« ヒナノキンチャク | トップページ | 沢歩き »

2014年9月 2日 (火)

テングノコヅチ

Tengun5020    (テングノコヅチク 2014.8.27 )
 従来ツルリンドウと見なされていた亜高山帯に生えるツルリンドウの変種です。名前は聞いていましたが見るのは初めてです。
Tengun5017 茎は地表をはい、ツルリンドウのように巻き付かず、花は先端にしかつきません。それにしても変わった和名を付けましたね。

|
|

« ヒナノキンチャク | トップページ | 沢歩き »

野の花」カテゴリの記事

コメント

ほととぎさん

我々アマチュアには変種・品種レベルになると見分けがつかないものが多いですね。
DNAの違いによる分類も素人には難しい分野です。だんだん細かく分類されてもついて行けませんね。

投稿: やまそだち | 2014年9月 9日 (火) 07:05

テングノコヅチとは、初めて聞く名前です。
確かに、ツルリンドウとはちがうようですが、単に、栄養状態が悪いだけじゃないの?というようにも見えてしまいます。
栄養状態が良くなれば、普通のツルリンドウになるんじゃないの?なんて、シロウト目には見えてしまうのですが。

例えば、少し標高の高いところには、花が1輪、2輪程度の、矮性化したヤマホタルブクロが咲いていますが、だからと言って、変種じゃないですよねぇ。

投稿: ほととぎ | 2014年9月 8日 (月) 22:06

人士さん こんばんわ!

尾瀬にもあるようです。
蔵王でもそれらしいものを見ましたが、ツルリンドウと思い通り過ぎました。
NTかと思いましたが、ENでしたか。

投稿: やまそだち | 2014年9月 2日 (火) 20:26

最近、珍しいものばかりが出てきますね。
これは見たことがありません。ENですね。

投稿: 人士 | 2014年9月 2日 (火) 19:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156031/60249852

この記事へのトラックバック一覧です: テングノコヅチ:

« ヒナノキンチャク | トップページ | 沢歩き »