« ニガイチゴの実 | トップページ | 白馬散策(6) »

2014年6月26日 (木)

白馬散策(5)

白馬の花、あと幾つか紹介します。
Kinugasan3202
     (キヌガサソウ 2014.6.22)
今回のお目当ての花の一つです。昨年に続き咲き出したばかりの新鮮な花が沢山見られました。
Kinugasan3235 花びらと輪生する葉は6枚から12枚とまちまちですが、良く観察すると花びら、雄しべの数と輪生する葉の数が同じです。中には例外もあります。
Kinugasap1144 横顔も一枚。

|
|

« ニガイチゴの実 | トップページ | 白馬散策(6) »

野の花」カテゴリの記事

コメント

ほととぎさん

私も昨年、今年と新鮮な花は2回目です。
ツクバネソウは良く似ていますね。

投稿: やまそだち | 2014年6月27日 (金) 20:19

新鮮なキヌガサソウの群生に出会うと、息をのみますね。
そんな出会いは、2回くらい?しかなかったですけど。

花弁の数が変わるこの花、今、何科だろう?って調べたら、シュロソウ科(メランチウム科)でした。
シライトソウ、ショウジョウバカマ、エンレイソウ、ツクバネソウ、バイケイソウ、などがこの科なんですね。
何となく、似た者同士ではありますね。

投稿: ほととぎ | 2014年6月26日 (木) 23:35

アライグマさん

昨年は6月23日でしたので、この時期が一番いい時期のようです。

投稿: やまそだち | 2014年6月26日 (木) 21:22

おーーーまだ中心部に如雨露の口のような部分が出来る前の一番美しい時期ですね。
(^o^)/ うらやましい

投稿: アライグマ | 2014年6月26日 (木) 19:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156031/59881148

この記事へのトラックバック一覧です: 白馬散策(5):

« ニガイチゴの実 | トップページ | 白馬散策(6) »