« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月30日 (金)

田んぼの畦で

 稲刈り後の田んぼ巡りは楽しいです。畦では色々な花が見られます。
Himekuguk3_6553
   (ヒメクグ 2016.9.28)
 田んぼも畔で、金平糖のような花序が並んでいる様子はなかなか、ユーモラスです。カヤツリグサの仲間です。「くぐ」というのは,カヤツリグサの古い名前だそうです。
Tokiwahazek3_6515
   (トキワハゼ 2016.9.28)
 道ばたでも見られますが、この時期の田んぼの畦では一面に咲き誇っています。トキワハゼが一番生き生きしてる場所・時期です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年9月29日 (木)

クロヤツシロラン

Kurotyatusirorank3_6506a   (クロヤツシロラン 2016.9.27)
 花友の案内で見られたもう一つの花は初めて見ることができたクロヤツシロランです。葉緑素を持たず、土壌中の共生菌から栄養分を得る、腐生植物(菌従属栄養植物)です。色が黒っぽいので目立たないので、かがみこんでじっくり探さないと見つかりません。
Kuroyatusirorank3_6486
 茶褐色の地味な花ですが、魅力的なランです。よく似たアキザキヤツシロランとの違いはクロヤツシロランは唇弁に2条の隆起したしわがあり、唇弁の表面に淡い黄白色の微軟毛を密生することのようです。
happy01 HPに「花アルバム(89)」をアップしました

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年9月28日 (水)

マヤラン

Mayarank3_6482   (マヤラン 2016.9.27)
 花友の案内で見たかったマヤランを見ることができました。マイフィールドにも記録はあるのですが、まだ出会ったことがありません。腐生ランでちょっと暗い場所に生えるので撮りにくいランです。
Mayarann5275
 時期的にはちょっと遅かったようですが、何株かまだ咲いていてくれました。和名の「摩耶蘭」は最初の発見地神戸市摩耶山にちなんで付けられた名前です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2016年9月26日 (月)

アカバナ

Akabanak3_6408   (アカバナ 2016.9.26)
 アカバナの仲間(アカバナ属)は低地から高山まで10種類以上の何種類かあります。一番良く見かけるのがこの山野の湿地に生育するアカバナです。花の柱頭の形が棍棒状です。淡いピンクの可愛い花が見頃でした。秋になると葉が赤く紅葉するとろから赤花と名付けられたと言われています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年9月24日 (土)

ナツエビネ

 もう一週間ほど雨が続き花の撮影もできません。8月に紹介できなかった花の紹介です。
Natuebinek3_5411    (ナツエビネ 2016.8.12)
 4年前、千葉県で素晴らしいナツエビネを見せて頂きました。それ以来の出会いです。今回も花友さんのおかげで見ることができました。

Natuebinek3_5420

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年9月23日 (金)

チョウジタデ

Tyojitaden4982   (チョウジタデ 2016.9.16)
 稲の穂が黄金色に色づく頃に、田んぼの縁や休耕田で良く見られます。タデの名が付いていますが、タデの仲間ではなく、アカバナ科の花です。葉がタデに似ているから名前がつけられたそうです。稲作の伝来と共にもたらされた史前帰化植物と考えられ、日本全土に自生しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2016年9月22日 (木)

ヒガンバナ

Higanbanan5187   (ヒガンバナ 2016.9.21)
 今日はお彼岸の中日、雨の中お墓まいりをしてきました。この時期決まって律儀に咲く彼岸花。今年もお彼岸にちゃんと花を咲かせてくれました。昨日、散歩中、田んぼの畦の一角に一株だけ咲いていました。お気に入りの黄金色の稲をバックの彼岸花です

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2016年9月21日 (水)

ツリフネソウ

Turihuneson5184   (ツリフネソウ 2016.9.21)
 山野の湿ったとところに生え、全国どこでも見られるようです。川のふちなどに群生して,船のような花がゆらゆら揺れている姿は風情がありますが、これは散歩道の田んぼの脇の草むらのものです。雨続きで久しぶりの散歩です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年9月20日 (火)

サンショウの実

Sansyon5072   (サンショウの実 2016.9.14)
 いつも11月になってから見るサンショウの実が、もう真っ赤になっていました。葉っぱだけ見るとイヌザンショウ区別がつきませんが、実の時期にはイヌザンショウの実は褐色、本物のサンショウの方は熟すと赤くなりますので、離れていても区別できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年9月19日 (月)

ナガバノコウヤボウキ

Nagabanokoyabokik3_6357   (ナガバノコウヤボウキ 2016.9.17)
 私のフィールドではコウヤボウキに比べ個体数が少ないようです。花の開花がコウヤボウキより一ヶ月ほど早く咲きます。もう実になっているものが多かったです。花はコウヤボウキと同じですが、花のつき方が違うので見分けられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年9月18日 (日)

キジョラン

Kijyorann5146   (キジョラン 2016.9.17)
 長距離移動することで知られているチョウのアサギマダラの食草とされる、つる性の常緑多年草です。大きな実がなっていました。12月になると、これが割れて絹のような真っ白の冠毛を持つ種子が飛び出します。
Kijyorank3_6335
 花は地味で、しかも高いところに咲いているので、あまり見る機会がありません。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2016年9月17日 (土)

ママコノシリヌグイ

Mamakonosirinuguin5088   (ママコノシリヌグイ 2016.9.16)
 金平糖のような可愛い花のママコノシリヌグイが咲き出しました。魚の名前は以前、差別用語を無くそうと言うことで呼び方が変わったものがありました、植物名はまだそんな話は聞きませんが、ママコノシリヌグイも不適切用語でしょうね。
Mamakonosirinuguin5097
 花の手前の手のひらのような葉はカナムグラの葉です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年9月16日 (金)

ゲンノショウコ

Gennosyokok3_6307   (ゲンノショウコ 2016.9.16)
 7月から10月頃まで見られる人里でよく見られるフウロソウの仲間です。今年はなかなか花付きの良い株が見られませんでしたが、散歩道で綺麗な株が見られました。この時期になるともう実になっている花も混じっています。
Gennosyokon5077
 上の写真は一眼カメラで絞りf5.6で撮ったものですが、同じ株をコンデジで撮ってみました

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年9月15日 (木)

ヒメキンミズヒキ

Himekinnmizuhikin4861   (ヒメキンミズヒキ 2016.9.14)
 貧弱なキンミズヒキという感じの花です。キンミズヒキに比べ,小型で花数も少なく、花弁が細く,雄しべの数も少ないです。花の付き方や花穂の全体像がミズヒキの名前が付けられていますが、ミズヒキはタデ科ですが。こちらはバラ科です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年9月14日 (水)

ヒメシロネ

Himesironek3_6300   (ヒメシロネ 2016.9.14)
 湿地でよく見かけるシソ科の花です。5mmほどの小さい白い花なので、あまり目立ちません。シロネの仲間にはシロネ、エゾシロネ、コシロネなどがありますが、ヒメシロネは葉が細く披針形です。
Himesironen5063
 白く見える花もアップで見ると唇弁に先に紅紫色の模様があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年9月13日 (火)

シロバナサクラタデ

Sirobanasakuratadek3_6274   (シロバナサクラタデ 2016.9.11)
 タデの仲間が例年より早く咲き始めました。シロバナサクラタデ、昨年はこの場所では10月14日に見頃でした。サクラタデほど花は大きくありませんが、花付きが良く、白い花が草むらで良く目立ちます。
Sirobanasakuratadek3_6250
 湿った場所が好きで、田んぼ脇の流れの縁で見られました。シロバナサクラタデは雌雄異株で、この写真は雄株です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年9月12日 (月)

マルバルコウ

Marubarukok3_6225   (マルバルコウ 2016.9.10)
 ヒルガオ科の帰化植物です。観賞用に持ち込まれたものが野生化したものですが、私の散歩道の草むらで見られるようになったのは6年ほど前です。鮮やかなオレンジ色の花は良く目立ちます。
Marubarukok3_6294
 野原に咲いている分には良いのですが、飼料用のトウモロコシ畑に入り込み、蔓に絡まれたトウモロコシは葉を展開できず,減収になっているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年9月11日 (日)

オオイヌタデ

Oinutadwk3_6282   (オオイヌタデ  2016.9.11)
 こちらでは早く咲き出すオオイヌタデが河原に群生していました。背が高く、花序は長くて先は垂れ下がります。花の色は淡紅色と白色があります。
Oinutadek3_6291
 こちらは白花と薄っすらとした淡い紅色です。花は地味ですが、秋の風情を楽しんで下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2016年9月10日 (土)

アゼトウガラシ

Azetogarasik3_6244   (アゼトウガラシ  2016.9.10)
 稲刈りも始まり、田んぼまわりの草達が楽しい季節になりました。田んぼの畦に多く、実が唐辛子に似ているので「畦唐辛子」の名前がつきました。以前は結構みられましたが、最近はあまり見られなくなりました。田んぼの縁に咲いていました。
Azetogarasin4979
 真ん中に実が写っています。花はアメリカアゼナに似ていますが、下唇の黄色い斑紋も違いのポイントです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年9月 9日 (金)

ナンバンギセル

Nanbangiseruk3_6151   (ナンバンギセル 2016.9.9)
 この場所を見つけたのが2010年、国道のすぐ脇の海岸の断崖の上の草むらです。草刈りもされない場所ですので、大分、荒れてきました。ススキが頑張っているお陰で今年も花を咲かせてくれました。昨年は9月4日見頃でしたが、今年は花は終盤でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2016年9月 8日 (木)

ツルマメ

Turumamen4907   (ツルマメ  2016.9.4 )
 マメ科の花が色々咲いています。そんな中で一番花が小さい(長さ5ミリから8ミリ)のがツルマメです。ツルマメは大豆の原種と言われています。ツルマメの学名はGlycine sojaで「soja」は「しょうゆ」の意味だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年9月 7日 (水)

ネコハギ

Nekohagicn4871   (ネコハギ  2016.9.4 )
 ハギの仲間(ハギ属)には草と木がありますがネコハギは多年草です。花は白で、真ん中花びらの元に紅紫色の斑点があり、小さいですが可愛い花です。葉や茎に軟毛が生えており触ると猫に触った感触です。イヌハギという木のハギがありますがまた見たことがありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年9月 6日 (火)

ツユクサ

Tuyukusak3_6093   (ツユクサ  2016.9.1 )
 ツユクサは6月からずっと咲いていますがいますが、8月末頃から花の色が鮮やかになり、思わず振り返ることが多いです。先日、田圃道を歩いていて、目に止まったツユクサです。こんな身近な草達が大好きです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2016年9月 5日 (月)

ミズオオバコ

Mizuobakon4941   (ミズオオバコ  2016.9.5 )
 絶滅危惧種のミズオオバコ、以前は何箇所かで見られたのですが、最近ほとんど見られなくなってしまいました。昨年、思いがけず稲刈り後の田んぼで終盤の花が見られたので、ちょっと覗いて見ました。
Mizuobakon4940
 稲の間にぽつりぽつりと8個ほどの花が・・・・今年は綺麗な花が見られましたが、ここも来年見られるかどうか、消えてしまう可能性が大です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2016年9月 4日 (日)

ヒヨドリジョウゴ

Hiyodorijyogok3_6131   (ヒヨドリジョウゴ  2016.9.4 )
 11月になると鮮やかな赤色の実になるヒヨドリジョウゴの白い花が藪にからまり咲いていました。ナス科ですんので花は茄子に似ていますが、花弁は白く後ろに反り返ります。花の先の黄色い部分が雄しべ、雄しべの中から白くのびているのが雌しべです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年9月 3日 (土)

スベリヒユ

Suberihiyun4815   (スベリヒユ  2016.9.1 )
 夏の畑に次々と出てくる雑草ですが、マツバボタンの仲間ですので可愛花を咲かせます。閉鎖花が多く、株のわりには花はあまり見かけません。今年は暑いせいは花の付きが良いようです。道端に咲いていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2016年9月 2日 (金)

タチフウロ

Tatihuurok3_6127   (タチフウロ  2016.9.2 )
 家の近くの山で細々と生育するタチフウロです。今年は草刈りがされたので、見られないかと諦めていましたが、今日、久しぶりで歩いたら2株ほどが咲いていました。地元で見られる花はやはり良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年9月 1日 (木)

ヤハズソウ

Yahazusok3_6096   (ヤハズソウ  2016.9.1 )
 マメ科の花は小さいものが多いですが、その中でも5ミリほどの小さい花です。花付きも1、2個と少なく目立ちませんが、淡紅色の花と側脈がはっきりした葉がお気に入りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »