« オオオナモミの実 | トップページ | カシワバハグマの実 »

2013年12月22日 (日)

キタミソウ

見に行こうと思いながら、延び延びにしていたキタミソウを見に行ってきました。朝からぽかぽか陽気なので出かけたのですが、開けた川辺のせいか北風が強く寒くて、早々と切上げて帰ってきました。
Hukuokazekin9942_2
        (生育場所 2013.12.22)
 春、田んぼ作業が始まる頃、田んぼの用水に使うため水門を締め川の流れを止めるためその場所は水に埋まります。秋の稲刈りの季節になると水門が開かれ水位が下がります。水が引いた泥の上で発芽しすぐに花を咲かせ、春まで種を作ります。
上記の水位管理が無くなると姿を消してしまいます。
Kitamik73845
     ( キタミソウ 2013.12.22)
 細いさじ形の葉の間に2、3mmの白っぽい小さい花をつけます。花が咲いていても近づきのぞき込まないと見つかりません。
Kitamin9921
     ( キタミソウ 2013.12.22)
 水辺の泥の中に生えており、一昨日かなり雨が降ったので泥をかぶったようです。
北海道の北見で見つかったので北見草の名がつけられ、北海道、九州、関東の一部でしか見られません。

|
|

« オオオナモミの実 | トップページ | カシワバハグマの実 »

野の花」カテゴリの記事

コメント

まささん

キタミソウは希少種ですのでなかなか見られませんね。

投稿: やまそだち | 2013年12月26日 (木) 17:56

やまそだちさん こんばんわ!
キタミソウ!此方では観れ()い花です。
よくぞこん()小さい花を綺麗()撮られています()。
貴重です。 (スミマセン パソコン N行がうてません)

投稿: まさ | 2013年12月25日 (水) 20:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156031/58801474

この記事へのトラックバック一覧です: キタミソウ:

« オオオナモミの実 | トップページ | カシワバハグマの実 »