« オオタチツボスミレ他 | トップページ | キンラン »

2018年5月 3日 (木)

白花のスミレ

K_3_4881
     (オトメスミレ 2018.4.21)
 タチツボスミレの白花で唇弁の距に紫色が残っているのです。
K_3_5069
         (シロバナタチツボスミレ 2018.4.28)
 こちらはタチツボスミレの白花で距まで白いものです。
K_3_5156
     (ムラカミタチツボスミレ? 2018.4.27)
 オオタチツボスミレの白花にしては葉の感じが違い、観察会でムラカミタチツボスミレの白花ではないかということになりましたが。

|
|

« オオタチツボスミレ他 | トップページ | キンラン »

野の花」カテゴリの記事

コメント

やまぼうしさん

こんばんわ!
お母様が施設に入られたんですね。
そのうち、群馬を一緒に歩ければいいですね。
フジスミレは日光、足尾山系に分布する、ヒナスミレの母種です。
こちらからは比較的近いのでよく見に行きます。
榛名の麓の住人の件、了解しました。

投稿: やまそだち | 2018年5月 3日 (木) 18:42

こんにちは、母が施設に入ってからは、群馬が遠くなってしまい、群馬のスミレもご無沙汰です。
落ち着いたら、ゆっくりと伺いたいです。
フジスミレは富士山周辺化と思ってしまいました。

榛名の麓の住人から、「新しい発見?」とのメールをいただきました。
正しくは、「以前よりは裏山へ行く回数が増えたので、いろいろなポイントをご存知なのでは」です。
やまそだちさんに教えるなんて、恐れ多いと恐縮もしていました。

投稿: やまぼうし | 2018年5月 3日 (木) 18:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156031/66679544

この記事へのトラックバック一覧です: 白花のスミレ:

« オオタチツボスミレ他 | トップページ | キンラン »