« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

北海道花散策(7)

Otatin6026     ( オオタチツボスミレ 2013.5.24)
 オオタチツボスミレは毎年見ていますが,こんな群落は初めてです。
ただ、ただ驚くばかりです。画像をクリックして大きくして見て下さい。

Otatik71371

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

ツルグミの実

Turugumip8778     ( ツルグミの実 2013.5.31)
 ツルグミは10月から11月に花が咲き、1月頃から実が膨らんできます。しかし途中で落ちてしまうようで赤く熟した実は見た事がありませんでした。ようやく奇麗に色づいたツルグミの実を見る事ができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年5月30日 (木)

北海道花散策(6)

 北海道は帰化植物も多く,今回も色々見られました。宿での自由時間が結構あったので、近辺を散策し見られたものです。
Nomurasakik71605
     ( ノムラサキ 2013.5.26)
 早朝散歩で見つけました。宿の庭に広がっていました。初めて出会ったもので講師の方に調べてもらいました。花は直径3,4mm,背丈も20cmでした。
Noharamurasakik71592
     ( ノハラムラサキ 2013.5.26)
 同じ宿の庭でノムラサキと一緒に生えていました。見た目はワスレナグサとそっくりです。これも初めて見ました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年5月29日 (水)

北海道花散策(5)

Hidakaiwap8624     ( ヒダカイワザクラ 2013.5.25)
 北海道日高地方の岩場に生えるくサクラソウです。本来のもの(?)はもっと色が濃いそうですが,ここのものは淡い色をしていました。サクラソウの仲間はみな良く似ていて名前の同定は難しいです。

Hidakan6190

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

一週間ぶりのマイフィールド

自宅から3分ほどの林はハリエンジュの花はすっかり落ち、ノアザミ、タツナミソウ、ニガナ、ニワゼキショウ、ノイバラ、ハナウドなど初夏の花が「久しぶりだね」と声をかけてくれました。風が強かったのでアップ写真を撮りました。
Kusudaman6306
     ( クスダマツメクサ 2013.5.28)
 以前は同じ仲間のコメツブツメクサが多く見られましたが、最近はこちらも増えてきました。帰化植物ですがほんわか雰囲気が好きです。
Murasakin6314
     (ムラサキウマゴヤシ 2013.5.28)
これもマメ科の帰化植物ですが、紫色の花は好きなのでお気に入りの花の一つです。
Noibaran6316
    (ノイバラ 2013.5.28)
ノイバラの花は白ですが、蕾はピンクががっており咲き始めはうっすらとピンクがかっています。

happy01 北海道の花はもう少し続けます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年5月28日 (火)

北海道花散策(4)

Osakurap8604     ( エゾオオサクラソウ 2013.5.25)
 今回のお目当ての花です。サクラソウの仲間は見な可愛い花です。
葉が大きく,花茎が高いので良く目立ちます。
Osakurak71575
北海道にはオオサクラソウもあります。エゾオオサクラソウはオオサクラソウの変種で葉柄や花茎に白い毛が密に生えていますのでオオサクラソウと区別できます。
Osakurap8616

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

北海道花散策(3)

 北海道というとエゾエンゴサクの群落を思い浮かべます。時期的にはもう遅く,見られないのではと思っていましたが、場所によりかなり花期が違うようで群落が見られました。
Ezoengop8570
      ( エゾエンゴサク 2013.5.25)
  エゾエンゴサクは林を埋めつくす花と思っていましたが、ここは海岸の笹の中に一面に生えていました。霧がで曇っており色がいまいちですが、時期的に期待していなかったエゾエンゴサクの群落に大満足。クリックして大きくして見て下さい。
Ezoengok71535
青色も株により色合いが微妙に違います。ちょと明るくなったのでバスの出発時間前に再挑戦。
Ezoengok71514
これは赤紫色のものです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2013年5月27日 (月)

北海道花散策(2)

Enreisop8415     ( オオバナノエンレイソウ 2013.5.24)
 草むらの中、奇麗な水の流れの脇に優しげに咲く姿も良いものです。手前の紫色はオオタチツボスミレです。
Enreisop8525
ニリンソウに埋もれたオオバナノエンレイソウ
Enreison6108
     (シロバナエンレイソウと一緒に)
手前がオオバナノエンレイソウ、後ろの小さいのがシロバナエンレイソウです。右上はニリンソウ

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

北海道花散策(1)

 24日から26日まで北海道(十勝、日高方面)に花散策に行ってきました。エゾヤマザクラ(オオヤマザクラ)が咲きドロノキが芽吹き,快適な季節、お目当ての花達も見頃で大満足の3日間でした。
Enreison6101
    ( オオバナノエンレイソウ 2013.5.24)
  真白に林を埋め尽くす大群落・・・感激で、カメラを向けるのも忘れ見とれてしまいます。 本州でも見られるエンレイソウより花が大きく、群落は見ごたえがあります。白い小さな花はニリンソウです。
Enreison6081
ベストな花の状態のものが見られました。写真を クリックすると大きくなります。Enreik71473      ( オオバナノエンレイソウ 2013.5.24)

