« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月31日 (木)

那須岳(4)

Kurumayurip1386   (クルマユリ 2014.7.26)
亜高山から高山帯に咲きます.花の色はオニユリ、コオニユリと同じ橙赤色ですが、葉が5~20個輪生していますので簡単に見分けられます。
Kurumayurip1366
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年7月30日 (水)

那須岳(3)

Ezosiogamap1328   (エゾシオガマ 2014.7.26)
 シオガマといえば紅紫色のシオガマが多いですが、黄色のシオガマも何種類かあります。蕾のものが多かったですが、一株だけ咲きはじめていました。
Miyamasyajinp1358 (ミヤマシャジン 2014.7.26)
  深山の名前どおり、亜高山帯から高山帯の砂礫地や岩場に生えます。那須岳の岩場では沢山見られます。シャジンの名がつくものは似たような花が多いです。ヒメシャジンの変種で葉が互生で萼片が披針形で全縁が特徴です
。   

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年7月29日 (火)

キキョウ・ソバナ

Kikyop1443   (キキョウ 2014.7.29)
  田舎育ちにとっては,夏のススキの草むらで咲くキキョウは懐かしい花です。残念ながら自生のものはなかなか見られなくなりました。いつもの草むらに出かけました。
Sobanan4283    (ソバナ 2014.7.29)
  林に入るとソバナが咲き出していました。同じキキョウの仲間ですが、花は小さく、色も淡い青紫色で、涼しげな感じがします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2014年7月28日 (月)

那須岳(2)

Urajirotagep1289   (ウラジロタデ 2014.7.26)
  茶臼岳の斜面ではウラジロタデが群生していました。地味な花ですが。青空をバックに撮ると絵になります。これは雌株で果実がちょっと色づき始めています。
Kometutujin4172   (コメツツジ 2014.7.26)
  コメツツジは今迄、なかなか良い花に出会えませんでしたが、今回は丁度見頃でした。真白な小さな新鮮な花が沢山見られました。
どちらの花もBlog初登場です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年7月27日 (日)

ニョホウチドリ

Nyohotidorip1410   (ニョホウチドリ 2014.7.26)
  もう花の時期は過ぎているのを覚悟で出かけました。予想通り花は終わっており,それでも草むらに何本かまだ奇麗な株を見つけました。
Nyohotidorip1344  ハクサンチドリと同じ仲間です。ハクサンチドリとくらべると唇弁の先が尖らず、側顎片も短いのでハクサンチドリよりやさしい感じがします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年7月26日 (土)

スベリヒユ

Suberihiyup1261   (スベリヒユ 2014.7.24)
  畑の雑草で取っても、折れた茎が残っているとすぐ根付き大きくなります。日が当たると花が開きますが、閉鎖花も多いようで、なかなか奇麗な花には出会えません。
Suberihiyun4096  久しぶりでマイフィールドを歩いていて奇麗な株を見つけました。昔から食用にされていたようで、身近な草です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2014年7月25日 (金)

キバナノヤマオダマキ

Kibanaodamaki3931   (キバナノヤマオダマキ 2014.7.19)
 八ケ岳山麓で見られたもので、ヤマオダマキの黄花です。地元の山ではヤマオダマキも見られませんので、嬉しいでしです。
Kibanaodamaki3920
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年7月24日 (木)

シロバナノヘビイチゴ

Sirohebin3941   (シロバナノヘビイチゴ 2014.7.20)
 ヘビイチゴの名前が付いていますが、ヘビイチゴの仲間では無く栽培の苺と同じオランダイチゴの仲間です。八ケ岳の登り始めから標高の高いところまで連続的に見られました。
Sirohebin3932  もう実になっているものがありました。苺に比べると小粒ですが、甘くてとても美味しいです。なんでヘビイチゴの名前を付けたのでしょうか、別名のモリイチゴの方がぴったりです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2014年7月23日 (水)

タカネグンナイフウロ

  19日、20日の八ケ岳は山屋さん達との登山でしたので,コンデジだけしか持って行きませんでした。2日目山屋さんは赤岳に登りましたが、私はマイペースで阿弥陀岳に登りました。
Takanegunani4012
     (タカネグンナイフウロ 2014.7.20)
山地から亜高山ではグンナイフウロが見られますが、高山帯ではより色が濃いタカネグンナイフウロが見られます。
Takanegunnai4050  左が咲きはじめの花のようです。咲き進むにつれ赤っぽくなるようです。朝顔と同じ花の色の変化ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年7月22日 (火)

尾瀬で見た花(4)

Hitujip5979    (ヒツジグサ 2014.7.16)
 初日は原に着いたのが午後3時過ぎ花は閉じ初めていました。2日目昼過ぎから次々に咲き出しました。
Kohonep6007    (オゼコウホネ 2014.7.16)
 ヒツジグサに比べ数が少なく、この一つしか見られませんでした。ネムロコホネの変種で花の真ん中の柱頭が赤いのが特徴です。
Kotanukip5797    (コタヌキモ? 2014.7.16)
 尾瀬の図鑑ではコタヌキモとなっていますが、尾瀬にはコタヌキモと類似したヤチコタヌキモがあり、両種の違いは水中の葉や捕虫嚢を見なければわからないので、この写真から判定はできません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年7月21日 (月)

尾瀬で見た花(3)

  19日、20日は久しぶりで八ケ岳にでかけ、登山らしい山歩きをしてきました。写真整理が終わりませんので、尾瀬の花の残りを紹介します。
Kurobanap5756
     (クロバナロウゲ 2014.7.16)
 尾瀬の湿原で見られる代表的な花の一つです。紫黒色のなかなか味のある色の花です。
Turukoken3697     (ツルコケモモ 2014.7.15)
 薄いピンク色のものが多いのですが、色の濃いものを見つけました。4枚の花弁が思いっきりイナバウアーしています。水苔湿原に生えるツツジ科の矮生低木です。
Yanagitoran3821    (ヤナギトラノオ 2014.7.16)
 葉がヤナギの葉に似ていることから名付けられたオカトラノオの仲間です。湿原の草むらの中で見られます。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年7月18日 (金)

尾瀬で見た花(2)

  湿原ではおなじみのトキソウとサワランです。株数は沢山あってものものはぱらぱらと離れて咲くのものが多く、またあっちを向いたりこっちを向いたりで撮りにくい花です。
Tokisop5700
    (トキソウ 2014.7.16)
 淡紅色の花は草むらの緑の中で良く目立ちます。
Sawarann3839
    (サワラン 2014.7.16)
 花の色が紅紫色でトキソウより目立ちますが、花はあまり開かないものが多いようです。これはめいっぱい開いていました。
Tokiso3847
トキソウとサワランが仲良く咲いていました。
happy01
明日,明後日は出かけますのでお休みです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年7月17日 (木)

尾瀬で見た花(1)

 15日、16日に今年2度目の尾瀬に行ってきました。花友と探したラン、出かける前にヒントを頂いたTさんの御陰でなんとか見つけることができました。
Hugakun3759
    (フガクスズムシ 2014.7.15)
  苔が着いたブナの樹に着生していたランです。Tさんが撮った株に比べる貧弱な株ですが、我々にとっては大感激でした。かなり高い場所でズーム一杯でなんとか撮れました。
Hugakun3751
 こちらは双眼鏡でなんとか見られるような高い場所に群生していました。花はもう終盤のようです。来年、花の良い時期に訪れたいと思います。(クリックして大きくして見てください)
Koanip5764
   (コアニチドリ 2014.7.15)
  こちらは湿地に咲く小さなランです。4年前に見ていますが、その後なかなか見つかりませんでしが今回は沢山見られました。
Koanip5818
 唇弁の長さが1センチに満たない小さな花ですので,草むらに隠れているのでなかなか見つかりません。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2014年7月14日 (月)

エゾアジザイ

Ezoajisain3638    (エゾアジザイ 2014.7.13)
  昨日はハイキングで裏磐梯に出かけましたが、あいにくに雨でした。傘をさしての山歩きで、写真もほとんど撮れませんでした。雨にぬれたエゾアジサイです。アジサイは梅雨時に良く合う花です。地元みられるヤマアジサイより大型で、ブルーがきれいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年7月12日 (土)

アメリカオニアザミ

Amerikaoniazamip5288    (アメリカオニアザミ 2014.7.12)
  アザミの帰化種は少なく、滅多に見かけませんが、今年はこのアメリカオニアザミを散歩中2カ所で見ました。ヒレアザミと同じように茎に鋭い刺のあるひれがありますが花のつき方が違います。ヒレアザミのようにまとまって付きません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年7月10日 (木)

谷川岳で見た花(4)

Yotubasigamap5468  (ヨツバシオガマ 2014.7.6)
  色も鮮やかな満開のものが沢山見られました。
Miyamadaikonn3582 (ミヤマダイコンソウ 2014.7.6)
  花が終盤なのか花付きの良いものは見られませんでしたが、久しぶりの出会いでした。
Komanotumep5491 (ジョウシュウキバナノコマノツメ 2014.7.6)
  キバナノコマノツメの品種で蛇紋岩地の生えます。キバナノコマノツメに比べ葉が厚めで毛が少ないです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2014年7月 9日 (水)

谷川岳で見た花(3)

Akamonop5571   (アカモノ 2014.7.6)
  実になっているものが多かったです。わずかに残っていたかわいらしい花です。
Takanebarap5574    (タカネバラ 2014.7.6)
  鮮やかな紅紫色がひときわ目立ちます。
Usagigikup5584    (ウサギギク 2014.7.6)
  ほんわかした感じで、心が和みます。資料などによると谷川岳のものはエゾウサギギクとなっていますのでエゾウサギギクかもしれません。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2014年7月 8日 (火)

谷川岳で見た花(2)

Miyamakinpogen3510   (ミヤマキンボウゲ 2014.7.6)
  一面に咲いている光景が見事ですが、花が小さいので写真を撮るとなるとこんな感じになってしまいます。花に光沢があり、キラキラ輝いています。
Musitorisumirep5442    (ムシトリスミレ 2014.7.6)
  一カ所だけ群生していました。
Onoerann3533    (オノエラン 2014.7.6)
  咲き始めたばかりで、もう少しで奇麗に開きます。花の中の黄色いW字形の黄色い模様がチャーミングポイントです。
Hakusnaitogep5532    (ハクサンイチゲ 2014.7.6)
  ちょっと盛を過ぎていましたが、なんとか奇麗な状態のものも見られました。残雪バックが似合う花です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2014年7月 7日 (月)

ホソバヒナウスユキソウ

 昨日はお天気が良さそうなので、谷川岳に行ってきました。10年ぶりです。体力も落ちており、きつかったですが花の方は満足でした。
Hosobahinap5561
     (ホソバヒナウスユキソウ 2014.7.6)
  尾瀬の至仏山と谷川岳に分布する蛇紋岩特有のウスユキソウです。昨年,至仏山に行った時は花が終わりかけでしたが、今回は奇麗な花が見られました。
Hosobahinap5552  ミヤマウスユキソウの変種です。花のつかない茎の根出葉の幅がほそ長く、頭花の縁にある苞葉の幅が狭いのが特徴です。あこがれの花に会え疲れも少し癒されました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2014年7月 5日 (土)

アキノタムラソウ

Akitamun3443    (アキノタムラソウ 2014.7.5)
  散歩中、林を覗いたらもうアキノタムラソウが咲いていました。例年ここでは8月に入ってから見ているのですが、ちょっと早いです。アキがあるのでハルノタムラソウ、ナツノタムラソウもあります。
Akitamun3444
  花のアップです。
ややこしいことにタムラソウという名前の植物もありますが、科が違います。アキノタムラソウはシソ科ですがタムラソウはキク科でアザミに似た花を咲かせます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年7月 4日 (金)

タカトウダイ

Takatodain3422    (タカトウダイ 2014.7.3)
 トウダイグサの草姿は良いのですが、花はどれも目立ちません。花のつくりが面白いのでアップで撮ってみました。
良く似た花としてはトウダイグサ、ナツトウダイがありますが、花期がずれています。タカトウダイが一番遅く咲きます。
Takatodain3420 杯の形をした総苞の中に花びらも萼も無い雄花と雌花が入っています。飛び出している丸いものは子房です。いぼのような突起があるのがタカトウダイの特徴です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年7月 3日 (木)

ノハナショウブ

Nohanasyobup5353    (ノハナショウブ 2014.7.1)
 咲きはじめの新鮮の花を見たいのですが、この時期、あちこちでかけることが多く、今年もちょっと遅めでした。この仲間で湿地に生えるのはノハナショウブとカキツバタですが。花びらの真ん中に黄色い斑紋があるのがノハナショウブ、白い斑があるのがカキツバタです。
Nohanasyobisirop1234 1本だけ白花が咲いていました。(うっすらと色づいていますが)

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2014年7月 2日 (水)

イヌゴマ

Inugomap5299    (イヌゴマ 2014.7.2)
 イヌゴマは休耕田や湿った草むらなどで良く見られます。花期が長く7月から10月頃まで見られます。咲き始めの時期に見ていないので、もう咲いているかと散歩途中休耕田を覗いて見ました。
Inugomap5305 まだ,蕾が多く咲き出したばかりの花を見ることが出来ました。
ゴマの名がついていますがゴマ科ではなくシソ科です。種がゴマに似ているが食べられないのでイヌゴマという名がつけられたそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年7月 1日 (火)

ヤマアジサイ

Yamaajisaip1204    (ヤマアジサイ 2014.7.1)
 夕べの土砂降りの雨も止み、青空が出て来たので北部の山に行って見ました。沢沿いでヤマアジサイが咲き始めていました。西の地域では装飾花が淡青色や紅色のものなどがみられるようですが、こちらでは白色しか見られません。
Yamajisaip5329  沢の脇の林の中では装飾花の縁が淡赤紅色に染まった株が見つけました。地元で白以外は初めてみました。近くを探すと2株ほどありました。
happy01
やまそだちHPに「花アルバム78」を追加しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »