« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月30日 (木)

福島県遠征(スミレサイシン)

 26日、福島県に出かけました。お目当ては水芭蕉、カタクリ、青紫色のキクザキイチゲでしたが、残念ながら一週間遅かったようです。スミレサイシンはなんとか残っていてくれました。
Katakuriton7306
   (カタクリとスミレサイシン 2015.4.26)
  スミレサイシンは日本海側の山に生えるスミレです。こちらには生育していませんのでこんなショットも地元では見られません。
Sumiresaisinn7308
 花は大きく.距が太く丸い袋状になります。太平洋側には葉の長い、ナガバノスミレサイシンが分布しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月28日 (火)

ツクバキンモンソウ

 25日は観察会で市内の山を歩いてきました。スミレは少しおそめでしたが、ツクバキンモンソウが見ごろでした。
Tukubakinmonn7237
   (ツクバキンモンソウ 2015.4.25)
  こちらの山では良く見られます。花は淡い赤紫色です。ニシキゴロモの変種でニシキゴロモは日本海側にツクバキンモンソウは太平洋側に生育します。

Tukubakinmonk3_0633

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月27日 (月)

海岸のスミレ

 日本海の海岸ではスミレが生育しているのに、太平洋側のマイフィールの海岸ではスミレは見られません。何年ぶりかで見た日本海のスミレです。
Isosumirek3_0519    (イソスミレ 2015.4.22)
海岸の砂浜に生える、タチツボスミレの仲間です。大株があちこちにありましたが、以前に比べるとだいぶ減っているそうです。
Isosumirek3_0531    (イソスミレ 2015.4.22)
 タチツボスミレより色が鮮やかで、距は白いです。
Anamasumirek3_0560    (アナマスミレ 2015.4.22)
 スミレの海岸型です。イソスミレよりは数は少ないですが、丁度見ごろのものが見られました。
Ansamasumirek3_0576

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月26日 (日)

シハイスミレ(2)

 シハイスミレの変種・品種達です。
Huirisihain7084
   (フイリシハイスミレ 2015.4.21)
Hagurosihain7087
   (ハグロシハイスミレ 2015.4.21)
Hagurohuirisihain7073
      (こんなのも 2015.4.21)
Konnpirak30443
   (コンピラスミレ 2015.4.21)
 ハグロシハイスミレの葉の中央部だけに斑が入ったもの。 
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月25日 (土)

シハイスミレ(1)

 丹後半島にお住いの花友さんにお願いし、シハイスミレの仲間達を見に出かけました。
Sihaisumirek30450    (シハイスミレ 2015.4.21)
 見事なシハイスミレが見られました。マイフィールドで見られるのはシハイスミレの変種のマキノスミレです。(シハイスミレぽいものは見られますが)やはり、地元で見ているマキノスミレとは印象が違います。
Sihaisumirek30483

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月24日 (金)

ピンクのミヤマカタバミ

Miyamakatabamik30299    (ピンクのミヤマカタバミ 2015.4.20)
 ミヤマカタバミは早春の山林でよく見られますが、花は普通白です。日本海側ではこのピンクのものがよく見られるようです。5年前、石川県で見ており2度目の出会いです。
Miyamakatabamik30293
 富山県の花友さんの案内で見られました。曇り空で時々雨が降るお天気で、花友さんには「花が開いていないのでは」と心配していただきましたが、ラッキーなことに現地に着くと雨も止み、空も明るくなり綺麗な花を開いて待っていてくれました。
Miyamakatabamik30301
   ちょっと色の濃いものです。  

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2015年4月23日 (木)

白花いろいろ

 4日間、花散策に出かけていました。雨にもちょっと降られましたが、たいしたことはなく、色々な花を見てきました。
Sirobanatanpopn6929
   (シロバナタンポポ 2015.4.19)
 西日本には多いようですが、私のフィールドではシロバナタンポポは見られません。群馬県の公園の脇に咲いていました。思わずカメラを向けてしまいました。
Karasunoendok79326
  (カラスノエンドウ白花 2015.4.19)
 初めて見ました。ほんのりピンクを帯びているようにも見えます。マイフィールドでも探していますがまだ見ていません。
Nisikigoromok30499
   (シロバナニシキゴロモ 2015.4.21)
 地元では良く似たツクバキンモウソウは見られますが、ニシキゴロモは見られません。ニシキゴロモの花は普通淡い紫色です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2015年4月18日 (土)

センボンヤリ(ムラサキタンポポ)

Senbonyarik3_0115   (センボンヤリ 2015.4.16)
 センボンヤリも咲き始めました。センボンヤリは春と秋に花が咲き,秋のものは閉鎖花(蕾のままで花は開かないで自家受粉して果実になる花)ですが春には白い小さな花を咲かせます。
Senbonyarik3_0128
 別名のムラサキタンポポといいます。この花びら(裏の先のほう)の色からきています。
   happy01 明日から22日まで出かけますのでBlogはお休みします。      

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2015年4月17日 (金)

アケボノスミレ

Akebonosumirek3_0194    (アケボノスミレ 2015.4.16)
 私のフィールドのアケボノスミレは開花が遅く、4月下旬なのですが、今年はもう沢山咲き出していました。タチツボスミレなどは咲き始めが遅かったのですが、今年は花の開花時期がよく分かりません。
Akebonosumirep9320
 このスミレは花が先に咲き出し、後から葉が伸びてきます。
花の色が紅紫色なので曙の空の色にたとえて付いた名前で 、花の色が鮮やかでとてもきれいです。
Akebonoeizank3_0182_2
 エイザンスミレと仲良く咲いていました。色の濃い3個がアケボノスミレです。スミレは交雑種ができやすので、エイザンとアケボノの交雑種ができてもおかしくない状態ですが、どうでしょうか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2015年4月16日 (木)

ナツトウダイ

Natutodain6794   (ナツトウダイ 2015.4.14)
 私のフィールドで見られるトウダイグサは3種ですが、トウダイグサ、ナツトウダイ、タカトウダイの順に咲き出します。花は目立ちませんが、面白い花の作りをしています。

Natutodain6793_2  杯の形をした総苞の中に花びらも萼も無い雄花と雌花が入っています。オレンジ色のものは腺体と呼ばれ蜜を出し蟻を誘引します。ナツトウダイは腺体が三日月型で先端が細く尖ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月15日 (水)

ようやくお花見

 雨続きでなかなかお花見ができませんでしたが、4月になって気温が下がったおかげで、昨日、家の近くの満開の山桜を楽しむことができました。
Yamazakuran6797
   (ヤマザクラ 2015.4.14)
 例年より早く咲き始めましたが、満開は例年なみになりました。ヤマザクラはソメイヨシノのように同時期に一斉には咲かず、場所のより開花時期が違いますのでしばらく楽しめます。
Yamazakuran6823
 ヤマザクラは葉の展開と一緒に花が咲き、葉の色も赤、茶色、黄色、緑色と変異が多く、一本一本違う風情なので見ていても飽きません。
この木は葉が赤いタイプのものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月14日 (火)

ミヤマシキミ

 雨が止んでいるうちにと午前中、近くの山を散歩。歩き始めは小雨だったのに1時間ほどで雨になってしまいましたが山桜が満開でした。
Miyamasikimik3_0141
   (ミヤマシキミ 2015.4.14)
 ミヤマシキミの赤い実は何度も紹介していますが、花の時期は他の花が多いので登場の機会があまりありません。薄暗い林の中で真っ白な花は目立ちます。 ミカン科ですので、葉をつまむとミカン科特有の良い香りがします。葉が有毒なためシキミの名前がつきました。
Miyamasikimip9299
  雌雄別株でこれは雄花(雄株)です。黄色いのが雄しべです。

  happy01 HPに花アルバム82をアップしました。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月13日 (月)

コチャルメルソウ

Kotyarumeruk3_0040   (コチャルメルソウ 2015.4.12)
 チャルメルソウは10何種類かありますが、当地で見られるのはコチャルメルソウだけです。沢沿いで咲き始めていました。和名は果実が大きく口を開いた姿が屋台のラーメン屋の客寄せとして使う中国楽器のラッパのチャルメル似ていることからきています。
Kotyarumeruk_3_0038
 変わった小さな花をつけます。種類により花弁の裂け方が違い、コチャルメルソウの花弁は羽状に7〜9裂します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月12日 (日)

エイザンスミレ

Eizansumirek3_0050   (エイザンスミレ 2015.4.12)
 エイザンスミレはスミレの中では人気のあるスミレです。葉の形が変わっている、花が大きい、色の変化が多いことなどがからでしょうか。ようやくお天気になりました。花が終わってしまっているのでは心配しましたが、見頃でした。
Eizansumirek3_0085
 咲き始めで、花も新鮮で、ピンクが濃くきれいです。
Eizansumirek3_0044
   淡いピンク色です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月11日 (土)

オドリコソウ

Odorikosok3_0008    (オドリコソウ 2015.4.11)
 一昨日、家の近くで咲き始めていたので、雨が上がった午後から毎年見ている林に行ってみました。ほんの数株ですがもう咲いていました。4月下旬から5月にかけて見ることが多いのですが、やはり今年は開花が早いようです。
Odorikosok3_0011
 花は淡い紅紫色と淡い黄色の花があるのですが、最近は淡紅紫色のものが多く、淡黄色のものは見かけなくなってしまいました。これは淡いピンクですが、白いものは時々見られます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月 9日 (木)

ニリンソウ

Nirinson6655   (ニリンソウ 2015.4.6)
 ニリンソウがあちこちで見頃を迎えていますが、花はよく見るのに写真をあまり撮っていません。沢沿いで風に吹かれている様子をちょっと引いてコンデジで撮ってみました。
Nirinson6692
 アネモネ(Anemone)の仲間で、ギリシャ語の属名は「風の小娘」とういう意味だそうです。普通一本の茎に花をニ個つけますが、一個や三個もあります。花はニ個同時には咲かず、ずれて咲きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月 8日 (水)

ニッコウネコノメ

Nikonekonomep9232    (ニッコウネコノメ 2015.4.6)
 この時期,いろいろなネコノメソウの花が見られます。マイフィールドでも8種類ほどのネコノメソウが見られますニッコウネコノメは黄色い萼片が綺麗です。
Nikonekonomep9228
 雄しべは普通8本で萼裂片から突き出ます。葯は暗紅紫色です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2015年4月 7日 (火)

ミヤマカタバミ

Miyamakatabamin6684   (ミヤマカタバミ 2015.4.6)
 昨日、ヒカゲスミレと一緒に見られたものです。例年10日過ぎに見ることが多いので、今年は一週間ほど早いです。杉林の中のあちこちで白い花を咲かせていました。
Miyamakatabamip9240
 朝露がついた花に光があたり、逆光でみると綺麗です。
Miyamakatabamip9245
 雨上がりで葉も花も新鮮なものが見られました。大株です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2015年4月 6日 (月)

ヒカゲスミレ

Hikagesumirep9153    (ヒカゲスミレ 2015.4.2)
 4月2日、スハマソウを見た山の登山口で咲いていたヒカゲスミレです。これを見て4月3日にいつも見ている場所に行こうと思っていましたが3日間雨で足止め。
Hikagesumirep9204    (ヒカゲスミレ 2015.4.6)
 ようやく晴れた今日、行ってきました。やはり3日前がちょうど良かったようで最盛期を過ぎていましたが例年より花が多く、なんとか撮ることができました。
Hikagesumirep9175  ヒカゲスミレの葉の表面がこげ茶色から黒紫色になるものはタカオスミレ(東京の高尾山で採集されたもの)と名付けられています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2015年4月 5日 (日)

ようやくタチツボスミレ

  マイフィールドにもスミレの季節がやってきました。
Akahutatitubop9084
   (タチツボスミレ 2015.3.31)
 葉に赤い斑が入ったアカフタチツボスミレと呼ばれるタイプです。タチツボスミレはこれからあとこちで沢山見られるようになります。一番ポピュラーなスミレですが変異が多いスミレでもあります。
Nioitatutubop9122
   (ニオイタチツボスミレ 2015.4.1)
 タツツボスミレより色が濃く、花の中心部の白色がはっきりしています。咲き始めの新鮮な花です。なぜかこの場所にはニオイタチツボスミレしか生えていません。 
  

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2015年4月 4日 (土)

早春の白い花達

  この時期、白い花達が多いです。
Nirinson6554
    (ニリンソウ 2015.3.31)
Kikuzakiitigep9075    (キクザキイチゲ 2015.3.31)
Azumaitigep8871    (アズマイチゲ 2015.3.31) 
Kusaitigon6559     (クサイチゴ 2015.4.1)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月 3日 (金)

スハマソウ

Suhamason6585   (スハマソウ 2015.4.2)
 地元で見られる場所は一箇所しか知らないので、いつも同じ場所で見ています。沢沿いの岩場を1時間以上登る山なので、毎年行けません。5年ぶりで行ってみました。3月下旬から4月上旬が見頃なのですが、年により1週間くらいはずれるので、花のベストの時期に出会うのは難しいです。
Suhamason6597
 残念ながら、ちょっと遅かったようで花茎が伸びきっていました。ミスミソウの品種ですので花はミスミソウと同じです。葉の先が尖っているのがミスミソウ、あまり尖らないものをスハマソウとなっていますが微妙です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月 2日 (木)

ハナネコノメ

 イワウチワを見たあと、渓流沿いで見られたハナネコノメです。
Hananekop8973
   (ハナネコノメ 2015.3.31)
 地元のハナネコノメのBlog登場は初めてです。マイフィールでは個体数が少なく、限られた場所でしか見ていません。なんとか赤い葯が残っていました。
Hananekop8987

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月 1日 (水)

イワウチワ

 4月に入ってから見に行くことが多いのですが、花が早そうなので昨日行ってきました。満開状態でした。
Iwautiwap9027
    (イワウチワ 2015.3.31)
 毎年、山でイワウチワの花を見ると、ようやく山にも春が来たと感じます。岩地に生え、葉が団扇に似ているのでこの名が付きました。大抵岩場の北斜面に群生します。
Iwautiwap9060  毎年、飽きずに同じような写真を撮っています。
Iwautuwap9064 

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »