« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月30日 (月)

テイカカズラ

Teikakazuran3312     (テイカカズラ 2014.6.28)
 山で見られるテイカカズラは花付きがあまり良くないものが多いのですが、久しぶりで花付きの良いものが見られました。(庭の垣根で見られるものはは種が違うかもしれません。)ちょっと高いところなので,望遠で撮ったのですが、揺れており大分時間がかかりました。

Teikakazuran3308_2  くるっとカールしたプロペラのような花はかわいいです。

happy01まそだちHPに「花アルバム78」を追加しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年6月29日 (日)

ムラサキシキブ

Murasakisikibup1200    (ムラサキシキブ 2014.6.28)
 秋に熟し紫色になる実は良く目立ち、庭などにも植えられているので誰でも見ていると思います。この時期に咲く薄い赤紫色の花は小さくあまり目立たないので見落としがちです。近寄ってみると淡い赤紫の花冠から突き出した黄色い葯がきれいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年6月28日 (土)

ハマツメクサ

Hamatumekusan2979     (ハマツメクサ 2014.6.27)
 今の時期の海岸では花葉あまり見られません。海岸の砂地で見られます。海岸植物らしく葉が厚く、つやがあります。ツメクサと比べると茎も太く葉の巾も広いです。
Hamatumekusan2980
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年6月27日 (金)

白馬散策(6)

Osakurason3220(オオサクラソウ 2014.6.22)
 この花も新鮮なものを見るにはこの時期が良いようです。鮮やか色ですので、緑に良く映えます。
Osakurason3221 雪解けを待って咲き出します。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2014年6月26日 (木)

白馬散策(5)

白馬の花、あと幾つか紹介します。
Kinugasan3202
     (キヌガサソウ 2014.6.22)
今回のお目当ての花の一つです。昨年に続き咲き出したばかりの新鮮な花が沢山見られました。
Kinugasan3235 花びらと輪生する葉は6枚から12枚とまちまちですが、良く観察すると花びら、雄しべの数と輪生する葉の数が同じです。中には例外もあります。
Kinugasap1144 横顔も一枚。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

ニガイチゴの実

Nigaitigop1194     (ニガイチゴの実 2014.6.25)
 久しぶりで地元の山を歩いてきました。あちこちで真っ赤に熟したニガイチゴが見られました。モミジイチゴほどの甘さはありませんが,美味しいです。画像をクリックすると大きくなります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年6月25日 (水)

白馬散策(4)

二日目は猿倉から白馬尻まで歩きました。Daisekkein3214_2     (大雪渓 2014.6.22)
Obamizop1163     (オオバミゾホオヅキ 2014.6.22)
 沢沿いや湿った場所に生えます。ちょっと見はキスミレのような感じがします。雨模様のお天気でしたので黄色の花が一層鮮やかでした。
Zudayakusyun3179    (ズダヤクジュ 喘息薬種 2014.6.22)
 長野県の方言で喘息のことを「ズダ」と言い、これが薬になることから付けられた名前だそうです。花が小さく色も目立たないので撮りにくい花です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2014年6月24日 (火)

白馬散策(3)

Otakanen3027     (オオタカネバラ 2014.6.21)
 八方尾根にはオオタカネバラとタカネバラがあります。タカネバラは7月上旬にならないと咲かないようです。タカネバラより花が大きく葉の先が尖るのが特徴です。

Musitorityabon3056     (ムシトリスミレ 2014.6.21)
 葉の表面から粘液を出し小さな虫を捕まえる食虫植物です。花がスミレに似ているのでスミレの名前がつけられていますがスミレの仲間ではなくタヌキモ科です。手前の白い花はチャボゼキショウ?イワショウブ?

| | コメント (12) | トラックバック (0)
|

白馬散策(2)

Miyamazumap1014    (ミヤマアズマギク 2014.6.21)
 八方尾根で一番多く目についたはなです。花の色は濃いものから薄いものまで変化が多いです。各地の山にいろいろな変種があります。

Miyamaazumap0930 八方尾根もあちこちに、まだ雪渓が残っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年6月23日 (月)

白馬散策(1)

 21日、22日と花友の観察会に参加させて頂き白馬にいってきました。たいした雨にも降られず、みずみずしい花達が見られました。計画してくれたFさん有り難うございました。
Yukiwarisop0957      (ユキワリソウ 2014.6.21)
 雪解けを待っていち咲き出すユキワリソウ、八方尾根では真っ先に咲き出します。
Yukiwarison3073a 淡い紅紫色の可愛い花で、花の真ん中に白色と黄色隈があります。
Yukiwarisop0966 園芸店で「雪割草」というと別種のミスミソウのことを指しています。

| | コメント (11) | トラックバック (0)
|

2014年6月20日 (金)

ドクウツギの実

Dokuutugin2983     (ドクウツギの実 2014.6.19)
 海岸の松林でドクウツギの真っ赤な実が鈴なりになっていました。花は小さく目立ちませんが、真っ赤な実は良く目立ちます。
おいしそうな実なんですが、トリカブト、ドクゼリと並び日本三大有毒植物の一つです。熟すと黒くなります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年6月19日 (木)

ヒロハノカワラサイコ

 今日はマイフィールドの海岸に行って見ました。この時期花は少ないのですが、ハマカキラン・タイトゴメ・テイハノイバラ・ヒメラブランなどの花、ドクウツギの実などがみられました。
Hiraohakawaran2958     (ヒロハノカワラサイコ 2014.6.19)
 海岸の道路脇の縁石の縁に毎年花を咲かせます。見た通りキジムシロ属で這うように広がっています。
Hirohakawarap5142  昨年は花が終盤でしたが、今日は沢山花が咲いているのを見ることが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年6月18日 (水)

オカトラノオ

Okatoran2923     (オカトラノオ 2014.6.17)
 久しぶりで散歩コースを歩きました。草むら、田んぼの畦などで、色々な夏の花が咲き出し「しばらぐぶりだが,何処に行っていたのと」話しかけてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年6月17日 (火)

高原で見たスミレ

Sirosumiren2765     (シロスミレ 2014.6.14)
 高原の草むらに咲く背の高いものしか見たことがありませんでしたが、環境にあわせて上手く生育していますね。
Usubasumiren2870a
     (ウスバスミレ 2014.6.15)
 亜高山の針葉樹林下に咲く地味なスミレです。見る機会はあまりなく、2年ぶりので出会いでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年6月16日 (月)

また野反湖へ

 今年2度目の野反湖です。前回は12日前ですので花の様子も変わっています。
Benibanaitiyakun2752
     (ベニバナイチヤクソウ 2014.6.14)
新緑の林のなかにぽつりぽつりと咲いていました。
Naebakisumiren2802
     (ナエバキスミレ 2014.6.14)
花は終わり、実になっているものが多かったです。
Akamonon2806
     (アカモノ 2014.6.14)
咲きはじめの新鮮な花が沢山。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2014年6月13日 (金)

尾瀬で見たスミレ(2)

Otatitubon2685     (オオタチツボスミレ)
タチツボスミレより大型で距が白いのが特徴です。
Miyamatubop4856
     (ムラサキコマノツメ)
ツボスミレの花の色が紫色のもの。
Sirayukin2748
     (シラユキスミレ)
ツボスミレの白花です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2014年6月12日 (木)

尾瀬で見たスミレ

 6月10日、11日と尾瀬ケ原に行ってきました。嬉しいことに2日とも雨が降らずカッパなしで歩けました。ミズバショウは終盤でしたが楽しい花散策でした。今回見られたスミレはオオバキスミレ、オオタチツボスミレ、ミヤマスミレ、スミレサイシン、オオバタチツボスミレ、ツボスミレ、ミヤマツボスミレ、タチツボスミレです。
Obakisumirep5003
     (オオバキスミレ)
 3枚の茎葉が輪生状になるミヤマキスミレらしきものも混ざって咲いていました。
Obatatitubop4831
     (オオバタチツボスミレ)
花も葉も大きく、鮮やかな紫紅色の花です。
Miyamasumirep4804
     (ミヤマスミレ)
このスミレも色鮮やかです。 
 

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2014年6月 9日 (月)

キバナノコマノツメ

Kibanakoman2366     (キバナノコマノツメ 2014.6.3)
 低山のスミレはもうすっかり終わっていますが、高い山ではまだ色々なスミレが見られます。ちょっと標高の高い場所に行くと6月から7月頃にかけて良く見られるスミレです。「黄花の駒の爪」の和名は葉の形が馬の蹄に似ていることから付けられました。スミレの名が付かない唯一のスミレです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年6月 8日 (日)

雨の散策

 今日は山登りグループの月例会。土砂降りのなか栃木県八方ケ原に出かけました。山登りはやめ、周辺を一時間ほど散策後、温泉に入ってきました。
Rengetutujin2467
     (レンゲツツジ 2014.6.8)
 傘をさしての散策でしたが、雨のレンゲツツジも風情があります。
Sarasadodann2473
     (サラサドウダン 2014.6.8)
 雨の雫が・・・・ 
  

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2014年6月 7日 (土)

ホテイラン

Hoteiranp0875     (ホテイラン 2014.6.3)
 毎年でも見たい花ですが、なかなか見られない花です。5年ぶりに見られました。青緑色の葉もきれいです。花の終わっているものもありましたが、良く探すとポツリポツリと沢山咲いていました。
Hoteiranp0882
布袋さんに見えますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年6月 6日 (金)

ウツギとイボタノキ

この時期、マイフィールドでよく見る事が出来るウツギとイボタノキは
季節の花ですので紹介しておきます。
Utugip0787
     (ウツギ 2014.6.1)
 純白の花ですので緑のなかに咲いているとまぶしいくらいです。
Ibotan2149
     (イボタノキ 2014.6.1)
 咲きはじめのイボタノキです。花がウツギと比べるとちょっと小さいので一つ一つの花は目立ちませんが、モクセイ科ですのでそばを通るとほんのり良い香りがします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年6月 5日 (木)

クモイコザクラ

 いつか見たいと思っていたクモイコザクラを花友さんに誘って頂き見る事ができました。タカさんありがとうございました。
Kumoin2361
     (クモイコザクラ 2014.6.3)
 険しい岩にへばりつくように可憐に咲いていました。図鑑によるとコイワザクラの変種となっています。この仲間はみなよく似ていて区別かつきませんが、葉の形や毛の様子で見分けるようです。
Kumoin2389
花の裂け方がまちまちです。
Kumoin2412
水の滴る苔の生えている場所のものです。花数も多く色も濃いものが多かったです。
Kumoin2405
こんな見事な株もありました。この花を見ながら昼食をとりました。

| | コメント (9) | トラックバック (0)
|

2014年6月 4日 (水)

野反湖(2)

Himeitigep0873     (ヒメイチゲ 2014.6.2)
  直径1cmほどの小さな花です。ちょと風が吹いただけでゆらゆらとか弱い感じの植物ですが、雪解けを待って咲き出します。日が出ないと花(萼片)は開きません。
Takesimaranp0844
     (タケシマラン 2014.6.2)
  葉の下にぶら下がり、直径1cmほどの小さな地味な花をつけます。真っ赤な実は目立つので気がつきますが。花は注意して観察しないと見落としてしまいます。
わずかな風で揺れますので、じっと息を止めて撮影します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

野反湖(1)

 6月2日、早起きし自宅を5時に出で群馬県の野反湖に行ってきました。お目当てのナエバキスミレ、最盛期が少しすぎていましたが元気に咲いていてくれました。
Naebap4556
     (ナエバキスミレ 2014.6.2)
 黄色いスミレは近場では見られないので、出会うと嬉しくなります。ナエバキスミレは雪国を代表するオオバキスミレの変種でオオバキスミレが小型化したものだそうです。
Naebap0805
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年6月 1日 (日)

ガマズミ


Gamazumip0769
     (ガマズミ 2014.5.31)
 ガマズミの真っ赤な実は毎年Blogで紹介していますが、花は初めてです。理由ははっきりしませんが、白い小さな花はなかなかすっきり撮れないのと花の良い時期の気に入ったものに出会わなかったためでしょう。散歩途中、緑の葉のなかに真白に映える奇麗な花に出会いました。
Gamazumip0774_2
匂いがあまり良くないのですが、虫をひきび寄せるにおいのようです。
横サイズは小さいので画像をクリックして見て下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »