« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

サナエタデ

Sanaetaden2107     (サナエタデ 2014.5.31)
 散歩途中、草ぼうぼうの畑一面にタデの花が咲いていました。この時期(田植えの頃)に咲くサナエタデです。この時期見られるタデはサナエタデかハルタデです。
Sanaetaden2108
タデはみな似たような感じですが、花の咲き方、托葉鞘などのポイントを見ると見分けられます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年5月30日 (金)

ミゾホオズキ

 午後からあまり暑いので沢沿いは涼しいかと出かけたのですが、沢も暑かったです。
Mizohodukin2051      (ミゾホオズキ 2014.5.30)
 亜高山帯で咲くオオバミゾホオズキは見る機会が多いのですが、平地に咲くミゾホオズキは珍しいものではないのですが、何故か見る機会が少ないです。市内の山の沢沿いに咲いていました。
午後からあまり暑いので沢沿いは涼しいかと出かけたのですが、沢も暑かったです。
新分類ではゴマノハグサ科からハエドクソウ科になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年5月29日 (木)

ニガナ

 山道ではガマズミ、イボタノキ、ウツギ、エゴノキ、ノイバラなど白い花の木が目立ちますが、草の花ではウマノアシガタ、キツネノボタン、オオジシバリ、コウゾリナ、ブタナ、ニガナ、カタバミなど黄色い花が多いです。
Niganan2023
      (ニガナ 2014.5.29)
 貧弱な花ですが、群生するとなかなかきれいです。茎や葉を切ると苦みのある白い液がでるので苦菜と名付けられました。
Niganap0738
葉を入れて撮ろうとするとこんな写真になります。ニガナは舌状花が5~7枚、8~10枚のものは変種のハナニガナと図鑑には載っていますが、入り乱れて咲いていますのであえてハナニガナとせずニガナとしました

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年5月28日 (水)

ハナウド

Hanaudon1908     (ハナウド 2014.5.28)
 近くの川の縁の草むらで毎年この花が見られます。一つ一つの花は小さく目立ちませんが花序が大きく、群生すると一面真っ白になりとてもきれいです。葉がウドに似ているのでハナウドの名前が付いていますがウドの仲間(ウコギ科)ではなくセリ科です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年5月27日 (火)

ウスベニチチコグサ?

Usubenititikon1984     (ウスベニチチコグサ? 2014.5.25)
 この時期、公園などを歩くとチチコグサやハハコグナなどの仲間(ハハコグサ属)の花が良く目に付きます。花は地味であまり奇麗でないので目を向ける人はいないようです。
そんななかで、ウスベニチチコグサは花がちょっと赤みを帯び帯び、他のものより可愛い感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年5月26日 (月)

タツナミソウ(立浪草)

Tatunamison1955     (タツナミソウ 2014.5.25) 
 大好きなタツナソウが咲き始める頃と出かけました。草むらでぽつりぽつりと咲き出していました。あまり日当りの良い場所は好まないようです。
Tatunamisop4509
  カマキリのように頭を持ち上げ、みな行儀よく同じ方向を向いて咲いています。海岸に泡立つ浪にたとえ付けられた名前です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年5月25日 (日)

ナツハゼ

Natuhazen1898_2     (ナツハゼ 2014.5.22) 
 秋の紅葉と黒い実は良く撮りますが、花はあまり目立たないせいかblog初登場です。山の林縁で良く見かけたものです。鐘形の花がずらりと並んでしました。黒く熟した実はブルーベリーの一種ですから食べられます。甘酸っぱい味がします。ツツジの仲間ですが、夏の強い日に当たるとハゼノキ(ウルシ科)のように紅葉することからナツハゼになったと言います。
画像をクリックすると大きくなります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年5月24日 (土)

コゴメウツギ(小米空木)

Kogomeutugin1916     (コゴメウツギ 2014.5.24) 
 この時期ウツギ(空木)と名の付く花が色々咲いています。コゴメウツギはコゴメ(小米)の名前のように小さい花が散房状につきます。コゴメウツギはバラ科ですがとげはありません。

Kogomeutugin1919
      (コゴメウツギ 2014.5.24)
 花弁は白ですが、萼筒のが内側が黄色いので遠くから見ると黄色っぽく見えます。萼片も白いので花びらが10枚に見えますが、へら状の5枚が花びらで、丸い白いのは萼片です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年5月23日 (金)

ルイヨウボタン

Ruiyobotann1817     (ルイヨウボタン 2014.5.17) 
 北海道から九州に分布し、山の林の縁などに生えます。和名は類葉牡丹で葉が牡丹に似ていることからきています。
Ruiyon1818      (ルイヨウボタン 2014.5.17)
 黄緑色の花を円錐状につけます。6個の花弁に見えるのは内萼片で、花弁は雄しべの根元につきます。じっくり見ると、地味ですが美しい花です。 果実は直径約8ミリの球形で、秋に藍色に熟します。

happy01
HPに「花アルバム77」をアップしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年5月22日 (木)

シロヤシオ

Siroyasion1772     (シロヤシオ 2014.5.17)
 毎年見たいツツジです。昨年は見られませんでしたが、今年は福島県の甲子高原で見る事ができました。5枚に輪生した葉も奇麗で、純白の花は一層引き立ちます。老木になると肌が松の木肌のように裂けるのでマツハダという別名も持っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年5月21日 (水)

クルマバソウ

Kurubamason1808     (クルマバソウ 2014.5.17)
 アカネ科の花は白くて,小さいものが多いです。そんな中クルマバソウは純白なので直径1センチにも満たないい花ですが、山地の草むらでは良く目立ちます。
Kurubamason1812     (クルマバソウ 2014.5.17)
良く似たものにクルマムグラがありますが、花の形、葉の枚数などが違います。クルマムグラの葉は普通6枚ですが、クルマバソウは6枚から10枚です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年5月20日 (火)

フモトスミレ

 今年もフモトスミレは沢山見ましたが、ちょっと気になるフモトスミレです。
Humotop0532
     (フモトスミレ 2014.5.3)
 これは地元の山で見た普通のフモトスミレです。
Humoton0991
    (気になるフモトスミレ 2014.4.20)
花弁が丸く見え、花の感じがちょっと違います。でも咲きはじめのせいでしょうか?? 何か交雑している??

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年5月19日 (月)

サワハコベ

Sawahakoben1803     (サワハコベ 2014.5.17)
 ミヤマハコベは山道で良く見かけますが、サワハコベは見る機会が少ないです。谷沿いの湿った場所に生育します。
5枚の花弁の先が浅く切れ込みます。花の数が少ないものが多く、今まで見たものは2、3個の花しか見られませんでした。
沢山咲いているのを初めて見られました。
Sawahsakoben1796

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2014年5月18日 (日)

スズラン

昨日(17日)、観察会で新緑の福島県甲子高原を歩いてきました。
Suzuranp0689      (スズラン 2014.5.17)
 自生のスズランはなかなか見られません。3年ぶりで見られました。和名の「君影草」の名前がぴったり、葉に隠れるように咲いています。
庭に植えられているスズランはドイツスズランと言われているものでヨーロッパから入ってきたものです。ドイツスズランは花が葉と同じか上の高さになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年5月17日 (土)

トベラとシャリンバイ

 15日、16日は会社OBの同期会で千葉に行ってきました。帰り犬吠埼を散策してきました。Toberan1755      (トベラ 2014.5.16)
この時期,海岸の林で見られる花です。咲きはじめは真っ白で古くなるとクリーム色になります。とても良い香りがします。
Syarinbaicn1752      (シャリンバイ 2014.5.16)
こちらも,海岸の林で良く見られる花です。葉がモッコクに似ています。花はノイバラに似ています。バラ科です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2014年5月14日 (水)

ナルコユリ(鳴子百合)

Narukoyurip0659     (ナルコユリ 2014.5.12)
 私にとって鳴子は懐かしいものですが、今では見られないので知らない人が多くいでしょうね。縄を張りそこに竹筒をぶら下げたもので、縄を引っ張るとがちゃがちゃなります。これで田畑の鳥を追い払います。
風で揺れるナルコユリを見ながら昔を思い出しています。
ナルコユリ・アマドコロなどは新分類ではユリ科から聞き慣れないキジカクシ科になりました。
coldsweats01
明日,明後日はお休みします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年5月13日 (火)

キンラン

Kinrann1699     (キンラン 2014.5.12)
 当地の山ではキンランを見ることが少なくなってしましました。里山の手入れがされなくなり木が茂り薮になってしまっているのも原因の一つです。
Kinrann1713 知り合いが大分前に山を購入し、薮だった林をきれいにした場所に出て来たものです。日当りが良くなり毎年増えて来ています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2014年5月12日 (月)

タニギキョウ

Tanigikyon1682     (タニギキョウ 2014.5.11)
 日が当たらないと開かず、花びらも1cm以下の小さな花なので見落とすことも多いですが、山道の木陰や谷筋などで良く見られます。花は白色で薄い紅紫の筋が入ります。昨日のハイキングで行きは花が開いていませんでしたが、帰りに開いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年5月11日 (日)

フジスミレ

 昨年は見に行けなかったフジスミレが見たくなり、昨日、急遽に日光まで出かけてきました。2011年は5月21日でちょっと遅く、2012年は5月2日で早すぎ、その中間ということで出かけました。
Hujisumiren1574      (フジスミレ 2014.5.10)
日光から足尾あたりに生育するスミレです。花付きがあまり良くないスミレのようで株は沢山あるのですが、大抵一個しか花を付けていません。美しいヒナスミレの母種ですので良く似ています。葉に斑が入ります。

Hujisumirep0645_2 葉に斑の入らないものです。ミドリフジスミレと名付けられています。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2014年5月10日 (土)

小川の脇の草むらで

Urasimasop4432     (ウラシマソウ 2014.5.9)
こんな所で釣り糸たてて、なに釣るの
Rasyomonp4437      (ラショウモンカズラ 2014.5.9)
緑のなかに紫色の花は良く映えます
Syagap0618      (シャガ 2014.5.9)
朝開いて、夕方しぼむ花です。開いたばかりの奇麗な花

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年5月 9日 (金)

沢歩き

 昨日は沢沿いを歩きました。お目当てはヒイラギソウ。もう咲いている時期ですが、大分上まで沢を登ったのですが、沢の両側にあったのが見当たりません。急斜面で崩れやすい場所ですので流されてしまったようです。かろうじてピンクのものを一株だけ見つけ、がっかりして沢を下ると以前はなかった沢の入り口に10本ほど咲いていました。
Hiiragison1478      (ヒイラギソウ 2014.5.9)
ピンク色の花のものだけはなんとか生き残っていたようです。
Hiragisop0597 沢の入り口で見つけたもの。薄暗くし当りの良くない場所ですので、花はちょっと貧弱ですが、あきらめていたので出会えただけで満足。
Konronp4424      (コンロンソウ 2014.5.9)
近くに咲いていたコンロンソウです。この花の白さを中国の崑崙山脈の雪に見立てたという説があります。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2014年5月 8日 (木)

ツクバネウツギ

Tukubaneutugip0516     (ツクバネウツギ 2014.5.3)
咲き始めたばかりのツクバネウツギが見られました。
ウツギはアジサイ科ですがツクバネウツギはスイカズラ科です。幹が中空なのでウツギ(空木)という名がつけられおり他にもウツギのつく植物は沢山あります。
Tukubaneutugin1337 花の色は白色、淡黄色、淡紅色があります。放射線状の5枚の萼片が目立ち、萼片からツクバネ(衝羽根)の名前がつきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年5月 6日 (火)

スミレ交雑種(3)

Midorimitumorip0426     (ミドリミツモリスミレ 2014.4.27)
マキノスミレとフモトスミレの交雑種です。
Hiratukap0480      (ヒラツカスミレ 2014.4.29)
エイザンスミレとヒゴスミレの交雑種ですが、紛らわしいものが多いです。どちらに似るかで花もかなりちがってみえます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年5月 5日 (月)

ヒメイズイ

Himeizuip4348     (ヒメイズイ 2014.5.3)
アマドコロの仲間で、緑白色の地味な花です。珍しいものではありませんが、何処でも見られるものでもありません。当地では良く見られます。イズイ(萎蕤)はアマドコロの根茎のことだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年5月 4日 (日)

スナビキソウ

 久しぶりの海岸です。花期が年のよりかなり違うスナビキソウ。今年は早めに行って見ました。花はばっちでした。
Sunabikin1430
     (スナビキソウ 2014.5.4)
海岸の花は、光線の加減で海をバックに撮るのはなかなか難しいです。
砂引草という名前どおり、砂浜の砂の中に地下茎を伸ばして増えて行きます。
今年はかなり広がり群落になっていました。
Sunabikip0563
花は白ですが,のどもと部分が緑かかった黄色を帯び、地味ながら味のある色の花です。ワスレナグサと同じムラサキ科に属します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年5月 3日 (土)

アケボノスミレ(群馬にて)

 昨日のスミレはが茜、今日スミレは曙、花の色を曙の空の色にたとえて付いた名前です。こうした和名を聞くと、日本人の細かな感性に感心します。日本の伝統色は251色あるようです。
Akebonop0488
     (アケボノスミレ 2014.4.29)
花の色が鮮やかで花も大きくとても奇麗なスミレです。距(花の後ろの袋)が太くぼってりしてるのも特徴です。アケボノスミレは花の開く時期には、葉はまだ開かず徐々に開いてきます。
Akebonop4320
白花です。なかなか見ることが出来ません。初めての出会いでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年5月 2日 (金)

アカネスミレ(群馬にて)

 28日、29日は中之条でのスミレ観察会でした。タチツボスミレについで一番多く目に入ったのがアカネスミレです。
紅紫色で鮮やかなので良く目立ちます。花の色を茜色に見立て名付けられたスミレですが、花の色は変化が多いです。
Akanep4288 これが茜色でしょうか。
Akanen1288 こんな場所が好きなようです。
Akanen1209 薄いピンクのものはウスアカネスミレと呼ばれています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年5月 1日 (木)

スミレ交雑種(2)

Hargurosuwap4176     (ハグロスワスミレ 2014.4.20)
 タカオスミレ(ヒカゲスミレの葉の表面がこげ茶~黒紫色になるもの)とエイザンスミレの交雑種です。
Higon1021
    (ヒトツバエゾスミレ×ヒゴスミレ 2014.4.2)
 エイザンスミレとの交雑種ならヒラツカスミレでしょうが、この地にはエイザンスミレは無く、ヒトツバエゾスミレばかりです。(同行の花友同定)他にフイリフモトスミレもあり昨日紹介したフイリタナオスミレも見られました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »