« ベニバナボロギクの冠毛 | トップページ | イヌノフグリ幼苗 »

2012年12月29日 (土)

タラノキの冬芽

Tarak79884_2     ( タラノキの冬芽 2012.12.28)
 タラノキは刺だらけの幹を見れば分かりますが、中には刺の無いものもあります。そんな時は葉痕(葉の落ちた痕)を見て下さい。葉痕がU字型で維管束痕と呼ぶ痕(ポツポツ)がネックレスのように奇麗に並んでいます。
Uson2694
近くの梅の木でウソが梅の花芽をついばんでいました。

|
|

« ベニバナボロギクの冠毛 | トップページ | イヌノフグリ幼苗 »

植物」カテゴリの記事

コメント

yuukoさん

最近は冬芽観察もちょっとご無沙汰ですが、1月も花がないのでまた観察開始です。
CooLPIXP510,鳥が予想以上に撮れるので便利です。

投稿: やまそだち | 2012年12月31日 (月) 08:06

ウソの写真はコンデジで撮られたのですか
美しく撮れていますね(やまそだちさんの腕の良さですね)
そして倍率もすごい!
CooLPIXP510、調べてみよう・・・

タラノキの葉痕のネックレス オシャレです

投稿: yuuko | 2012年12月30日 (日) 22:05

t-yam1さん

私も暮れは忙しいです。今日は毎年恒例の松飾り、お供え飾りです。
「徒然想」何時も楽しく拝見しています。珍しい花が多く指をくわえて見ています。来年も全国行脚でしょうか。

CooLPIXP510はなかなかすぐれものでです。花の接写も奇麗ですし、ズームも良いです。
散歩に持ち歩いていますので、最近のBlogはほとんどCooLPIXです。
来年も奇麗な花を見せて下さい。
良いお年をお迎えください。

投稿: やまそだち | 2012年12月30日 (日) 08:01

やまそだちさん、ご無沙汰しております。
定年退職になっても、年の瀬は何となく慌ただしいですね。
いつの間にか、残り2日となりました。

CooLPIXP510は、サブ機としての候補の一つで、一眼プラス、又は一眼に代わって使いたいと思ってます。
思えば、私の花撮影はこのようなカメラでスタートしたのでした。
一眼にはない手軽さがありますね。みかんさんのように携帯での技量はありませんので・・・
近くの野川という川沿いの遊歩道では、大きなレンズを構えたカワセミファンや首から小型カメラをぶら下げた散歩人が見られます。
私は後者になりそうです。
やまそだちさん、今後ともよろしくお願いいたします。
よいお年をお迎え下さいますように・・・

投稿: t-yam1@東京 | 2012年12月30日 (日) 04:11

アライグマさん

鳥の目もよく見ると可愛いのが多いですね。
今年はウソの群れが多く、家の前の林で毎日見られます。

タラのこん棒、今度作っておきましょう。

投稿: やまそだち | 2012年12月29日 (土) 21:14

ほととぎさん

災難でしたね。私は子供の頃から扁桃腺肥大で、よく扁桃腺をはらし高熱を出しましたので,あの時の喉の痛みはわかります。
30代になってからは扁桃腺も腫れなくなりました。
お大事に!

最近は花が無いので鳥を良く撮っています。最近買ったNikonのCooLPIXP510で撮っています。35mm換算1000mmのズームですのでかなり遠くてもピントは結構合います。

投稿: やまそだち | 2012年12月29日 (土) 21:11

今晩はいよいよ今年も終わりに近づきましたね。

しかし、ウソの顔とは思えないくらい優しい表情ですね。
(=^・^=)
タラの樹で棍棒を作れば怖いもの無しか。
(ーー;) 誰と戦うのか相手を探さないと

ほととぎさんそこまで行くと敗血症とか起こさなくて良かったです。
お大事に。
(^o^;)

投稿: アライグマ | 2012年12月29日 (土) 20:46

相変わらず、精力的に撮られておりますね。
私と言えば、10日ほど前に扁桃腺を腫らして高熱を出し、しばらくは喉が痛くて食べ物もまともに食べられず、ようやく、最悪の状態は脱したものの、まだ、喉の痛みと微熱が残っている状態です。
なので、ここ2週間、撮影に出れないでいます。

すみません、前置きが長くなりました。
ウソの写真、よく撮れてますね。何ミリのレンズで撮られたんでしょうか?最初から狙ったんでしょうか?
花を撮っていると、けっこう、鳥や獣にも遭遇しますが、カメラを構える間にいなくなったり、なんとかカメラを向けられても、なかなかうまく撮れません(^_^)

投稿: ほととぎ | 2012年12月29日 (土) 20:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156031/56418429

この記事へのトラックバック一覧です: タラノキの冬芽:

« ベニバナボロギクの冠毛 | トップページ | イヌノフグリ幼苗 »