 宿の近くでしたので、翌早朝早起きし朝食前再度ゆっくり見て廻りました。出会った地元の野鳥観察の方の話ですと、「昨日、今日が一番きれいですよ」と言っていました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2013年5月23日 (木)

ツメクサ(爪草)

Tumekusan5955     ( ツメクサ 2013.5.23)
  庭や道端で多く見られるナデシコ科の花ですが、花が直径4ミリほどですので咲いていても目立ちません。我が家も庭でも、とってもとっても次から次と出てくる厄介者ですがこうして見ると可愛い花です。左に熟した種が見えます。これだけの種ですからはびこるはずですね。

happy01
明日から日曜日まで北海道に行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年5月22日 (水)

長野県で見られたスミレ

 今年は春が遅く、お目当てのスミレは蕾でしたが、他のスミレが見られました。花観察はこういう事が多いので面白いです。
Ibukisiron5828
     ( イブキスミレ白花 2013.5.18)
 やや早めに咲くスミレで,もう終盤でしたがなんとか花が残っており,真白なシロバナイブキスミレが一株だけ見られました。葉が円心形で花の時期に基部が巻いています。
Himesumiresaisinp8267
     (ヒメスミレサイシン 2013.5.18)
 このスミレも早く咲くスミレですので例年ですともう見られないのですが、何株か見られました。分布が限られる貴重なスミレで数回しか見ていません。亜高山足しの針葉樹林や林縁で見られます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年5月21日 (火)

チチブシロカネソウ

長野県で見られた花を幾つか紹介します。
Titibup8248
     ( チチブシロカネソウ 2013.5.18)
  同じ仲間にアズマシロカネソウ、ハコネシロカネソウ、ツルシロカネソウがありますが、チチブシロカネソウだけ、今まで見る機会が無く今回初めて見られた花です。しかも花が咲き初めで一番奇麗な状態でした。
Titibik71156
清楚な真白な花が沢山見られました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2013年5月20日 (月)

イカリソウ

18日、19日と植物仲間と長野県の山を歩いてきました。今年は花が遅れ気味で蕾で残念だったのものもありましたが、そのかわりにベストの花が見られ楽しい花散策でした。
Ikarisok71124
     ( イカリソウ 2013.5.18)
 新緑のなかで丁度見頃のイカリソウが沢山見られました。暑くもなく寒くもなく散策には一番気持ちよい日和です。そんなさわやかな雰囲気を伝えらればと下草の芽生えと林の芽吹きを入れてみました。
Ikarisok71120
花の形を船の碇に見立てたものです。花の色は紅紫色~白色で、葉の縁取りと細かい毛がきれいです。碇のような距の先の白色も目立ちます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年5月17日 (金)

ラショウモンカズラ

Rasyomonn5756     ( ラショウモンカズラ 2013.5.14)
 少し湿った林や山で見られます。当地では何カ所かに咲いていますが、そう多くはありません。明るい林内に咲く紫色は遠くからもよく目立ちます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2013年5月15日 (水)

カヤラン

 昨日,見て廻った花の二つ目はカヤランです。無事残っているか、毎年気にしながら見に行きます。
Kayaranp8236
     ( カヤラン 2013.5.14)
 花は見頃のようです。人通りは少ない場所ですが、気づかれないよう注意しながら撮影します。人が来ると一時中断です。
太い木の上の方に沢山ついていますが近くにはあまりありません。
何時も同じような写真なので、今回は木漏れ日を利用して撮ってみました。
Kayaranp8230_2
カヤランは樹の幹に着生するランで、葉が榧の葉に似ているのでこの名が付いています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2013年5月14日 (火)

なんとか見られたコミヤマスミレ

ドタバタしており、地元の気になっている花を見に行けず、ようやくまとめて見に出かけました。
Komiyamak71095
    ( コミヤマスミレ 2013.5.14)
 一つ目はこちらでは最後に咲くコミヤマスミです。
今年は花期が早かったり,遅かったりで戸惑っています。コミヤマスミレは今年は早かったようで、もう終盤でかろうじて花が残っていました。
Komiyamap8210
日陰を好むスミレで杉林に咲いています。葉の毛が沢山生えています。花は直径1.5cmの清楚なスミレです。コケの中に生えていました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2013年5月13日 (月)

アメリカフウロ

Amerikahuron5646      ( アメリカフウロ 2013.5.12)
 北アメリカ原産の帰化植物ですが、なかなか可愛い花です。ゲンノショウコと同じフウロソウの仲間です。葉が5〜7裂し、基部まで切れ込みます。葉の縁の赤い縁取りもおしゃれです。

happy01 昨日HPを更新しました。ご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年5月12日 (日)

カスマグサ

一週間ぶりで家の廻りを散歩しました。おなじみの花達が沢山咲いています。
Kasuman5654
      (カスマグサ 2013.5.12)
 カラスノエンドウとスズメノエンドウの中間ということでカラスのカとスズメのスをとってカスマグサと名前を付けられました。
花の大きさもカラスノエンドウとスズメノエンドウとの中間です。カラスノエンドウは莢の中に5個から10個入っていますが、スズメノエンドウは2個、カスマグサはその中間の4個入っています。
Kasuma
 一枚目の写真では小さくて良くわかりませんが,アップで撮るとこんな花です。長さ5から7mmです。

happy01 久しぶりでHPを更新しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年5月11日 (土)

アカネスミレ(群馬)

今回の群馬行きもスミレがメインです。
Akanesumirek70994
      (アカネスミレ 2013.5.8)
 花の色を茜色に見立て名付けられたスミレですが、花の色は変化が多いです。薄いピンクのものはウスアカネスミレと呼ばれています。
この個体は一番多く見られる花の色です。一眼レフカメラで撮影
Akanesumiren5535
 日当りの良い野原や低山の林で見られます。全国に分布していますので良く見られる、おなじみのスミレです。大株をコンデジで撮影。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2013年5月10日 (金)

サクラスミレ

先々週に続き、8、9日とまた群馬行ってきました。前回は寒くてふるえていましたが,今回は暑いくらいでした。
Sakuran5532
     (サクラスミレ 2013.5.8)
 地元(日立市)では数が少ないスミレの女王サクラスミレを沢山見ることができました。日当たりの良い雑木林の枯れ葉の間から紅紫色の大きな花が顔を出しています。
コンデジで撮ると,後ろまでくっきりでますね、
Sakurasumirek71021
こちらは一眼レフカメラでバックをぼかして。
一日のんびり昼寝でもしたくなる気持ち良い林です。 ジュウニヒトエ、アカネスミレ、ニオイタチツボスミレ、オトメスミレなども見られました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2013年5月 6日 (月)

クマガイソウ

Kumagain5493     ( クマガイソウ 2013.5.6)
 隣町でクマガイソウを見てきました。個人の家の敷地で、昔から自生したものを増やしたようです。花は少し盛りを過ぎていましたが、クマガイソウを見るのは3年ぶりでしたので嬉しい出会いでした。
Kumagain5499
 当地でも以前は杉林などで自生していましたが,ランは盗られたり,環境の変化等で自然の状態のものは滅多に見られなくなりました。
同じ仲間のアツモリソウはさらに見る機会は少ないです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2013年5月 5日 (日)

ウラシマソウ

Urasimason5393     ( ウラシマソウ 2013.5.5)
 肌寒い日が続いていますが,草むらはすっかり茂り、初夏の植物達が次々と咲いています。草むらでウラシマソウが群生していました。
この仲間(サトイモ科テンナンショウ属)は似たようなものが多く、地域性もあり名前の同定は難しいですが、ウラシマソウは釣り糸のような付属帯があるので簡単に見分けられます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年5月 4日 (土)

ヒメハギ

Himehagin5405      ( ヒメハギ 5.2)
蝶型の花で、ハギの名前が付いていますがハギの仲間(マメ科)ではなく、ヒメハギ科です。珍しい花ではありませんが、何処でも見られる花でもありません。
色合いがとてもきれいです。左右に広がっている幅の広いのは萼片で先端の房状のものが花弁です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年5月 3日 (金)

フデリンドウとコケリンドウ

この時期,見たい花が沢山あり何処に行こうか迷います。御前中は秘密の山のエビネを見て,帰りにフデリンドウ・コケリンドウを見てきました。
Hudek70979
      (フデリンドウ 5.2)
小型ですが,俺はリンドウだぞと青紫色の花を精一杯開いています。日当りの良い芝生でスギナにかくれるように咲いていました。今年はちょっと時期が過ぎていたようです。
Koken5426
      ( コケリンドウ 5.2)
 ここではフデリンドウとコケリンドウが同時に見られます。花はフデリンドウの半分以下,花の色は淡い青紫色で控えめですが,花つきはフデリンドウより良いです。
Hudekoken5416
仲良く,一緒に咲いていました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2013年5月 2日 (木)

オオカワヂシャ

お天気が悪い日が続いていましたが、今日は久しぶりに晴れました。しばらくぶりでマイフィールドにでたら初夏の花が色々と咲いていました。
Okawajisyak70894
     ( オオカワヂシャ  2013.5.2)
 休耕田の脇の流れの中でオオカワヂシャが咲いていました。在来種のカワヂシャは滅多に見られませんが帰化種のオオカワヂシャはあちこちで見られます。カワヂシャは若芽をを刺身のつまなどにするようで、チシャはレタスのことで川辺に生えるチシャと言う意味で名がついたようです。
レタスはキク科、カワヂシャはゴマノハグサ科です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年5月 1日 (水)

群馬のスミレ(2)

一番多く見られたのはエイザンスミレでした。
花の色も変化があり,それぞれ見な可愛いのでみんな撮りたくなってしましいます。
Eizank70888
      (エイザンスミレ)
色とりどりのエイザンスミレがまとまって咲いていました。道路脇に咲いていたのを同行の運転手が見つけました。夕方です。
Eizann5196
ちょっとピーークを過ぎていますが、ピンクの花が奇麗だったので・・・
エイザンスミレは杉林の縁が大好きです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »