« 北海道の花旅(8) | トップページ | マルバシモツケ »

2017年7月11日 (火)

湿地の花達

 マイフィールドの低山は花の端境期でこれといった花がありませんが、田んぼや、湿地の植物が色々見られるようになりました。昨日、隣町の山あいの湿地に行って見ました。湿地の三点セットです。
Nohanasyoubuk3_8207    (ノハナショウブ 2017.7.10)
 この仲間で湿地に生えるのはノハナショウブとカキツバタですが。花びらの真ん中に黄色い斑紋があるのがノハナショウブ、白い斑があるのがカキツバタです。
Mizutidorik3_8201    (ミズチドリ 2017.7.10)
 花の形が千鳥が飛ぶ姿に似ているたつけられた名前です。この仲間(ツレサギソウ属)の花は黄緑色の目立たなものが多いですが、ミズチドリは白色で花も大きくよく目立ちます。
Kakiranimg_8694    (カキラン 2017.7.10)
 湿地の草の陰で、ちょっと下向きに橙黄色の地味な花をつけ咲きます。柿蘭の名前は花の色が柿の色に似ている事からつけられました。咲き始めの株が沢山見られました。

|
|

« 北海道の花旅(8) | トップページ | マルバシモツケ »

野の花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156031/65521972

この記事へのトラックバック一覧です: 湿地の花達:

« 北海道の花旅(8) | トップページ | マルバシモツケ »