« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月30日 (水)

ハマギク

Hamagikun9261     ( ハマギク 2013.10.29)
 毎年、同じような時期に、同じような場所を廻り、この花に出会う。岩にしがみつくように生えているもの、草むらで暖かそうに咲いているもの。それぞれ、今年も奇麗な花を見せてくれる。
「今年も元気に咲いたね」と声を掛けると「毎年ご苦労様、貴方も元気そうだね」とかえってくる。
崖の縁に咲いているものはみんな海の方を向いているので上から覗き込んで、花をのぞく。
Hamagikun9300
岸壁脇の枯れたススキの草むらで,気持ち良さそうに咲いている。。ここなら台風が来ても大丈夫だね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2013年10月29日 (火)

センブリ

Senburin9296      ( センブリ 2013.10.29)
 ここは帰宅から車で1時間弱の海崖脇の林です。昨年は9月に沢山のセンブリが出ているのを見つけ、花の時期に行ったのですが、全部刈られていました。今年また行って見ました。小道の脇にどっさりと咲いていました。
画像をクリックして見てください。丁度良い時期に草刈りがされたようです。
Senburik73654
この林は小道が何本かあり、適当に草刈りがされているので、季節ごとに色々な花が見られ、お気に入りのフィールドです。こんな株が沢山ありました。
Senburik73664
センブリはこの季節の花として欠かせない一つです。花びらの裏のうっすらとした紫色が良い色合いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年10月28日 (月)

サルトリイバラ

Sarutoriibarak73631     ( サルトリイバラ 2013.10.27)
 草むらに赤い実がちらっと見えたので、近寄って見るとサルトリイバラの実でした。 今年は木の実も赤くなるのが早いような気がします。
サルトリイバラは葉はあちこちで良く見られますが、実の方はそれほどみかけません。雌雄別株なので雌株が少ないのかもしれません。
25日、26日とかなり雨が降ったので山道はぬかるみ、沢の水も勢いよく流れていました。久しぶりの山道散策でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月27日 (日)

キッコウハグマ

Kikohagumak73634     ( キッコウハグマ 2013.10.27)
 一年は早いものですね。またキコウハグマの咲く時期になってしまいました。 キッコウハグマ も作年より2週間ほど早く咲き出していました。
先端の尖った細い蕾のようなのは 閉鎖花(花は開かないで自家受粉し果実になったもの)です。 毎年、飽きる事無く同じような写真を撮っていますが 今年も見られた事を感謝しながらカメラを向けます。
Kikohaguman9246 花の直径は1cmと小さいので咲いていても気がつかない人が多いです。近づいてよく見ると3個の小花が集まった花である事がわかります。花冠の先は5つに分かれています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2013年10月26日 (土)

もうキヅタが

Kidutan9224     ( キヅタ 2013.10.23)
 例年ですと11月の中旬以降にならないと咲かないキヅタが今年は早々と見頃でした。今年は全体的には花が早いのですが、センブリなどはまだ咲いていませんので、早いのものと遅いものがあるようです。キヅタは地味な花ですが好きな花です。
センブリ、キッコウハグマ、リンドウ、コオヤボウキなどの花が気になりますが、雨続きで・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年10月25日 (金)

セイタカアワダチソウ

Seitsakan9217     ( セイタカアワダチソウ 2013.10.23)
 空き地などに繁茂して大群落をつくる帰化植物なので、嫌いだという人も多いようですが、すっかりおなじみになった季節の花です。こうして見ると、アキノキリンソウの仲間ですので奇麗な花です。
嵐の前の静けさでしょうか、外はとても静かです。(日立市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月23日 (水)

コセンダングサ

Kosendann9229     ( コセンダングサ キク科 2013.10.19)
 キク科の花は小さな花が沢山集まったもの(頭状花)です。外側に花びらの付いた舌状花があり真ん中は筒状の花になったものが多いのですが、コセンダングサは花びらのような舌状花が無く、筒状花だけが集まっています。ですから咲いていても目立ちません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年10月22日 (火)

ウシハコベ

Usihakoben9215     ( ウシハコベ 2013.10.19)
 ハコベは春の七草の一つですね、ハコベにはハコベ(ミドリハコベ)、コハコベ、ウシハコベがあります。その中で一番遅くまで花が見られるのがウシハコベです。ミドリハコベやコハコベに比べ全体に多いです。葉の形も違います。
Usihakoben9215a
ウシハコベと他のハコベとの大きな違いは雌しべの花柱が5個あることです。ほかのハコベは3個です。真ん中のくるっと丸まっているのが花柱です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月20日 (日)

アオハダ

Aohadan9050     ( アオハダ 2013.10.13)
 木の実が次々と色づいています。葉が落ち真っ赤な実が鈴なりになっているのを撮る事が多いのですが、葉が緑のうちも、実が映えますね。
ウメモドキと同じモチノキ科で、実も良く似ていますが実の付き方が違い、大きさもウメモドキより少し大きいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月19日 (土)

那須岳の秋2

Kokemomon9121     ( コケモモ 2013.10.14)
 これくらい熟すと甘いんでしょうね。花の時期に比べ葉の緑色が濃く、赤い実との色のバランスがとても良いです。
Sirataman9147
     (シラタマノキ 2013.10.14)
 シラタマノキもコケモモもツツジ科の木です。こちらの実は何故か食べたいとは思いませんね。色のせいでしょうか。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月18日 (金)

イシミカワ

Isimikawan9206     ( イシミカワ 2013.10.18)
 葉は三角形で同じタデ科のママコノシリヌグイとそっくりです。ノブドウのように色とりどりの色の実をつけます。つる性で茎に下向きの刺が生えており、これでほかのものにからみつきます。散歩道の草むらを覆っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月17日 (木)

那須岳の秋

那須では花はほとんど見られませんでしたが、色々な木の実、草の実が見られました。
Hirohsahebik73598
     ( ヒロハヘビノボラズ 2013.10.14)
 5、6月に淡黄色の目立たない花を咲かせます。枝の節に鋭い刺がありますので、近づく時は要注意です。真っ赤な実はつやがあり目立ちます。葉の紅葉もきれいです。
Maizurusok73629
(マイヅルソウ 2013.10.14)
 5月~7月に山地から亜高山帯で白い花を咲かせるマイヅルソウは実もきれいです。最初は褐色ですが、熟すと真っ赤になり、日が当たると一層輝いて見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月16日 (水)

オトコヨウゾメの実

Otokoyozomep9782     ( オトコヨウゾメ 2013.10.12)
 オトコヨウゾメはガマズミの仲間です。花は6月頃まばらに垂れさっがてつきます。真っ赤な実が輝いていました。11月になると葉が赤く紅葉しててきれいですがその頃になると実はあまり残っていません。
Otokoyozomek73533
葉がまだ青々としており、実の数も多く新鮮でとても奇麗でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年10月14日 (月)

ちょと遅かった那須岳の紅葉

Nasukoyon9164( 那須岳の紅葉 2013.10.14)画像をクリックして見て下さい。
 先週行こうと思っていたのですがお天気が悪かったり、予定があったりで出遅れ、今日出かけました。朝3時半過ぎにに家を出て6時には着いたのですが、登山口の駐車場、ロープウエイの駐車場も既に満車。(午前3時には満車になったそうです)下の大丸駐車場になんとかとめられました。
Nasukoyon9171
紅葉は上の方はもう終盤、下の方でなんとか見られましたが、紅葉はいまいちの結果でした。でもお天気が良く、ナナカマド・シラタマノキ・ツルツゲ・マウヅルソウ・コケモモ・ヒロハヘビノボラズの実を楽しみながら南月山、姥が平をのんびり散策してきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年10月13日 (日)

ダイモンジソウ

Daimonnjik73550     ( ダイモンジソウ 2013.10.13)
 昨年は不作で写真が撮れなかったダイモンジソウ、今年はどうかとちょっと北の渓谷に行って見ました。まあまあの数が咲いていました。昨日は30度を超す暑い日でしたが、今日はちょと涼しくなり,流れの脇は心地良いです。
Daimonjik73577
大きな岩や石があり足場が悪いので、注意しながら歩き回りお気に入りの構図を探します。
Daimonjin9084
雄しべは10個で淡い橙色の葯が見えます。葯が落ちると,閉じていた雌しべの先の二本の柱頭が左右に開き、他の株からの花粉を受けるそうです。近親交配を避ける仕組みのようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年10月12日 (土)

オヤリハグマ

Oyarihagumak73507     ( オヤリハグマ 2013.10.12)
 この山にはオクモミジハグマ・カシワバハグマ・オヤリハグマ・キッコウハグマが一緒に生えています。オクモミジハグマが最初に咲き始め、続いてカシワバハグマ、オヤリハグマ、キッコウハグマの順に咲きます。オクモミジハガウマ、カシワバハグマは花が終わっていました。
Oyarin9052
小花が一つなので、他のハグマに比べ花が寂しいですが、葉が三裂に切れ込み、葉と花のバランスが良いので気にいっています。葉が切れ込まないもののありセンダイハグマと名付けられているようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年10月11日 (金)

イヌガラシ

Inugarasik73500     ( イヌガラシ 2013.10.11)
 春の花ですが、秋の終わり頃まで咲いています。稲刈りの終わった田んぼの縁に咲いていたものでですが、春のような感じの写真になりました。
和名の由来は、カラシナに似るが食用にならないというところからきているようです。でも食べてみるとちょっと辛くて歯ざわりも良いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年10月 9日 (水)

ナンバンギセル

Nanbank73482     ( ナンバンギセル 2013.10.8)
 昨年見られなかったので、今年は見ようと思いながら、今頃になってしまいまいした。何個か残っているかと行って見ました。海岸の岸壁の上のススキの茂る草むらです。やはり今年は花が早いので、ちょっと遅かったようでほとんどが終わっていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年10月 8日 (火)

田んぼ散策

 Himejisok73441     ( ヒメジソ 2013.10.8)
 我が家から住宅地をぬけると田んぼや畑が広がっています、さらに久慈川を渡ると東海村の田んぼが広がっています。散歩はそんな田んぼ道が多いです。散歩コースは10以上ありますので毎日変えた道を歩いています。
今日は東海村の田んぼ・休耕田を散歩しました。可愛いヒメジソが彼方此方で咲いていました。
Mizosoban8972      ( ミゾソバ 2013.10.8)
田んぼにより生えている植物も微妙に違います。 この時期タデの仲間が目立ちます。ミゾソバも休耕田に一面に咲いていました。花の色がピンクの濃いものから白いものまでそれぞれ微妙に違います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月 7日 (月)

ウンラン当たり年

Unranp9768       (ウンラン 2013.10.7)
 家の近くの海岸で見られるウンラン、今年は花付きの良い大株が一面に咲いていました。午後から曇って来たので様子見に出かけたのですが,こんな沢山咲いたのは初めてです。画像をクリックすると大きくなります。
Unrann9002 まるで花壇のようです。誰もいない砂浜で独り占めしてきました
Unranp9752例年はこんなもんです。花がランに似ていて海辺に生えるので海蘭と名付けられたようです。新分類ではゴマノハグサ科からオオバコ科に変更になっています。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2013年10月 5日 (土)

ツリフネソウ

Turihuneson8938     ( ツリフネソウ 2013.10.3)
 ツリフネソウは8月から9月に咲くはなですが、私の散歩コースのツリフネソウは10月になっても沢山花を咲かせます。実になっているものもありますがまだ花が沢山残っています。
Turihunesop9737 散歩道では一カ所だけ白い花が混じって咲きます。上の場所とは少し離れているのですが,こちらは花はもう終盤です。花の時期は微妙ですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2013年10月 4日 (金)

アカバナ

Akabanan8940     ( アカバナ 2013.10.3)
 アカバナにも何種類かありますが、一番良く見かけるのがこのアカバナです。湿った休耕田水に咲いていました。淡いピンクのはなです。それなのに赤花という名前から付いていますが、これは秋になると葉が赤く紅葉するとろから付けられた名前と言われています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月 2日 (水)

カラスノゴマ

Karasunogomagp9746     ( カラスノゴマ 2013.9.29)
 先月27日に何時も見る山に行って見たらもう花が終わり実になっていました。今年は見損なったと思っていたら,散歩中田んぼ脇の藪の中でぽつんと咲いていました。こんな近場にあったとは気がつきませんでした。なかなか花の良い時期に出会えません。新分類ではシナノキ科からアオイ科になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月 1日 (火)

イヌショウマ

Inusyomak73353     ( イヌショウマ 2013.9.28)
 久しぶりで筑波山に行ってきました。ちょっと盛りを過ぎていましたが真っ白なイヌショウマが林のあちこちで見られました。この花は県北には少ないようで見かけません。サラシナショウマの仲間で花は似ていますが、サラシナショウマのように垂れ下がりません。
Inusyomak73365 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »