« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月31日 (木)

足早に春の花が

 昨日、常陸太田市で見られた花達です。
Katakurik70826
   (カタクリ 2016.3.30)
 手入れされたカタクリのように群生はせず、株数は少ないですが、ひっそりと咲く姿が大好きで毎年訪れています。
Sironojik3_8648
   (ノジスミレ 2016.3.30)
 ノジスミレの白花はここでしか見ていません。昨年は普通見られる濃紫色の株もあったのですが、今回は全く見つかりませんでした。
Kakidosik3_8675
   (カキドオシ 2016.3.30)
 繁殖力が旺盛であちこちにはびこりますが、可愛い花は大好きです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2016年3月30日 (水)

キクザキイチゲ

Kikuzakiirigek70844   (キクザキイチゲ 2016.3.30)
 今日は隣まり町の常陸太田市の気になる花をざっと回って見てきました。カタクリがひっそり咲く場所では数は少ないですが見頃でした。帰りぎわ脇の林を見るとキクザキイチゲが一面真っ白に。
Kikiuzakiitigek70850
 キクザキイチゲはあちこちにありますが、この場所で見るのは初めてでした。杉林のなかです。
Kikuzakiitigek70834
 脇の小川の淵にも二輪寄り添って咲いていました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2016年3月29日 (火)

アマナ(甘菜)

Amanak3_8407   (アマナ 2016.3.25)
 今年は春の花の咲くのが早いばかりでなく、咲く順序も例年とは違っており戸惑っています。アマナはイワウチワの後で見ることが多いのですが、今年はアマナが先になりました。
Amanak3_8418
 見頃と出かけた日はあまり日が差さず、花が開いてくれず、あまり良い写真がとれませんでしたが、それはそれで自然相手の野の花のならでは魅力かもしれません。
Amanak3_8437
 田んぼの土手ですが、株数がだいぶ増えてきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2016年3月28日 (月)

スズメノテッポウ

Suzumenoteppok3_8494   (スズメノテッポウ 2016.3.28)
 雀つづきです。テッポウは細い花穂を鉄砲に見立てたものです。耕す前の春の田んぼに群生するのですが、もう耕されており。畦の近くにはえていました。クリーム色のが若い葯で花粉を出したあと褐色に代わります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年3月27日 (日)

スズメノヤリ

Suzumenoyarik3_8446   (スズメノヤリ 2016.3.24)
 雀は小さくて可愛いということから、槍は花の集まった頭花の形が、大名行列の毛槍に似ているからの命名といいます。先日、アマナを見に行った土手で撮ったものです。イネ科に見えますが、イグサ科です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年3月25日 (金)

ヤマネコノメソウ

Yamanekonomek3_8282   (ヤマネコノメソウ 2016.3.22)
 ヤマネコノメソウは2月末から咲き出し、この時期は茎が伸びてきます。地味な花ですが、ネコノメソウマニアは結構多いです。茎の葉が互生(互い違いに出る)する見分けやすいですので見分けやすいです。
Yamanekon0991
 裂開した果実です。これがん猫の目のように見えることから命名されたそうですが。猫の目に見えますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年3月24日 (木)

コチャルメルソウ

Kotyameruk3_8372   (コチャルメルソウ 2016.3.23)
 コチャルメルソウも今年は早めのお目覚めです。チャルメルソウは各地色々な何種類かありますが、当地で見られるのはコチャルメルソウだけです。花が小さく地味な色で、しかも沢沿いのため風があり揺れて撮りにくい花です。
Kotyarumeruk3_8365
 花弁の切れ込みが種類のより違い、コチャメルソウは羽状に7〜9裂します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2016年3月23日 (水)

ハナネコノメ

Hananekok7_0750_2   (ハナネコノメ 2016.3.23)
 今年は各地のハナネコノメの開花が早いと聞き、見損なってはと1時間ほどの北に車を飛ばし見てきました。昨年は3月31日に見頃の写真を撮っています。嬉しいことに見頃で、来て良かった!
Hananekok7_0756_2
 大群落ではありませんが、小さなかたまりが10個ほどあり、それぞれ可愛く咲いているので、カメラを替え、レンズを替え、時間も忘れ撮影です。
Hananekok7_0761
 流れの淵に咲いていた株を流れをバックに・・・こちらで見られるネコノメソウの中ではハナネコノメが一番きれいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年3月22日 (火)

アズマイチゲ

Azumaitigek7_0738    (アズマイチゲ 2016.3.22)
 気になり、例年より早めに出かけてみました。この場所は毎年30日前後に見頃なのですが、今年は早い。アズマイチゲも春の短期間だけ地上生活をするスプリング・エフェメラルと呼ばれる春の妖精たちの一つです。
Azumaitigek3_8308
 雑木林の白い妖精は日が当たらないと花は開きませんので、途中他の場所を散策して昼頃に目的地に

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年3月21日 (月)

キブシ

Kibusik7_0687   (キブシ 2016.3.21)
 シュンラン、ショウジョウバカマとくると次はやはりキブシです。かんざしのような黄色い花は春を実感する花の一つです。午後から家から一番近い山(車で5、6分)に出かけました。
Kibusik7_0707
 光線やバックにより色合いなども微妙に変わりますので色々なカットが楽しめます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年3月20日 (日)

ショウジョウバカマ

Syojyoubakamak3_8127   (ショウジョウバカマ 2016.3.18 )
 シュンランとほぼ同じ時期に咲き出します。この山ではどちらもありますので、何時もセットで見ることができます。以前は3月末から咲き出していましたが、数年前から20日頃から咲き出しています。
Syojyobakamak3_8204  ちょろちょろと水のながれる沢沿いで咲き始めたばかりの花です。前はユリ科だったにですが、新分類ではシュロソウ科になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年3月19日 (土)

シュンラン

Syunrank7_0669   (シュンラン 2016.3.18 )
 家から一番近いシュンランが多い山です。昨年は15日に出かけています。今年も昨年並みの開花です。蕾のものも多いのでしばらくは楽しめます。
Syunrank7_0677
 側萼片を水平に広げ、歓迎のポーズで出迎えてくれました。
Syunrank3_8190
 落ち葉の中から出てきたところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年3月18日 (金)

ダンコウバイ

Dankobaik3_8117   (ダンコウバイ 2016.3.16 )
 マイフィールドで春一番に咲かせる樹木です。木々が芽吹く前に咲くので鮮黄色の花は遠くからも良く目立ちます。この花が見られると山にも春がきたのを実感できます。雌雄別株でこれは雄花(雄株)です

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年3月17日 (木)

アオイスミレ咲き始め

Aoisumirek3_8082   (アオイスミレ 2016.3.16 )
 昨年は15日に咲いていたので、もう咲いているかと当地で一番早く咲くアオイスミレを見てきました。ぱっと見に花が見えません。目を凝らして見ると咲き始めた花がちらほら。ここ数日寒かったので開花が遅れているようです。
Aoisumirek3_8099
 暖かくなれば、あと数日で見頃になるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年3月15日 (火)

オニノゲシ

Oninogesik3_8064   (オニノゲシ 2016.3.15 )
 ノゲシやオニノゲシは春から夏の花ですが、当地では1月頃までは咲いています。雨続きだったので3日ぶりに散歩で、咲き始めのオニノゲシが目に入りました。今日はウグイスの初鳴きも聞けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年3月13日 (日)

ツクシ

Tukusik3_8054   (ツクシ 2016.3.12 )
 毎年、3月10日過ぎるとツクシがニョキニョキと顔を出します。「ツクシのぼうや」が今年もあとこちでにでてきました。来週になればツクシ摘みができるでしょう。楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年3月12日 (土)

ホトケノザ白花

Hotokenozasirok3_8035   (ホトケノザ白花 2016.3.12 )
 先日、久しぶりで見たホトケノザの白花です。先日は花が少なかったのですが、今日は花がだいぶ多くなっていました。こちらではあまり見かけません。
Hotokenozasirok3_8040
 紅紫色の花と一緒に咲いていると白さが引き立ちます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年3月11日 (金)

ニワトコ(接骨木)

Niwatokon0811   (ニワトコ 2016.3.11 )
 毎年、この時期になると目に入ります。ブロッコリーのような丸い花芽が膨らんできました。黄白色の花が咲きます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2016年3月 9日 (水)

三寒四温

Hakoben0779    (コハコベ 2016.3.8 )
 昨日はぽかぽか陽気で田んぼ道でも花が気持ちよさそうに咲いていましたが、今日は冬に逆戻り、一日中、ストーブをつけていました。三寒四温、もう少しの辛抱です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2016年3月 8日 (火)

イヌナズナ

Inunazunak3_8025   (イヌナズナ 2016.3.8 )
 イヌゴマ、イヌタデ、イヌキクイモなどイヌ(犬)の付く植物は多いです。ほとんどが否定のイヌ(否)からからきたもので「役に立たない」「利用できない」ということで付けられています。「犬薺」も食用にならないことからきているようです。犬には申し訳ない・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年3月 7日 (月)

フラサバソウ

Hurasabason0762    (フラサバソウ 2016.3.7 )
 久しぶりの雨の1日になりました。散歩にも出られないので、庭先のフラサバソウです。10年以上前から我が家の庭のドウダンツツジの下に入り込んだもので、毎年、3月中旬に可愛い花を見せてくれます。一輪だけ咲き始めていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2016年3月 4日 (金)

タネツケバナ

Tanetukrebanak3_8015   (タネツケバナ 2016.3.4 )
 タネツケバナ(種漬花)は種モミを水に漬け、苗代の準備をする頃花が咲くことから名前がつけられました。4月になると田の畦などが一面真っ白になりますが、3月に入るとこんな可愛い花がみられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年3月 3日 (木)

イヌノフグリ

Inunohugurik3_8013   (イヌノフグリ 2016.3.3 )
 今年は12月に咲きだしたイヌノフグリの花が大分咲いてきました。毎年3月中旬頃が見頃ですので今年は早い開花です。
Inunohugirin0723
 帰化種のオオイヌノフグリと比べると花は小さく直径3ミリくらいですが淡紅白色の可愛い花です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年3月 2日 (水)

キュウリグサ

Kyurigusak3_8006   (キュウリグサ 2016.3.2 )
 2月12日にロゼットの中から顔を出した花を紹介しましたが、3週間経ち茎が伸び始めてきました。葉はまだ赤く色づいたままです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年3月 1日 (火)

フクジュソウ

Hukujyuson0699   (フクジュソウ 2016.1.31 )
 福寿草は場所により花期がかなり違います。ちょうど見頃の花が見られました。あちこちで植えられていますが、自生のものは案外みられません。
happy01
ホームページのURIが変わりました。移転通知機能がついていますので、新URLアドレスをお気に入りに登録お願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »