3、4ミリと小さく目立ちませんが、帰化種のアレチヌスビトハギは長さ7、8ミリと花が大きく色も濃く目立ちます。車を運転中、工業団地の土手で見つけました。
Aretinusubiton0235
近年に入ってきた帰化種で関東以西では良く見られるようですが当地で見るのは確か2度目です。Blog初登場です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月12日 (水)

クズ

Kuzun0241   ( クズ 2012.9.12 COOLPIX P510)
暑いのが好きなのか、今年はクズの花が例年より多いように感じます。もう盛りを過ぎたものが多いのですが、花期が長いのでまだ奇麗な花も見られます。
花は奇麗ですが繁殖力が強くあちこちにはびこるので、昔は有用植物として役立っていましたが、最近は厄介者扱いにされています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月11日 (火)

イワギボウシ

Iwagibosi7421     ( イワギボウシ 2012.9.11)
名前の通り岩の上に生えるギボウシです。デジカメでの撮影は初めてBlogも初登場です。
オオバギボウシやコバギボウシより1ヶ月ほど遅く咲きます。残暑厳しい時期に咲くので見に行く機会が少ないです。図鑑では関東地方、東海地方に分布となっていますが、ここは福島県です。。
今日も暑い日でしたが、すぐ近くに滝があり涼しい風が吹いていました。
Iwagibosin0209
高い所にあるのでCOOLPIX P510でズームでアップを

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年9月10日 (月)

ヒメハッカ

Himehakkak78410     ( ヒメハッカ 2012.9.10)
初めて見る事ができた花です。湿地に生えるシソ科の花です。
「茨城県植物誌」(1981年刊)では県内ではやや普通に見られると記載されておりますが、準絶滅危惧種となっており、現在は減ってきているのではと思います。写真を撮っていてもハッカの香りが漂ってきます。
Himehakkan0156a
淡紫色の可愛い花です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年9月 9日 (日)

ヒナノキンチャクとヒナノカンザシ

今日は植物観察仲間と一日、汗びっしょりになりながらあちこち歩いてきました。初めての出会いが4種もあり楽しい一日でした。
場所は違いますが、ヒナノキンチャクとヒナノカンザシの両方が見られました。どちらもヒメハギ科ですが花の形がかなり違います。
Hinanokintaykuk78315
     (ヒナノキンチャク 9.9)
昨年は沢山見られたのに、何故か今年は一株しか見られません。来年に期待です。日当りの良い山の麓に咲いています。直径3mm位の花です。
Hinanikanzasi0158
     (ヒナノカンザシ 9.9)
昨年は沢山見られたのに、何故か今年は一株しか見られません。来年に期待です。日当りの良い山の麓に咲いています。直径3mm位の花です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年9月 8日 (土)

トチバニンジンの実

Totibaninjin0110     (トチバニンジンの実 2012.9.8)
神社の境内のずっと奥の草むらに真っ赤な実が鈴なりになっていました。ズーム一杯にして覗いてみるとトチバニンジンの実でした。
頂生(先端)の実は落ちていましたが脇の枝に実が沢山付いていました。枝に実がついているのは初めて見た気がします。
図鑑(平凡社)を見ると「枝に付く花はすべて雄花である」とありますが例外はあるようです。また一つ勉強になりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2012年9月 7日 (金)

ツルボの試し撮り

新しいコンデジがきたので試し撮りしてみました。今日はマクロを試してみました。35mm判換算で24−1000mm相当の撮影画角ですので鳥などの撮影も楽しみです。(ニコンCOOLPIX P510)
Turubo002301
     ( ツルボ 2012.9.7)
咲き始めのツルボです。昼近くで光線が強かったのでピンク色が薄くなっていますが、夏の花の雰囲気が出ているでしょうか。
別名サンダイガサ(参内傘)と呼ばれ、花穂の形を殿上人が朝廷に参内するとき,従者に持たせた傘をたたんだ姿に見立てたと言います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2012年9月 6日 (木)

センニンソウ

Senninsok78255     (センニンソウ 9.4)
実が奇麗なので良く撮るのですが、花は何故かあまり撮っていません。
クレマチスに仲間ですので可愛い花ですが夏のかんかん照りの時期に咲いているので何となく敬遠しているようです。
散歩道の草むらで満開でした。雲がくるのを待って撮りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月 5日 (水)

アカバナユウゲショウの白花

Akabanyugesyok78272      ( アカバナユウゲショウの白花 9.4)
観賞用に栽培され野生化した帰化植物ですがあちこちでよく見られ、すっかりおなじみの花になってしまいました。
5月頃からずっと淡紅色の可愛い花を咲かせています。田んぼの脇に白い色のアカバナユウゲショウが咲いていました。
アカバナユゲショウの白い花と言うのもちょっとおかしな感じです。別名のユウゲショウの方が良いですね。
Akabanayugesyok78281
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月 4日 (火)

イヌゴマ

今年の8月は散歩に出る事が少なく,家の周りの花の観察が少なくなってしまいました。今日は久しぶりで田んぼに散歩に出かけました。
沢山のイナゴが飛び交っていました。田んぼので会った農家のおじさんが「今年はイナゴは多いが、何故か雀がいない」と言っていました。気候のせいでしょうか?
Inugomak78251
     ( イヌゴマ 2012.9.4)
7、8月が見頃の花ですが、田んぼ脇の草むらにまだ奇麗な花が残っていました。草むらの緑と淡い紅色の花が良くマッチしています。
シソ科ですが、種がゴマに似ているが食べられないのでイヌゴマという名がつけられたそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月 3日 (月)

ミズトラノオ

Mizutoranooimgp7403     ( ミズトラノオ 9.1)
湿った休耕田などでまれに見られるシソ科の花です。
数年前、地元の水辺で見ていますが、植栽されたものだったようです。
今回はガマなどがはえる休耕田で自生のものが見られました。咲き始めの新鮮な花が見られ大満足でした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2012年9月 2日 (日)

ミゾハコベ

Mizohakobep1080675       ( ミゾハコベ 9.1)
昨日はしばらくぶりで渡良瀬遊水地の観察会に行ってきました。
そこで目に入った小さな葉の植物です。ルーペで見ないと分からないような小さな花をつけています。花弁は3枚で直径1mmほどの淡紅色の花です。
名前がはっきりしませんでしたが、家に帰り図鑑とにらめっこ。
ミゾハコベで間違いないと思います。

Mozoobakok78175

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年9月 1日 (土)

オヤマリンドウ

Oyamarindok78135_3     (オヤマリンドウ 2012.8.29 草津白根)
低山のリンドウは10月にならないと咲き出しませんが、亜高山や高山では8月末からオヤマリンドウが咲き出します。

オヤマリンドウの花は晴れていてもリンドウのようには開きません。申し訳程度に開くだけですが、色鮮やかですので奇麗です。バックの白い花はヤマハハコです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »