« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月30日 (日)

ジャコウソウ

K_3_3822
     (ジャコウソウ 2018.9.29 )
  いつも見ている場所のジャコウソウを見逃してしまったのですが、昨日、思いがけず、地元の観察会で群落に出会いました。昨日は昼過ぎからは雨予報で、初めての林道で花の方もあまり期待していなかったのでとても嬉しい一日でした。
K_3_3806
 雨にも降られず、風がないのでゆっくりと撮影できました。
K_3_3815

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年9月29日 (土)

カシワバハグマ

K_3_3524
     (カシワバハグマ 2018.9.28 )
  例年、カシワバハグマはマイフィールドでは10月に入ってから咲き出しますが、今年はちょっちょ早めに咲き出しました。この辺の山では一番よく見られるハグマの仲間です。
K_3_3513
 カシワバハグマは葉が柏の葉に似ているから付けられた名前です。ハグマは白色の頭花がハグマ(白熊)(仏具の払子(ほっす)に使うヤクの尾の毛)に似ているからということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年9月28日 (金)

タマブキ

K_3_3548
     (タマブキ 2018.9.28 )
  フキの名前がついていますが、フキに仲間ではなくコウモリソウの仲間です。よく見られる植物ですが、地味な花なので滅多に写真は撮りません。 Blogも初登場です。黄色い花が見頃だったのでカメラを向けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年9月27日 (木)

オオガンクビソウ

K_3_3401     (オオガンクビソウ 2018.9.22 )
  ガンクビソウの仲間の中でなかなかお目にかかれない花です。この仲間(ヤブタバコ属)では花が一番大きく、ヒマワリを小さくしたような感じです。背丈も1mほどあります。地元で見たのは19年前です。稀に生えていますが、地味な花ですので見落としがちです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2018年9月26日 (水)

ヤマホオヅキ

K_3_3396
     (ヤマホオヅキ 2018.9.22 )
  関東地方南部など、限られた地域で稀に見られる絶滅危惧種です。初めて見ることができました。花は8月から9月にかけて白い花を咲かせますが、もう実になっていました。棘状の突起がある萼片に包まれ、これから熟スト黄橙色になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年9月25日 (火)

ミツバフウロ

K_3_3319
     (ミツバフウロ 2018.9.22 )
  この花も地元にはないので、滅多に見られません。調べて見ると2004年に滋賀県で見ていました。今回は八王子で見られました。図鑑では花は淡紅紫色となっており滋賀県で見たものは色が濃いものでしたが、ここのものは白っぽい花でした。
K_3_3340
 フウロソウの仲間は日本に12種自生します。一番身近なゲンノショウコと良く似ていますが。茎、葉柄、花柄などに腺毛がないのがミツバフウロです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年9月24日 (月)

ヤマホトトギス

K_3_3283
     (ヤマホトトギス 2018.9.22 )
 地元で見られるのは良く似たヤマジノホトトギスでヤマホトトギスは見られません。ヤマジノホトトギスより優しい感じがします。ヤマジノホトトギスは花被片が平開ですがヤマホトトギスは反り返ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年9月23日 (日)

スルガジョウロウホトトギス

K_3_2816
     (スルガジョウロウホトトギス )
 花友さんのお誘いを受け出かけ見られた花です。渓谷沿いの湿った岸壁にひっそりと咲いていました。20年以上前に良く似たサガミジョウロウホトトギスを見ていますが、サガミジョウロウホトトギスの変種のようです。
K_3_2821
 花の中は紅色の斑点があり葯が赤褐色で、魅力的な花です。
K_3_2801
 ガスがかかった渓谷で水滴のついた花は神秘的です。何時迄も見ていたい気分ですが、十分堪能したところで、後ろ髪を引かれる思いで下山しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2018年9月22日 (土)

マメアサガオ

Dscn6497
     (マメアサガオ 2018.9.17)
 この時期、マルバルコウ、ホシアサガオなどの帰化種のヒルガオの仲間が見られます。沼のふちにまとまって咲いていました。花は白く見えますが、よく見るとかすかに紫色を帯びているものがあります。

Dscn6500

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年9月21日 (金)

ワタラセツリフネソウ

K_3_2955
     (ワタラセツリフネソウ 2018.9.17)
 渡良瀬遊水地を基準産地とする2005年9月に発表された新種です。久しぶりで渡良瀬遊水地に行って見ました。以前、見た場所では見られませんでした。、個体数が減ってきているのか?
K_3_3007
 見た目はツリフネソウと変わりませんが、ツリフネソウの小花弁は長く伸び出しイカの足のように見えますが、ワタラセツリフネソウは小花弁の先はあまり伸び出さず、やや黒ずんでいるのが最大の特徴のです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2018年9月20日 (木)

モリアザミ

K_3_2914
     (モリアザミ 2018.9.16)
 分布域が比較的広いようですが、見る機会が少ないアザミです。大分前に群馬県で見ていますが地元ではまだ見ていません。今回は山梨県の草原で見られました。
K_3_2911_2
 総苞片が長く、トゲ状となるのが特徴です。根はヤマゴボウと称し食用にされているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年9月19日 (水)

ヒメヒゴタイ

K_3_2866
     (ヒメヒゴタイ 2018.9.16)
 山野の草原で見られるトウヒレンの仲間です。花友さんの案内で初めて見ることが出来ました。ほとんどが蕾でしたが、今にも咲き出しそうな状態でした。総苞片の上の方に紅紫色の付属体があり蕾の状態もとてて綺麗です。
K_3_2890
 花付きの良い大株の真ん中の一個だけ咲き始めていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2018年9月18日 (火)

タヌキマメ

K_3_3067a
     (タヌキマメ 2018.9.17)
 ほとんが実になっていましたが、花が少し残っていました。県内にも稀に見られるようですが、自宅近辺では見られないので9年ぶりです。午後にならないと花は開きません。県外に出かけた帰りに栃木県に寄って見てきました。
K_3_3058
 褐色の長い毛が多い萼を狸に見立てたとか、正面から見た花の姿や果実の様子からつけられた名前だと言います。花の後、萼は大きくなりふくれた実を包みます。実も可愛いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年9月17日 (月)

ノササゲ

  二日ほど出かけていました。写真整理がまだですので、先日の花です。
K_3_2615
     (ノササゲ 2018.9.13)
 大好きな花なのですが、なかなかお気に入りな花が見られません。久しぶりで綺麗な花に出会いました。花は色が薄いのであまり目立ちませんが、上品な色合いです。実が熟すと紫色なりとても奇麗で目立ちます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年9月15日 (土)

ヤマジノホトトギス

K_3_2655
     (ヤマジノホトトギス 2018.9.13)
 県内で見られる野生のホトトギスの仲間はこのヤマジノホトトギス、ホトトギス、タマガワホトトギスですが、ホトトギス、タマガワホトトギスですはまれで、この辺で見られるのはヤマジノホトトギスがほとんどです。葉が虫食いのものが多いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年9月14日 (金)

ツルリンドウ

K_3_2494
     (ツルリンドウ 2018.9.12)
 ちょっと赤みがかった色のツルリンドウです。ツルリンドウも例年より少し早めに咲き出したようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年9月13日 (木)

シラヤマギク

K_3_2508
     (シラヤマギクラ 2018.9.12)
 花びらの数が少なく、いかにも野の花らしい質素なキクです。背が高くなるので全体を撮りにくい花です。下の方の葉には翼のある長い柄があり、大きな心形なので、見分けやすいです。山道でいち早く咲き出します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年9月12日 (水)

オオフタバムグラ

K_3_2556
     (オオフタバムグラ 2018.9.12)
 フタバムグラは田んぼの畦などで見られる在来種ですが、オオフタバムグラは北アメリカ原産の帰化植物です。先月10年ぶりで見ましたが、今日、また地元の海岸で見られました。
K_3_0999
     (オオフタバムグラ 2018.8.14) 
フタバムグラは白色でほんのり紅色を帯びた花ですが、オオフタバムグラは淡い紅色でなかなかの可愛い花です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年9月11日 (火)

ママコノシリヌグイ

K_3_2476
     (ママコノシリヌグイ 2018.9.10)
 タデの仲間も今年はちょっと早めに咲き出しました。タデの仲間ではママコノシリヌグイがいち早く咲き出します。花が小さく、近づいて手に取って見ないと花が咲いているのが確認できません。
K_3_2475
 咲き始めたところです。花が終わると花びらは口を閉じ、種を包み込見ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年9月10日 (月)

ウスゲチョウジタデ

K_3_2486
     (ウスゲチョウジタデ 2018.9.10)
 今年は猛暑で田んぼの花もあまり見に行っていませんでした。午後からちょっと田んぼ脇を散歩して見ました。もう稲刈りが始まっていました。今年はチョウジタデやウスゲチョウジタデの花も終盤のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年9月 9日 (日)

アイナエ

K_3_2450
     (アイナエ 2018.9.6)
 アイナエがほとんど実になっていました。残っている花をなんとか撮影しました。直径2~3mmの小さな花なのでなかなかピントが合いません。今年は一面に広がっていました。
K7__2044_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年9月 8日 (土)

ギンリョウソウモドキ

K_3_2422
     (ギンリョウソウモドキ 2018.9.6)
 ギンリョウソウと良く似ていますが、この時期はギンリョウソウは終わっています。別名アキノギンリョウソウと名付けられているとおり花の時期が8~10月です。花が終わると上を向きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2018年9月 7日 (金)

ヤブツルアズキ

Img_3550
     (ヤブツルアズキ 2018.9.5)
 この時期になると散歩道でも色々なマメ科の花が目立つようになります。黄色いヤブツルアズキもあちこちの草むらで咲いています。畑でアズキを栽培していますが、花も実もそっくりです。ヤブツルアズキを改良したものがアズキだそうですので納得です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年9月 6日 (木)

フユイチゴ

K_3_2442
     (フユイチゴ 2018.9.6)
 フユイチゴの真っ赤な実は毎年撮影していますが、花は目立たず、見過ごしてしまうことが多く撮影した記憶がありません。葉の陰に白い花を咲かせます。花弁は7、8mmで萼片と同じ長さなので余計目立ちません。咲き始めたところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2018年9月 5日 (水)

ツルフジバカマ

Img_3562
     (ツルフジバカマ 2018.9.4)
 キク科のフジバカマの名前がついていますが、関係なさそうです。花が藤に似ていることからきたようです。この時期マメ科の花が多く見られますが、ツルフジバカマは8月から秋にかけて、赤紫のきれいな花を咲かせます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年9月 4日 (火)

オキジムシロ

Img_3556
     (オキジムシロ 2018.9.3)
 昨日、家の近くの図書館に行った帰り、空き地の草むらで咲いていました。確か以前、散歩中に見たことがあるのですが名前が出てきません。家に帰り帰化植物図鑑をめくり、ヨーロッパ原産のオキジムシロであることが分かりました。以前見た時はBlogでは紹介していなかったようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2018年9月 3日 (月)

マルバルコウ

K_3_2389
     (マルバルコウ 2018.9.1)
 暑い日が続き、散歩もサボりがちだったうちに、河沿いの草むらでマルバルコウが咲き始めていました。鑑賞用として持ち込まれた熱帯アメリカ原産の植物ですが、なかなか可愛い花です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年9月 2日 (日)

イヌハギ

K_3_1063
     (イヌハギ 2018.8.14)
 地元でも稀に生育するとなっていますが、まだ見たことがありません。山梨県で初めての出会いです。良く見られるネコハギはこのイヌハギに対して付けられた名前だそうです。イヌハギは淡いクリーム色でハギに比べ花が目立たず地味なので「イヌ」の名をつけられたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年9月 1日 (土)

エンビセンノウ

K_3_1900
     (エンビセンノウ 2018.8.21)
 野草では珍しい色の朱赤色の花です。フシグロセンノウはあちこちの山で見られますが、エンビセンノウは限られた地域の湿地に生育します。深く切れ込んだ花弁を 「燕の尾」に見立てた和名です。3年ぶりで見られました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »