« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月29日 (月)

沖縄(白い実)

Simaizusenryok_3_2061   (シマイズセンリョウ )
 イズセンリョウは茨城県以南の本州に分布しますが、シマイズセンリョウは九州南部と沖縄に分布しています。やんばるの森の中で見られました。3月頃に、白い小さな3mmほどの花を沢山付けます。この時期花より大きい実が鈴なりです。
Siratamakazuraimg_1405   (シラタマカズラ)
 木や岩に這い上るアカネ科の植物、丸くて白い果実を沢山つけます。本州の一部、四国南部、九州南部、琉球列島などに分布し、沖縄では普通にみられるそうです。花は初夏に白い小さな花を咲かせます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年1月28日 (日)

ハンノキ

Hannnokidscn3789   (ハンンキ 2018.1.28 )
 沖縄の花の紹介が続きましたが、今日は久しぶりでデジカメを持って散歩に出ました。ハンノキにびっしり花(雄花)が付いています。ハンノキは毎年、花を沢山つけます。もうそろそろ花粉が飛ぶ時期です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年1月27日 (土)

沖縄の花(ヘツカリンドウ)

Hetukarindok_3_2302   (ヘツカリンドウ )
 以前から見たいと思っていた花で、今回のお目当ての一つでした。予想以上に沢山の株に出会えました。九州南部や南西諸島に生えるアケボノソウに似た植物で、花は12月から翌1月頃に咲きます。
Hetukarindok_3_2262 大きさは花茎を含めて高さ20cmから50cmほどでした花は控えめに下を向いて咲きます。花の色は紫が多いもの、緑っぽいものなど、様々なパターンがあるようです。
Hetukarindok_3_2263 花びらにある緑色の班は、2mmほどの大きさの蜜線です。これで虫を呼び寄せるようです。
Hetukaimg_1458 和名は最初に発見された大隅半島辺塚にちなんで名づけられた名前で、「リュウキュウアケボノソウ」「オキナワセンブリ」の別称もあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2018年1月26日 (金)

沖縄で見た赤い実

K_3_2052   (アオノクマタケラン )
 やんばるの森の中で見られました。ランの仲間ではなく、ゲットウなどと同じショウガの仲間です。紀伊半島以南に分布します。沖縄では花は5月から6月頃で、白地にピンクのラインが入った可愛らしい花を咲かせます。
Mejirohodukiimg_1320   (メジロホオズキ)
 本州(南部)~沖縄県に分布しています。本州では花期は6~10月の様ですが沖縄では花は秋から冬ですが年中みられるようです。名前の由来は白い萼片をメジロのまつ毛に見立てたという説と、果実の頂点に白い点があるからという説があるようですが、白い点はないのが多いようです。
Senryok_3_2094    (センリョウ)
 本州でも見られますが、いかにも野生の雰囲気なので撮りました。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年1月25日 (木)

沖縄の花(6)やんばるの森

Ryukyubaraitogoimg_1526   (リュウキュウバライチゴ  )
 本州(房総半島以西)、四国、九州、沖縄に分布していますが、和名は沖縄県でよく見られ、また沖縄県が基本の種と考えられているからと言われているようです。花の径は3cmほどあり別名オオバライチゴです。
Hadonokik_3_2106   (ハドノキの実)
 蛙の卵のようなものは花かと思いましたが、黒いのは実で、白い部分は肉質化した花被だそうです。雌雄別株のイラクサ科の常緑低木です。伊豆諸島、静岡、和歌山、四国、九州、沖縄に分布していますが、初めての出会いでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年1月24日 (水)

沖縄の花(5)やんばるの森

Arimorisok_3_2150    (アリモリソウ )
 九州南端から沖縄の林中に生える可憐な花です。横向きに咲き花冠は白色広鐘形でのぞきこむと内側に紅紫色の部分があります。ぽつりぽつりと咲いていました。
Arimorisok_3_2135  奄美大島浦上にある平有盛の墓地の近くで採集されたのでこの名がつけられたそうです
Okinawasuzumusiimg_1396    (オキナワスズムシソウ )
 こちらもやんばるの森でひっそりと咲いていました。花は白から薄紫色、清楚でとても可愛いです。花に5つの切れ込みがあるのが特徴です。森散策の最後に見られました。
アリモリソウもオキナワスズムシソウも同じ仲間のキツネノマゴ科です 。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年1月23日 (火)

沖縄の花(4)キク2種

 この時期、キクの花は見られないと思っていましたが、2種のキクが見られました。さすが南国です。

Isonogikuk_3_1969_3

    (イソノギク )

 奄美諸島と沖縄本島の海岸に生えるやや小型の野菊です。見頃は春から夏にかけてのようですが、ほぼ一年中咲いているようで、綺麗な花が見られました。

Isonogikuk_3_1958_3

   (イソノギク )

  花の色は普通白色のようですが、ここのものはわずかに青紫を帯びていました。

Img_1553_2

    (オキナワギク )

  沖縄と奄美大島に生える小さな野菊です。潮風荒い断崖や岩場や断崖に生えていました。しゃもじ型の根生葉が特徴のようです。花期は11月から12月のようで、花がらが沢山残っていましたが、花がいくつか残っていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2018年1月22日 (月)

沖縄の花(3)ビロードボタンヅル

Botanduruk_3_2187   (ビロードボタンヅル )
 九州の南部から沖縄にかけて分布します。花は晩秋から咲き始め花の最盛期は12月から1月となっています。と言っても花の開花は年によりかなり差があり、良い状態のものが見られる確率は少ないです。
Botanduruk_3_2215 ラッキーなことに一番良い状態の花が見られました。風もなく、薄曇りで光線も最高でした。昼食時でしたが、私には「団子より花です」から、昼食は後にしまずは撮影です。
Botanduruimg_1371 葉の裏に毛が多く、ビロードのような質感からビロードボタンヅルの名がつけられました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2018年1月21日 (日)

沖縄の花(2)

Hamajintyok_3_1912       (ハマジンチョウ )
 ハマジンチョウは海岸のすぐ近くに咲く、南方系の植物で、ハマジンチョウ科ハマジンチョウ属の常緑低木です(1科1属2種)。九州の西海岸、種子島、沖縄に分布しています。花の色は淡い紫色ですが、白っぽいものから色の濃いものまであるようです。
Hamajintyogek_3_1926  「ハマジンチョウ」は、海岸に生えていることと形態がジンチョウゲに似ることに由来しています。
Hamajintyodscn3446  小雨が降る中、傘を刺しての観察でしたが、しっとりした良い花が見られました。メジロが蜜を目当てに飛び交っていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2018年1月20日 (土)

沖縄の花(1)

   17日から19日まで沖縄に行ってきました。西表には行っているのですが本島は初めてです。短期間でしたが、目一杯の植物観察でした。1000枚以上撮ったので、少しづつ整理です。
Ryukyukosumirek_3_2023   (リュウキュウコスミレ)
 まず出迎えてくれたリュウキュウコスミレです。日当たりの良い、草地などでポツリポツリと咲いていました。ノジスレの南方系の変種といわれています。沖縄の代表的なスミレです。時期的なせいか大株は見られませんでした。

Ryukyukosumirek_3_2002
Ryukyukosumirek_3_2230

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年1月16日 (火)

コウヤボウキの冠毛

Koyabokiimg_1280_2    (コウヤボウキ 2018.1.14)
 山道ではあちこちでコウヤボウキの冠毛が冬の日を浴び光っています。白っぽっもが多いですが、ピンクに染まったものも時々見かけます。冬枯れの里山歩きも静かで良いものです。
 happy01
 明日から19日まで出かけますのでBlogはお休みです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2018年1月15日 (月)

冬のバイカツツジ

Baikatutujidscn3400       (バイカツツジ 2018.1.14)
 この時期、実や冬芽を見ることが多くなります。冬の状態の木を見て何かわかるようになると、場所を記録しておき、花の時期に訪れることができます。バイカツツジは下向きに咲く白っぽい花なので見逃すことも多いですが、場所を覚えておくと良いと思います。
Baikatutujik3_7041    同じ株の昨年6月に咲いた花です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年1月14日 (日)

冬のコアジサイ

Koajisaiimg_1275    (コアジサイ 2018.1.14)
 コアジサイは6月には淡い青紫色の花を、11月には黄色に紅葉した葉が楽しめます。冬の時期は枯れた葉と実をつけたこんな姿が見られます。これも林の冬の風物詩です。果実には小さな種子が沢山入っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年1月13日 (土)

コナラ

Konaradscn3347    (コナラ 2018.1.12)
 日本海側では大雪で大変なようですが、こちらでは青空の日が多く、冬木立の姿が美しいです。コナラの大木が青空に伸びていました。
Konaradscn3348    (コナラの木肌) 
 これくらいの大きな木になると樹皮も割れ目もかなり深くなりクニギに似てきます。
Kunugidscn3350    (クヌギの木肌) 
 こちらがクヌギの樹皮です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年1月12日 (金)

アオキの実

Aokidscn3334    (アオキの実 2018.1.12)
 アオキの実が色付き始めていました。微妙に色が変化しながら真っ赤に色付いていきます。アオキは日陰でも良く育ち、あちこちで見られますが雌雄別株ですので株数のわりには実のなる株は案外少ないようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2018年1月11日 (木)

クロモジの冬芽

Kuromojik_3_1881    (クロモジの冬芽 2018.1.10)
 尖った葉芽と丸い花芽が特徴的なクロミジの冬芽です。幻想的に・・・。昨日の山で見たものです。鳥でも撮ろうと出かけましたが、鳥がいません、静かです。異常現象の前触れでなければ良いのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年1月10日 (水)

リョウブの冬芽

Ryobuk_3_1874    (リョウブの冬芽 2018.1.10)
 リョウブは、地元の山を歩くとよく見られます。皮が剥がれ落ちまだら模様の綺麗な木肌が目立ちますが、陣笠を被ったようなこんな冬芽も見られます。上にかぶっている帽子のようなものは芽を保護する芽鱗と呼ばれるものです。この帽子が取れると光沢のある冬芽が出てきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年1月 9日 (火)

コモチシダ

Komotisidadscn3312    (コモチシダ 2018.1.8)
 こちらの海岸で良く見られる大型のシダです。近くの海岸の崖に垂れ下がっていました。常緑性のシダですので今の時期でも青々としています。
子持ちシダの名前の由来は葉の表面にたくさんの芽が出来ることがあることからきています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年1月 8日 (月)

ハマボッス

Hamabossudscn3279    (ハマボッス 2018.1.8)
 久しぶりで家から一番近い砂浜(海水浴場)を散歩しました。西側は草むらと岸壁になっています。岸壁に張り付くように生えているハマボっすです。昨年咲いた花の実の穂が並んでいます。
Hamabossudscn3281  越冬葉の外側が赤く色づいています。ハマボッスは2年草ですので、昨年、芽生えたものが冬を越し、今年6月には花を咲かせます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年1月 7日 (日)

ヤブツバキ

Yabutubakik_3_1851    (ヤブツバキ 2018.1.7)
 今日は日中は暖かくなりました。 花が少ない時期、真っ赤なヤブツバキは良く目立ちます。当地では海岸に多く自生しています。花期が少しずつ早くなっているような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年1月 6日 (土)

七草摘み

Nanakusa2dscn3269    (春の七草 2018.1.6)
  明日の七草粥用の七草詰みをしてきました。ほとんど見られなくなったコオニタビラコ(ホトケノザ)、なんとか細々と残っていました。
右上からセリ、ナズナ、左上からごぎょう(ハハコグサ)、ハコベ、ホトケノザ(コニタビラコ) です。スズナ(蕪)スズシロ(大根)は畑からとってきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2018年1月 5日 (金)

ヒメジソの萼片にも霜が

Himejisok_3_1786    (ヒメジソ 2018.1.4)
  田んぼの畦のヒメジソです。、ヒメジソの萼片は遅くまで残っています。萼片に霜が付いていました。この時期、田んぼ道で見られる花はセイヨウタンポポ、ホトケノザくらいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年1月 4日 (木)

クズの実

Kuzuk_3_1826    (クズの実 2018.1.2)
 あちこちに蔓延り、今では厄介者のクズですが。日本では万葉の昔から秋の七草の一つとして親しまれ、根は葛粉や漢方薬に利用されていました。河原で豆鞘の毛が光に透けてキラキラ輝いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年1月 3日 (水)

マンリョウ

Manryodscn3248        (マンリョウ 2018.1.1)
 初詣の帰りに見た、マンリョウの実です、お正月らしい縁起物の実です。人家近くですので、鳥が運んだものでしょうか。鳥の大好物のようです、あちこちで見られます。
Manryokiirok3_1823          (キミノマンリョウ 2018.1.2)
 こちらは我が家の庭に出てきた黄色い実のマンリョウです。園芸品種のキミノマンリョウかシロミノマンリョウのようです

wobbly
HPに昨年の花から、私のお気に入りの12枚をアップしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年1月 2日 (火)

ジャノヒゲの種子

Jyanophigek_3_1739    (ジャノヒゲの種子 2017.12.26)
 年が明けましたが、三が日はなんとなく、家でゴロゴロしていることが多いです。花のない時期ですので、散歩に出ても、あまり写真は撮れません。この時期、山道で見られるジャノヒゲです。コバルト色のこの実は何時見ても魅了的です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年1月 1日 (月)

今年もよろしく

明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします。
Nenga

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »