« ニワトコの実 | トップページ | スイカズラ »

2015年6月 8日 (月)

イタチハギ

Itatihagin8649   (イタチハギ 2015.6.6)
 緑化や観賞用として輸入されたものですが、各地に野生化しており、当地でも最近林道などでよく見かけるようになってきました。生態系に大きな影響を与える恐れがあるとして、要注意外来生物に指定されています。
Itatihagin8650
 よく見るとちょっと変わった雰囲気の綺麗な花なんですがね〜、林道脇に咲いていたものです。

|
|

« ニワトコの実 | トップページ | スイカズラ »

野の花」カテゴリの記事

コメント

ほとぎさん

こちらでは古くから海岸でよく見られました。林道で見られるようになったのは最近です。

>国土交通省と環境省との横の連携なんて、全くないんでしょうね。

   園内のオオウメガサソウの場所も国土交通交通省が道路を拡張しようとしています。オオウメガサソウは移植はできないのに・・・

投稿: やまそだち | 2015年6月11日 (木) 08:44

これ、工事の終わった道路の土手に、いっぱい咲いてますね。
初めてこの花を見た時、異様な姿に、なんじゃこりゃあ?って思ったものです。

安易に、山の斜面の吹き付けに、こういう外来種を使ってしまうのは、なぜでしょうね?
国土交通省と環境省との横の連携なんて、全くないんでしょうね。

投稿: ほととぎ | 2015年6月10日 (水) 23:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156031/61714207

この記事へのトラックバック一覧です: イタチハギ:

« ニワトコの実 | トップページ | スイカズラ »