« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月30日 (火)

HP更新のお知らせ

今年最後のHPの更新なんとか間に合いました。

本日、お気入り(11)(今年のお気に入り写真)、スミレの花(4)に今年あたらに見られたスミレを追加しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

年末の河原で

穏やかな暖かい年末です。夕日を見ながら、河原をの散歩です。
Suiban5429   (スイバ 2014.12.30)
 草むらで、真っ赤に紅葉したスイバです。
Tigayan5431    (チガヤ 2014.12.30)
 春のチガヤとは違った雰囲気です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年12月28日 (日)

霜・セイタカアワダチソウ

Seitakaawadatin5413    (セイタカアワダチソウ 2014.12.28)
 今日はこの冬一番の冷え込みでした。こんな朝はちょっと地上から離れたところにも霜がつきます。セイタカアワダチソウの冠毛に雪がかぶったように霜がおりました。葉っぱとは違った美しさがあります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2014年12月27日 (土)

テイカカズラの実

Teikakazurap8210   (テイカカズラの実 2014.12.27)
 1ヶ月ほど前、家から一番近い山で見つけたテイカカズラの実がはじけていました。もしかしたらと出かけたのですが、明日だったらもう飛んでしまったでしょう。実が1個しかついていなかったので、嬉しい2日遅れのクリスマスプレゼントです。
Teikakzuran5395 ちょっとアップをコンデジで、種から出ている毛は長く、絹糸のように輝いてとても奇麗です。マイフィールドではなぜか実付きの良いものは見かけません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年12月26日 (金)

霜・オオイヌノフグリ

Oinuhugurin5391   (オオイヌノフグリ 2014.12.26)
 どこでも見られる、オオイヌノフグリです。寒さにはめっぽう強く、霜で葉がカチカチになっても日が差すと葉が生き生きと元に戻ります。日がさせば、この時期でも花を咲かせています。
Oinuhugurin5393

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年12月24日 (水)

霜・オオジシバリ

Ojisibarin5389    霜・オオジシバリ 2014.12.24
(オオジシバリ 2014.12.23)
 紅葉した葉と緑色の葉が混じっています、色合いがイマイチですが・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2014年12月23日 (火)

霜・ヤエムグラ

Yaemugurap8186   (ヤエムグラ 2014.12.23)
 子供の頃「勲章草」と呼び茎の先の方を採って胸に付けて遊んだ懐かしい草です。4月から黄緑色の花を咲かせ、薮のように繁り、夏に種が出来ます。こぼれた種が秋には芽生え、この状態で冬を越します。もう少し寒さが続くと赤く紅葉してきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年12月22日 (月)

霜・ヘビイチゴ

Hebiitigon5348   (ヘビイチゴ 2014.12.19)
 ヘビイチゴの葉は紅葉がきれいなので、よく写真を撮ります。葉に細かい鋸歯があるので、霜を被った葉もきれいです。残念ながら、この場所のものは紅葉していませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年12月21日 (日)

マンリョウ

Manryop8181    (マンリョウ 2014.12.21)
 12月に入ると、里山でも真っ赤な実をつけたマンリョウが見られます。縁起物で正月の飾りに使われたり、庭に植えられたりします。山道の沢の脇で見られたものですが、鳥が種を運ぶようですので、鳥が運んだものかもしれません。
Manryop8166 こちらは林の中で咲いていたものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年12月20日 (土)

霜・セリ

Serin5349     (セリ 2014.12.19)
 毎年、霜の降りたセリは撮るのですが、霜の降りる量や場所によりかなり印象が違います。昨日は葉の縁だけが白くなり、日が当たり始めてたところで寒さを感じない霜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年12月19日 (金)

ハマボッスのロゼット

 今日は朝から青空が広がり、良いお天気になったので。今日の散歩は海岸の砂浜歩きでした
Hamabosun5363   (ハマボッス 2014.12.19)
 砂浜近くの岸壁で見たハマボッスのロゼットです。外側だけが紅葉しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年12月17日 (水)

霜・ヨモギほか

 寒くなっても、霜が降りる条件が揃わないと綺麗な霜がおりません。曇っていたり、風があったり、前日雨だったりするとだめです。
Yomogin5336   (ヨモギ 2014.12.14)
 川のふちの枯れ草の中のヨモギです。この時期、霜がなければ撮ることがない被写体です。
Odorikoson5318   (オドリコソウ 2014.12.14)
 周りが藪のため、川のふちのヨモギに比べ、優しい霜です。花は撮りますが、葉の撮影はめったにしません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年12月16日 (火)

ツルウメモドキの実

Turuumemodokip8160    (ツルウメモドキの実 2014.12.15)
 今年はツルウメモドキもムラサキシキブと同様不作のようで、実の写真が撮れませんでした。昨日、散歩中にかろうじて残っていた実を撮りました。完熟し3つに割れ鮮やかな橙赤色の仮種皮を被った種子が現れま、果皮の黄色と仮種皮の橙赤色の対比がとても美しいです。
Turuumen5339 黒い実はイボタです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年12月15日 (月)

霜・ゲンノショウコ

Gennosykop8151    (ゲンノショウコ 2014.12.14)
 実が弾けた後のお神輿も形が無くなっています。草のかげのせいか、霜もまばらで、これが却ってきれいです。赤い色に白いお化粧は似合いますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年12月14日 (日)

霜の季節

 6日に初霜が降りましたが、ここに来てようやく本格的な霜のシーズンになりました。今日は今シーズン初めての霜の撮影です。これから2ヶ月ほど霜の撮影ができます。
Karasunoendop8141     (カラスノエンドウ 2012.12.14)
 霜をかぶったカラスノエンドウは大好きで、毎年撮影しています。春から夏にかけて花が咲き実を付け秋までには枯れますが今の時期に茎が伸びだしてきます。霜が降りても元気です。
Karasunoendop8149  寒さにあたると葉が赤く焼けるようでこれがまたきれいです。先端の巻き鬚も可愛いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年12月13日 (土)

ツルリンドウの実

Tururindop8130   (ツルリンドウの実 2014.12.13)
 久しぶりで見事なツルリンドウの実に出会いました。実付きも良く色も鮮やかで、バックもまあまあ、なかなかこういう株には出会えません。しかし、角度を変え色々撮ってみましたが、思い通りのもののはなりませんでした。
Tururindop8138 12月になると葉の色もちょと紅葉した感じです。しかし、なぜツルリンドウだけがリンドウらしからぬこんな実をつけるんでしょうかね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2014年12月11日 (木)

ロゼット観察2

Himemukasin5284   (ヒメムカシヨモギ 2014.12.10)
 花はオオアレチノギクに似ていますが、ロゼットはかなり違います。
Harujionn5291   (ハルジオン 2014.12.9)
 花もヒメジョオンとそくり。ロゼットもよく似ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年12月10日 (水)

オヤリハグマの実

Oyarihagumap8115   (オヤリハグマの実 2014.12.6)
 一昨日紹介したカシワバハグマは一つの花に10個ほどの管状花が入っていましたが、オヤリハグマは小花が一個なので花は貧弱な感じですが、実の方はかえってすっきりしています。カシワバハグマは多く見られますが、オヤリハグマは場所が限られています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年12月 9日 (火)

ロゼット観察

 植物の冬越しの形の一つにロゼットがあります。根のきわから葉が放射線状に出て広がった形です。真ん中に芽があり、小さい葉に包まれ寒さから守られています。
Oaretinogikun5281   (オオアレチノギク 2014.12.8)
 うっすらと霜が降りていますが、もう少ししっかり霜が降りるようになると芸術品になります。
Himejyonn5282   (ヒメジョオン 2014.12.8)
Nazunan5283    (ナズナ 2014.12.8)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年12月 8日 (月)

カシワバハグマの実

Kasiwabahagumap8109_2    (カシワバハグマの実 2014.12.6)
 山道を歩くと冠毛をつけたキク科の仲間の実が色々見られます。花の数が多いカシワバハグマは冠毛も長いのでよく目立ちます。一つの花に10個ほどの管状花が入っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年12月 6日 (土)

初霜

Simon5250   (ヒメオドリコソウ・コハコベ 2014.12.6)
 今朝はぐっと冷え込み、家のまわりも薄っすらと霜がおりました。初霜は11月末のことが多いのですが、今年はちょっと遅めです。
霜をかぶると普段見慣れた植物たちの表情が一変します。霜の降りた野草達を撮るのも、冬の楽しみの一つです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2014年12月 5日 (金)

サネカズラの実

Sanekazurap8091   (サネカズラの実 2014.12.5)
 12月になるとあちこちの藪に絡まったサネカズラが真っ赤に熟します。夏に間は草がはびこり入り込めない薮ですが、この時期は草も枯れておりなんとか入って行けます。ひっつきむし(コセンダングサの実)が体じゅうについてしまいますが。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2014年12月 4日 (木)

タコノアシの実

Takonoasin5245   (タコノアシの実 2014.12.4)
 準絶滅危惧(NT)に指定されている稀少植物です。マイフィールドの休耕田では時々見かけるのですが、数年で消えてしまい、同じ場所ではなかなか見られません。昨年まで見られなかった休耕田に群生していました。
Takonoasin5248 この状態を吸盤の付いた蛸の足のように見えることから付いた名前です。
分類がタコノア科からユキノシタ科に変わりました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2014年12月 3日 (水)

ジャノヒゲの種子

Jyanohigep8099   (ジャノヒゲの種子 2014.12.3 )
 葉の下に隠れているので見逃してしまいます。果実のように見えますが種子だそうです。碧色で光があたるととても綺麗です。この種子の皮を剥ぐと真っ白な丸い種子で、これがよく弾み、子供の頃、よくこれで遊びました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年12月 2日 (火)

キカラスウリの実

Kikarasuurip8073   (キカラスウリ 2014.12.2 )
 鮮やかな赤橙色のカラスウの実はあちこちで見られるのですが、黄色のキカラスウリの実はこの辺ではあまり見かけません。カラスウリと比べると大きく丸々としています。今日は久しぶりの晴天でしたが、冷たい強い風が一日吹いていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »